浮気の境界線はどこ?|法律上の浮気の定義とは?

浮気の境界線は一般的にはどこまでと考える人が多いのでしょうか。彼氏や旦那などあなたのパートナーが他の女性と一緒にいたとこどこからどこまでが友人関係で、どこからが浮気になるのか一般的に浮気とされる境界線をご紹介します。彼氏の浮気が気になる女性だけでなく、彼女に疑われそうな男性にも必見です!

浮気(339)男女の事故・トラブル(1458)
目次

浮気の境界線ってどこから浮気なの?

浮気の境界線は人それぞれだといわれています。
 
普段からやきもち焼きといわれる人なら彼氏が異性と言葉を交わしているだけで「浮気だ!」と騒がれてしまう場合もあります。
 
その一方で彼氏が風俗店に出入りしていても特に気にしないという女性もいます。
 
その差はとても大きくてどこからどこまでかわかりにくいです。
 
そんな極端な例は除いて、今日は一般的な浮気の境界線についてご紹介します。

一般的な人の浮気の境界線の例

浮気の境界線を知りたいとき、一般的にはどこまでが浮気ではなくて、どこから浮気の境界線を越えているのでしょうか。
 
行動別で浮気度を見ていきましょう。

浮気の境界線(1) 2人きりで会う

2人きりで会うのはその行動ではなく、場所や理由によって浮気か浮気ではないかという境界線引きができます。
 
わざと人目を避けるような場所でコソコソと会っていれば浮気と疑われます。
 
連絡が必要で会う場合は、その理由を聞けば浮気の境界線を越えていると思われることも少ないでしょう。

浮気の境界線(2) 手をつなぐ

女性同士なら同性でも手をつなぐことが多く、そのノリで男友達と手をつないで歩く女性もいます。
 
特に年齢が若い人ほど男性とも意識せずに手を繋いだり腕を組んだりしてしまいがちです。
 
ただ、周りからみた場合手を繋いでいると「恋人同士に見られる」ということから、手をつなぐ行為は浮気の境界線を越えている行為といえるでしょう。

浮気の境界線(3) キスをする

この場合のキスは口と口のキスということに限定します。
 
キスしている2人を周りから見たら「あの人たちは付き合っている」と誰もが思うでしょう。
 
そんなところを彼氏や彼女、パートナーに見られたら「浮気している」と思われても仕方ありません。
 
キスは浮気の境界線を越えていると思う人がほとんどです。

浮気の境界線(4) 気持ちが移る

気持ちが移るとは、その人を特別扱いしてしまうくらい仲良くなっている証拠です。
 
ただしこれには恋愛感情は限定しない心理なので、特別扱いしているからといって浮気の境界線を越えたとは断言できません。
 
浮気は双方向の感情ですが、気持ちが移ることは一方通行でもありえることだからです。
 
それを浮気とするか、単純に心変わりしているだけとみるかは付き合っている相手次第となるでしょう。

浮気の境界線(5) セックスをする

浮気=性交渉がある場合と考える人も多いようです。
 
俗説ではありますが、女性は精神的な浮気を重要視して、男性は性交渉のありなしを重要視するといわれています。
 
この説によれば男性は手を繋いだり、会話をするだけでは浮気とは感じにくいことになります。
 
しかし、彼氏彼女やパートナーではない人と性交渉があれば、それは誰から見ても「浮気の境界線を越えている」というでしょう。
 
性交渉は浮気の境界線を越えた行為です。

法的にはどこからが浮気なの?

