浮気を阻止したい!彼氏の浮気の防止方法とは?

浮気を阻止するためには様々な方法がありますが、実際にどうしたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。特に彼氏の浮気を防ぐには様々な防止策があるとはいえ、実際に浮気していると知ったら別れようとする人もいるかもしれません。彼が浮気しそうだと感じたら、どのように対処するのか方法を知る必要性があるでしょう。

浮気(303)男女の事故・トラブル(1315)
目次

浮気を阻止したい…

彼氏が浮気しそうだと感じたとき、どのように対処すればいいのか混乱して分からなくなる人もいるでしょう。
 
本当に浮気していたら嫌な思いをしますし、好きな彼氏とは別れたくありません。
 
なぜこうも浮気するのか信じられない人もいる一方で、毎回浮気を許す人もいます。
 
彼氏の浮気を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。

男はなぜ浮気するのか

そもそも何故男性は浮気をするのでしょうか。
 
男が浮気をするのには、男性ならではの様々な理由が考えられます。

浮気の原因(1) 性欲を我慢できない

男性は自らの中にある生物的本能があるため、それに従うまま他の女性との関係を築き上げてしまうようです。
 
女性はそのような見境のない行動をする生物ではないのですが、男性は本能によって多くの女性との関係を作るので浮気しやすい傾向にあります。

浮気の原因(2) パートナーに飽きる

最初はあんなにパートナーのことが好きだったのに、一緒にいる時間が長くなるにつれて徐々に飽き始めてくるのが男性の特徴です。
 
対する女性の多くは一人の男性に尽くそうとするのが特徴なので、愛するはずのパートナーに飽きるというのは考えられないでしょう。

浮気の原因(3) パートナーに不満がある

男性は女性以上に自分のことを理解してほしい傾向が強いためか、女性が男性の仕事に理解を示してくれないようだと他の女性に目が行きやすくなります。
 
自分の仕事を理解してくれる女性なら、その人と関係を持ちやすくなる傾向にあるでしょう。

浮気を阻止するための一言3選

彼氏の浮気を防ぐためには、様々な一言をいうと効果が期待できます。
 
彼氏の浮気を防ぐ一言とは、どのような言葉なのでしょうか。

浮気を阻止するために彼に言える一言(1)  「別れる覚悟があれば浮気していいよ」

男性にとってはパートナーに浮気がバレないようにするものですが、敢えて別れる覚悟があるならといわれると浮気しなくなるものです。
 
まるで浮気していることを見透かされているような気がしてならないでしょうし、彼氏の浮気防止策として効果てきめんでしょう。

浮気を阻止するために彼に言える一言(2) 「浮気する人なんて本当にいるんだね」

彼氏に対してさも信じられないような口調でいわれると、その信じられないようなことをしようとしている自分が恥ずかしくなってくるでしょう。
 
ここで本当に浮気してしまうと、パートナーから信じられないといわんばかりに責められることを考えると、浮気したくなくなります。

浮気を阻止するために彼に言える一言(3) 「いつもありがとう」

この方法は、敢えて「いつもありがとう」と伝えることで相手に罪悪感を与えるという意図です。

自分は貴方に心から感謝していることを毎日伝えることで、こんなにも感謝してくれる人を裏切るのかという気持ちにさせることで浮気を防ぐことができます。

浮気の疑いがある場合どうしたら良い?

上記のような様々な方法で浮気を阻止しようとしてもできない場合があります。
 
彼氏の浮気を防ぐことができなかったら、どうすればいいのでしょうか。

浮気の疑いがある場合(1) 証拠を集める

浮気をしたかどうかを問い詰めても、証拠がなければ言い逃れられることもあります。

そこで、証拠を集めることが重要です。

浮気の疑いがある場合(2) 探偵に相談する

違法行為をしてしまう、不要な証拠を集めてしまうなど、素人の証拠収集にはリスクがあります

そこで、探偵に相談することが重要になります。

浮気の疑いがある場合(3) 弁護士に相談する

離婚や慰謝料請求は法的な問題です。
 
また、結婚していないカップルの場合でも、婚約していれば互いに貞操義務が生じるため、貞操義務違反(性交渉等)をした恋人に慰謝料請求(民法709条、710条)ができる。
 
婚約破棄になった場合、浮気相手に慰謝料請求する場合も弁護士に相談すると良いでしょう。

浮気により離婚や慰謝料請求を考えたら弁護士に相談を

もしもパートナーに浮気されてしまったら、離婚や慰謝料請求を考えることになります。
 
その場合、一人では難しいので弁護士に相談しましょう。

相談を弁護士にすべき?(1) 代理人になってくれる

会いたくない相手でも弁護士に相談することにより、相手と会わずに交渉等が行えます

パートナーへ離婚請求や慰謝料請求するときはもちろん、浮気相手に慰謝料請求するときにも頼れるので是非とも弁護士に相談してみましょう。

相談を弁護士にすべき?(2) 離婚や慰謝料請求の対応には法的知識が必要

慰謝料の相場はパートナーとの関係や浮気の状況によるため素人には判断が難しいものです。
 

特に離婚請求や慰謝料請求は複雑な法的問題になります。

離婚事由があるか、どれくらい慰謝料を取れるのか…。

適切な対応をするには浮気による法的トラブルの専門家である弁護士に相談することが大切でしょう。

相談を弁護士にすべき?(3) まずは無料で弁護士費用の見積もりを

カケコムはあなたと専門家のマッチングサービスです。

厳選された弁護士の中から相談内容に適した弁護士を探すことができるので、自分に合った弁護士がすぐに見つけられます。

カケコム認定弁護士へ無料で相談・見積りをもらいましょう

浮気についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

浮気を阻止したい!彼氏の浮気の防止方法とは?のまとめ

彼氏が浮気しそうだと感じたら、すぐに防止策を行うのがベストでしょう。
 
パートナーの心に刺さるような一言はもちろん、自分がパートナーのために何ができるか考えることも大切です。
 
しかし、それでもパートナーが浮気してしまったら、すぐに証拠を集めたり話し合いを行いましょう。
 
離婚や慰謝料の請求を考えるのであれば、早々に弁護士に相談して行動に移すことも重要です。

無料で探偵に相談する

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部