浮気をやめられない理由は?パートナーに浮気をやめさせる3つの方法

パートナーが浮気をやめられないときにどうすればいいかを説明していきます。口ではもう二度と浮気はしないと言いながら、浮気をやめられないのは何故なのでしょうか?

浮気(342)男女の事故・トラブル(1364)
目次

弁護士に相談する

パートナーが浮気をやめられない…

浮気発覚後、口ではもう二度と浮気をしないと言いながら、浮気をやめられない人はいます。

浮気やめられない人は、考え方や行動パターンに問題があることが多く、なんらかの対処が必要です。

それでは、浮気をやめられない理由や、それにどう対処したらいいかを考えていきましょう。

浮気をやめられない理由4選

まずは浮気をやめられない理由です。

この理由を知らずに浮気をやめさせることは出来ないでしょう。 

浮気をやめられない理由(1) スリルがたまらないから

特定のパートナーとの生活に慣れると刺激が欲しくなり、浮気をしてしまう人がいます。

これは、パートナーに浮気がばれるかもしれないというスリルを楽しんでいるともいえるかもしれません。

このようなスリルが欲しくて浮気をした人は、一度浮気がばれたとしも、新たなスリルを求めて浮気をしてしまいやすく、浮気をやめられないといえます。 

浮気をやめられない理由(2) 自分がモテることを実感していたいから

どんなに浮気をしたくても、自分がモテなければなかなか浮気は出来ません。

つまり、浮気が出来るということは、男性としての魅力があるということの裏返しでもあります。

自分に自信がなく、自分に魅力があることを実感していたい人は、本音では浮気をやめたくても、なかなかやめられないといえるでしょう。

浮気をやめられない理由(3) パートナーに足りない部分を他の女性で埋めたいから

完璧な人間など、この世に存在しません。

そのため、どんな人にも足りない部分があるのは当然ですが、そんなパートナーに足りない部分を他の人で埋めようとして浮気をしてしまう人がいます。

このような人は、一度パートナーに浮気がばれてしまったとしても、パートナーに足りない部分を求めて、浮気を繰り返してしまうことになります。

浮気をやめられない理由(4) 浮気が悪いことだということを理解していないから

言うまでもなく、浮気はパートナーに対する裏切り行為であり、人として許されない行為です。

民法上の不法行為に当たる法的に許されない行為でもあります。

浮気をやめられない人は、結局、このことを頭では知ってはいても、心から理解しておらず、安易な気持ちで浮気を繰り返してしまうのです。

浮気をやめられないパートナーに浮気をやめさせる方法

それでは、浮気をやめられないパートナーの浮気をやめさせるにはどうすればよいでしょうか。

パートナーに浮気をやめさせる方法(1) 環境を変える

上で述べた通り、あなたのパートナーが浮気をやめられない理由として、日々の生活の中で刺激が足りなくなってしまっているという可能性があります。

そのため、生活の環境を変えることで、それが新たな刺激となり、浮気をやめさせることができるかもしれません。

生活の環境を変えるといっても、何も難しいことをする必要はありません。

部屋の模様替えをしたり、普段あまり行かないところに出かけてみるなど、日々の生活に何か変化をつけてみることが大切です。

パートナーに浮気をやめさせる方法(2) パートナーと真剣に向き合う

浮気をやめられない理由として、パートナーに足りない部分を浮気相手で埋めようとしてしまうことがあることも述べました。

そのため、もしあなたに何か足りない部分があるのであれば、それを直す努力をすることも必要でしょう。

お互いがきちんと向き合い、足りない部分を改善し合っていける関係を作ることができれば、パートナーの浮気をやめさせることができるかもしれません。

パートナーに浮気をやめさせる方法(3) 浮気について客観的に考えさせる

浮気をやめられない人は、結局、浮気が悪いことだということを本当に理解はしていません。

浮気は、パートナーに対する裏切り行為であるだけでなく、家族や浮気相手をも傷つけてしまう人として許されない行為です。

時間はかかるかもしれませんが、このことを徹底的に考えさせることが何よりも大切かもしれません。

浮気をやめられないパートナーとの離婚を考えたら

あなたがどんなに努力したとしても、パートナーは浮気をやめられないということもあるかもしれません。

そのようなときには、パートナーとの離婚を考えることもあるでしょう。

浮気をやめられないパートナーとの離婚を考えたら(1) まずは冷静に将来について考える

離婚というのは、これまでの夫婦関係を終わらせる重要な決断です。

そのため、いくらパートナーが浮気をやめられないからといって、感情的な状態で離婚を決意すべきではありません

一度冷静になって、パートナーと将来の生活について真剣に話し合い、これからも一緒の生活続けていくことはどうしてもできないということを確認してから、離婚することを決意しましょう。。

浮気をやめられないパートナーとの離婚を考えたら(2) 調停を申し立てる

浮気をやめられないパートナーとの離婚を決意したとして、パートナーと1対1で離婚について話し合うことは、感情的になってしまいやすく、なかなか難しいです。

そのようなときは、家庭裁判所に調停を申し立てることをおすすめします。

調停とは、家庭裁判所で、調停委員という第三者を間に入れて話し合いを行うための制度です。

離婚調停では、離婚をするかどうか、どのような条件で離婚をするかといった点について、調停委員を間にいれて客観的な話し合いを行うことができます

参考:離婚調停の流れ(一回目)と当日の様子を徹底解説!

浮気をやめられないパートナーとの離婚を考えたら(3) 離婚を考えたら弁護士に相談を!

不貞行為は、民法上、離婚原因とされており、パートナーが浮気をやめられないのであれば、調停委員にも離婚を認めてもらいやすいです。

しかし、離婚するに当たっては、財産分与や慰謝料など話し合うべきことがたくさんあります

そのため、法律の素人が一人で出来ることは限られるでしょう。

ぜひ、法律の専門家である弁護士に早めに相談してみてください。

弁護士に相談する

弁護士は、調停の場で、あなたに代わって法律的な話し合いを行ってくれるので、安心して任せられるでしょう。

浮気についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

浮気をやめられない理由は?パートナーに浮気をやめさせる3つの方法のまとめ

パートナーが浮気をやめられない理由や、それにどう対処したらよいかという点についてみてきました。

これまで見てきたとおり、浮気をやめられない理由は、人によって異なります。

そのため、パートナーが浮気をやめられない理由に応じて、あなたがやらなければならないことも変わってきます。

また、あなたがどんなに手を尽くしたとしても、パートナーは浮気をやめられないかもしれません。

そんなときは、離婚も視野にいれて、まずは法律の専門家である弁護士に相談してみてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部