浮気嫁の対処法は?|浮気嫁の特徴7つと対処法3つ

浮気嫁とは浮気相手の嫁ではなく、浮気性な嫁。浮気をしている妻という意味です。結婚するまで真面目な女性だと思っていたのに浮気嫁だった。結婚してしばらくして急に様子が変わったので浮気嫁ではないかと心配している旦那さんもいるようです。浮気嫁の特徴と後悔しない対処法をご紹介します。

目次

もしかしてうちの嫁は浮気嫁?

自分のパートナーが浮気嫁だと知っていて結婚する人はいないでしょう。
 
結婚してすぐ浮気嫁だとわかったり、しばらくは普通の様子だったのに最近浮気嫁になってしまったんじゃないかと心配する人も少なくありません。
 
嫁の本性を知り結婚したことを後悔する人もいます。
 
うちの嫁は浮気嫁なのか?浮気嫁を見分ける特徴とその対策、浮気嫁に対する復讐や離婚など詳しく解説していきます。

浮気嫁の特徴って?

まずは浮気嫁の見分け方からご紹介しましょう。
 
嫁が急に次のような行動が多くなったら浮気嫁注意のサインです。

浮気嫁の特徴(1) 残業が多くなった

共働き夫婦の浮気嫁は「仕事」と偽って外で浮気を繰り返します。
 
今まで残業がない仕事だったのに、急に残業が増えたらこっそりと本当に仕事かどうか確かめてみましょう。

浮気嫁の特徴(2) 外出が多くなった

浮気嫁も慣れてくると、休日や平日夜にも何かと用事を作って一人で外出したがります。
 
今まで家族で過ごしたがっていた嫁が急に一人でどこかに出かけることが多くなったら浮気嫁を疑ってもよいでしょう。

浮気嫁の特徴(3) お金遣いが荒くなった

今まで安い服やコスメなどを買うことがステータスのように思っていた主婦だったのに、急にブランド品や高いコスメに興味を持ち出したら浮気嫁注意です。 
 
他の同世代の女性と比べて自分をキレイに見せたいという意識が強くなっているのです。
 
急にお金使いが荒くなる女性は、着飾って見せる相手がパートナーではなく浮気相手という可能性が高いです。

浮気嫁の特徴(4) 一緒に出掛けることが減った

外出のところでも紹介しましたが、浮気嫁は家族と一緒に出かけることを避けようとするのも特徴のひとつです。
 
家族に紹介できないような人と一緒に過ごすのでしょうか。
 
一人で出かけたがるようなら、浮気嫁対策に誰とどこにいくのか確かめておくとよいでしょう。

浮気嫁の特徴(5) 携帯をやたら気にする

浮気嫁は浮気相手からの連絡が楽しみです。
 
しょっちゅう携帯やスマホを持ち歩き、頻繁にチェックしています。
 
また携帯やスマホを見られると困るように、絶対に自分の身につけておくようになるのは浮気嫁の特徴です。

浮気嫁の特徴(6) 見た目に気を遣うようになった

今までとは違うメイクに変えたり、洋服の好みが変わってきたら、浮気相手の趣味に合わせているのかも知れません。
 
見てもらいたい相手が出来たので、浮気嫁は見た目が派手になることも少なくありません。

浮気嫁の特徴(7) 夜の営みが少なくなった

浮気嫁は浮気といえど恋をしている状態といってもよいでしょう。
 
好きな人ができるとその人以外には触れられたくないという気持ちが働くのか、浮気嫁はパートナーとの夫婦生活を拒むような行動をとります。
 
旦那が誘っても「疲れているから」「明日が早いから」「子供がまだ起きてるから」などと理由をつけて断るのは浮気嫁サインかも知れません。

浮気嫁の対処法

自分の嫁が浮気嫁かもしれないと思ったら。
 
浮気嫁の対処方法をご紹介します。

浮気嫁の対処法(1) お金の使い方をチェックする

嫁の浮気疑惑には、まず本当に浮気嫁なのかどうかを調べることからはじめましょう。
 
嫁が持っているクレジットカードの使用履歴や財布の中のレシートなどをチェックして、どんなものにいつ、どこでお金を使っているのかからも浮気嫁かどうか分かる場合があります。
 