人による浮気と思うかどうかの境界線ではなく、法律という誰にとっても等しく決められたルールでは、どこからが浮気なのでしょうか。

法的な基準は、「不貞行為」をしたかどうか

浮気相手が既婚者である場合は、不貞行為(性交渉)は民法770条1項1号の離婚原因になっていることです。
 
これは不貞行為は法律で定めれた浮気の境界線であるということができるでしょう。
 
彼氏・彼女の間では法的な問題はありませんが、婚約者である場合は相手の不貞を理由に婚約破棄、慰謝料請求の対象になります。

不貞行為=性交渉・性交類似行為

不貞行為とはどのようなことをいうのかというと、セックスだけではありません。
 
不貞行為には性交類似行為も含まれています。
 
法的な浮気の境界線は、性交渉に近い関係があるかどうかといえるでしょう。

浮気の境界線を超える疑いの強いケース

法的に裁かれる場合、「浮気の境界線を越える疑いの強い場所」というものが存在します。
 
浮気の事実のあるなしに関わらず異性と出入りしただけで浮気の境界線を越えたと判断される恐れがあります。

浮気の境界線を超える(1) 性交渉等のある風俗店にいく

風俗店にいく目的は、性交渉や性交類似行為目的以外には考えにくいでしょう。
 
そんな場所に出入りするだけで、浮気の境界線を越えていると見られます。
 
その風俗店の中でもソープランドなどは確実に不貞行為になる場所と見られます。
 
ヘルス・ピンクサロンなどは性交類似行為に当たると判断される場合が多いようです。

浮気の境界線を超える(2) ラブホテルに入る

ラブホテルに入るだけでは不貞行為ではないとされるのが一般的な見解です。
 
ただ、浮気調査などでラブホテルに男女で入っている写真などは不貞行為の有力な証拠となり得ます。
 
それが何度も繰り返されるほど浮気の境界線を越えて浮気の確信へとつながっていきます。

浮気の境界線を超える(3) 異性の家に宿泊した

浮気の境界線ということで考えた場合、異性の家に泊まったというのはラブホテルよりも「何か理由があったのかも」と考える余地が出てきます。
 
不貞行為に対する証拠という面でも、異性の家に泊まった写真などはラブホテルの場合より証拠力が弱く扱われることが多いようです。
 
浮気の境界線を越えるか越えないか判断が難しい場所ですが、浮気の境界線を越えたと見られたくない場合は不用意に近づくのは避けたい場所ではあります。

パートナーが浮気の境界線を越えて離婚を考えたら

もし、あなたのパートナーが浮気の境界線を越えてしまっていたら。
 
あなたは離婚を考えますか?
 
浮気の境界線を越えた相手との離婚についてもう一度考えてみましょう。

離婚を考えたら(1) 離婚のメリットとデメリットを比較

既婚者が浮気の境界線を越えていたら、それが自分のパートナーであったならば。

ひどく精神的にショックを受けて、もう一緒に暮らしていけないと、離婚を考える人もいるでしょう。

別れてしまえば他人だと割り切って、心穏やかにすごせるメリットもあるでしょう。

しかし、離婚したあとの生活は大丈夫でしょうか?

共働きだった場合、確実に収入が減り生活水準が下がります。

離婚を考えたら自分たち夫婦の場合のメリット・デメリットを整理しなおしましょう。

離婚を考えたら(2) 調停を申し込む

浮気の境界線を越えた相手との離婚。

ハッキリと離婚する!と決意していなくても調停は利用できます。

家庭裁判所で調停委員を介して、離婚するか、どのように離婚するかを話し合いましょう。

今まで見えていなかった離婚の実態がみえてくる場合もあります。

離婚を考えたら(3) 法的な問題は弁護士に!

相手が浮気の境界線を越えた場合、離婚では浮気相手に対する慰謝料請求も可能でしょう。

そのほか、財産分与や子供がいれば親権・養育費など様々な法律的な問題が出てきます。

法律の専門家である弁護士は、あなたの代わりにこれらについて交渉できる唯一の存在です。

弁護士に早く相談して、優位に離婚を進めましょう。

浮気に関する記事についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

浮気の境界線はどこ?|法律上の浮気の定義とは?のまとめ

浮気の境界線を越えてしまったと感じるラインは、人それぞれです。
 
自分では思いもよらぬ行動が相手にとっては境界線を越えていると判断されることもあります。
 
浮気をしているという気持ちがないただの異性の友人や会社のお付き合いなら十分境界線を越えたと思われないように注意するのがパートナーにも自分にもよい対応でしょう。
 
しかし、本当に浮気の境界線を越えてしまって離婚も考えているならまずは弁護士に相談しましょう
 
弁護士ならあなたの代理人となって面倒な交渉を代行してくれます。
 
面倒な手続きや不愉快な話をせずに、スッキリと離婚することができるでしょう。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部