同棲中に結婚するきっかけ11選|彼氏に結婚を意識させるコツは?

同棲から結婚するときのきっかけはあるのでしょうか、同棲中の相手がなかなか結婚を意識してくれなかったりすると、そわそわしますよね。同棲中に結婚できるきっかけをいくつかご紹介するので、参考にしてみましょう。また、同棲の際には条件を提案することで、より結婚しやすい環境を作ることもできます。

婚約破棄(72)男女の事故・トラブル(1315)
目次

弁護士に相談する

結婚したいのに同棲から抜け出すきっかけがない

同棲生活が続いているのに、なかなか結婚に繋がるきっかけがない。
 
そんな悩みを持つ人はたくさんいますよね。
 
同棲をしていると「いつかは結婚できる」と思いがちですが、意外と結婚へのきっかけは見つからないものです。
 
同棲から結婚への流れを確認し、相手に結婚を意識させる方法とは?

同棲から結婚に進むためのきっかけ

同棲をしているのに結婚するきっかけがない…。
 
同棲から結婚に進めための具体的なきっかけを見てみましょう。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(1) 昇進や昇給した

昇進や昇給が同棲から結婚へのきっかけになることはよくあります。
 
結婚するためには当然お金が必要なので、昇進や昇給することで、結婚指輪や結婚式の資金になったり新生活に踏み切るきっかけになりやすいでしょう。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(2) 周囲の友人が結婚した

周囲の友人が結婚し始めると、「そろそろ自分達も」と同棲から結婚を意識するきっかけになります。
 
実際に結婚式に行くと、幸せそうな友人を見てイメージが湧きやすくなるのかもしれません。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(3) お互いの両親と会った

同棲から結婚に進むきっかけに、お互いの両親と会ったことも挙げられます。
 
家族ぐるみの付き合いになることでより深い付き合いをすることができ自然な流れで同棲から結婚に進みやすくなるでしょう。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(4) 病気のときなどに助けてくれた

同棲中に自分が体調を崩したり病気になったとき、相手が親身に看病してくれることで優しさを感じ「この人なら」と結婚を意識するきっかけになることもあります。
 
苦しいときも支えてくれる人となら、安心して結婚に踏み切れますよね。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(5) 妊娠が発覚した

同棲中に妊娠が発覚し、そのまま結婚に進むことも考えられます。
 
お互いにある程度将来を見据えて同棲していれば、自然と妊娠することもあるでしょう。
 
住む場所もあるため、そのまま入籍しやすいとも言えます。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(6) 決めていた同棲の期間が終了した

同棲する前に決めていた期限が過ぎた時、お互い特に問題点がなければそのまま結婚になるパターンもあります。
 
同棲の期間が終了することで、将来のことを具体的に考えるきっかけとなるのです。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(7) 結婚に必要な金額を貯金し終えた

結婚にはお金が必要です。
 
その結婚資金を同棲中に貯金し、目標の金額になったときが結婚のきっかけになるカップルもいるでしょう。
 
生活を安心して始めるためには、貯金しておくことも大切です。 

同棲から結婚に進むためのきっかけ(8) 料理が男性の好みになってきた

結婚するにあたり、相手の料理の腕前も気になるところですよね。
 
彼女の作る料理の味付けが男性好みに上達してきたとき、「この手料理を毎日食べたい」と思ってくれれば、同棲から結婚に進むきっかけになるかもしれません。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(9) 仕事で疲れて帰ってきたときに優しくされた