たとえば、レシートには住所や電話番号が載っています。
 
普段は用がないような遠くの街のカフェに何度も行っているのは怪しいですね。
 
うっかりホテルの料金の支払いにカードを使ってしまうこともあるでしょう。

浮気嫁の対処法(2) カウンセリング

浮気嫁を疑ったら、彼女の本心を聞き出したいと思うでしょう。
 
でも、浮気をしていると自分から言う人はまずいませんね。
 
そんなときは、夫婦カウンセリングを受けて浮気嫁の本心に探りを入れてみてはどうでしょうか。
 
夫婦生活に対する不満などから、浮気嫁を探るヒントが見つかることもあります。

浮気嫁の対処法(3) 浮気の証拠を押さえる

浮気嫁の疑いが濃くなってきたら、探偵に依頼して浮気の証拠を集めましょう。
 
もし、今後浮気嫁に復讐のために慰謝料請求をする、離婚請求をするというときにも証拠があれば有利になります。
 
浮気嫁に言い逃れできないようにするには探偵に依頼してしっかりとした証拠を集めることです。
 
浮気嫁のような行動をしていても実際は浮気をしていなかったということもあります。
 
先走って浮気を切り出し後悔しないためにも、事実関係はしっかり証拠を握っておくことが大切です。

浮気嫁と離婚するために必要なことは?


浮気嫁と離婚したいと思ったら、しておきたいことが3つあります。

まだ浮気嫁との離婚を漠然と考えているという人にも役に立つ情報です。

離婚のメリットとデメリットを比較

浮気嫁のことが信じられなくなったから離婚したい。
 
そんな気持ちはわかります。
 
でも本当に浮気嫁との離婚が一番良い方法かどうかメリットとデメリットを考えてみましょう。
 
子供がいたら子供と離れ離れになってしまうかも知れません。
 
寂しい思いをするだけでなく、養育費を毎月支払うので離婚して生活が辛くなる人も少なくありません。
 
浮気嫁に離婚を切り出す前に、何が自分に一番良い方法かを考えましょう。

調停を申し立てる

離婚調停は離婚を決意していなくても利用できます。
 
調停員を介してどう離婚するか、具体的な財産分与や養育費の額なども話し合えます
 
浮気嫁との離婚を考えているけれどまだ決意が固まっていないという人は、離婚調停で離婚のやり方を知ることができます。

弁護士に相談を

浮気嫁との離婚だけでなく、離婚してしまった後に「ちゃんと話し合っておけばよかった」という後悔もよくあります。
 
特に、慰謝料や財産分与、親権問題や養育費の金額や支払い期限など様々な法律問題をきめなくてはいけません。
 
忙しいし、そんな話し合いは気が重くてできるだけ避けたいという人には、法律の専門家である弁護士に相談しましょう。
 
弁護士ならあなたの代理人として、これらについてあなたに有利に交渉してくれます。

浮気嫁の対処法は?|浮気嫁の特徴7つと対処法3つのまとめ

結婚してから浮気嫁だということがわかり後悔している人もいるでしょう。
 
浮気嫁ではないかと疑ったら、浮気嫁の特徴と照らし合わせて本当に浮気をしているのか嫁の行動をチェックしましょう。
 
もし、その上で浮気嫁と離婚したいと思ったならば早めに弁護士に相談することをおすすめします。
 
離婚には非常に体力を使います。
 
財産分与や慰謝料、養育費など法律問題もたくさんありなかなか素人で一人で行うのは難しいです。
 
弁護士ならあなたの代理人になってそれらの交渉を全ておこなってくれます。
 
あなたは安心して今まで通り生活を続けていれば良いだけです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部