同棲中に出張から帰ってきたとき、相手が優しく出迎えてくれたら結婚を意識するきっかけになることもあるでしょう。
 
自分が疲れているときに癒してくれる人は、一生を共にできるパートナーとして最適ですよね。 

同棲から結婚に進むためのきっかけ(10) お互いの誕生日

同棲相手の誕生日にプロポーズをする人も多く、お互いの誕生日は同棲カップルにとっても結婚するきっかけになることが多いようです。
 
やはり相手の誕生日は特別な日でもあるので、そういった日には将来のことを決断しやすいのかもしれませんね。

同棲から結婚に進むためのきっかけ(11) 自分で決めていた年齢に到達した

「〇歳までには結婚する」など、自分の中で結婚すると決めていた年齢に達したとき、同棲相手に結婚を申し込むきっかけになる人もいるでしょう。
 
実際に結婚する年齢を決めている人は多く、その年齢になったときは結婚を具体的に考えやすくなるようです。 

同棲条件として提案しておくべきこと

同棲した後に結婚を意識しているのであれば、同棲開始の時期に条件を提案しておくことをおすすめします。

同棲条件として提案しておくべきこと(1) 同棲期限を定める

同棲はダラダラと続いてしまいがちなので、期限を決めておくと良いでしょう。

いつまでを期限とし、その後のことはに二人で話し合うようにしておけば、決めていた期限が結婚の目安となります。

同棲条件として提案しておくべきこと(2) お金はしっかりと管理する

同棲中にお金の管理をしっかりしておくことで、お金に関するわだかまりが減り、結婚もスムーズに進みやすくなります。

結婚生活においてお金はあらゆる問題の発生原因になりやすいので、同棲中からきちんと管理しておきましょう。

同棲条件として提案しておくべきこと(3) 結婚を前提にする

同棲をするのは一体なぜなのか、をお互いに確認しておくことも大切です。

お互いに「この同棲は結婚前提である」と意識しておくことで、将来を考えながら責任をもって生活することができます。

どうしても結婚に進めそうにない場合は

同棲から結婚に進みたいけれど、なかなかうまくいかない。どんなときの対処法とは? 

結婚に進まないとき(1) 正直に結婚を持ちかける

同棲相手に直接結婚話を持ちかけてみましょう。
 
きっかけがないのなら、ストレートに尋ねてみるのもおすすめです。
 
意外と相手も同じように考えているかもしれません。

結婚に進まないとき(2) 浮気の可能性があれば探偵へ

もしも彼が浮気をしていたら、とてもそんな相手と結婚なんかできませんよね。
 
結婚前に相手が浮気をしていないか調べることは大切です。
 
しかし、自分で尾行などをすると、ストーカー規制法違反やプライバシー侵害になるおそれがあります。
 
そこで頼れるのが調査のプロである探偵です。
 
探偵は相手に付き合っている人がいないかや、離婚歴があるか、子供がいるかいないかなどの素行調査をしてくれます。
 
同棲から結婚に進む前にあらかじめ探偵に調べてもらうと良いでしょう。

結婚に進まないとき(3) 婚約したのに結婚の話が進まず、婚約破棄したい場合は弁護士へ

婚約破棄をする場合、別れることに相手が同意してくれればいいですが、同意をしてくれない場合に婚約破棄をすると、原則として債務不履行となり相手に慰謝料を支払わなければなりません。
 
この慰謝料は、婚約破棄について正当な理由(相手の不貞行為など)がない場合に支払う義務が生じます。
 
婚約破棄に正当な理由があるかどうかは法的な問題であるため、素人が判断するのは難しいものです。
 
そこで頼れるのが男女関係に強い弁護士です。
 
法律の専門家である弁護士はあなたの代理人としてあなたに有利になるように交渉をしてくれます。
 
同棲している相手との婚約破棄を考えたらなるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

同棲中に結婚するきっかけ11選|彼氏に結婚を意識させるコツは?のまとめ

同棲中に結婚するためには、何かきっかけがあるとスムーズです。
 
よくある同棲から結婚へのきっかけ事例を参考にしながら、上手く取り入れてみてください。
 
また、相手の浮気などが心配な場合は、同棲中であっても詳しく調べておくことをおすすめします。
 
探偵に依頼をすれば、バレずに調査してくれますので、結婚前に安心したい人は一度相談してみましょう
この記事の作成者

カケコム編集部