不倫をしてしまったらとるべき最善の行動は?

不倫をしてしまったときのリスクやばれてしまったときの対処法について説明をしていきます。不倫は誰も幸せにはしません。まさに待っているのは地獄ともいえます。詳しく説明をしていきますので、しっかりと読んでみてください。

不倫(305)男女の事故・トラブル(1364)
目次

弁護士に相談する

不倫をしてしまったら…待っているのは地獄!?

不倫をしてしまったら、待っているのは地獄です

この記事では、不倫をしてしまったときのリスクについて詳しく説明をしていきます。

また、不倫をしてしまったときの対処法についてもまとめています。

不倫をしてしまって、これからどうしよう…と悩んでいる方はもちろん、不倫をしようかと悩んでいる方も、ぜひ最後までお読みください。

不倫をしてしまったら…どんなリスクがあるの?

不倫をしてしまったら、どのようなリスクがあるのでしょうか?

不倫のリスクを5つにまとめてみました。

不倫のリスク(1) バレたら周りから冷たい目で見られる

不倫をしたときのリスクとしては、ばれたら周りから冷たい目で見られるというのが挙げられます。

社内不倫の場合には、今後会社で働き続けるのが難しくなることもあります。

また、頑張って働き続けたとしても、出世コースから外されて閑職に追いやられる危険性もあります。

不倫のリスク(2) 不倫相手との間に子供ができてしまう可能性がある

不倫の場合は肉体関係があることが一般的ですから、どれだけ気を付けていても、不倫相手との間に子どもができてしまう危険性があります。

特に、女性が不倫をしてしまって子どもができた場合には、配偶者に不倫がばれてしまう危険性が高いです。

不倫のリスク(3) 高額な慰謝料を請求される

不倫をしてしまったら、自分の配偶者に高額な慰謝料を請求される可能性があります。

また、不倫相手が既婚者の場合には、相手の配偶者からも高額な慰謝料を請求される恐れがあります。

不倫をしてしまったのが女性の場合は、慰謝料の支払いにかなり苦労をすることが一般的です。

不倫のリスク(4) 離婚請求をされ、親権を失うことも

不倫をしてしまったら、配偶者から離婚を請求される可能性があります。

離婚後の親権を相手が得ることで、親権を失うこともあります。

不倫は遊びと考えている人もいますが、家庭を壊す危険もあるということは覚えておきましょう。

不倫のリスク(5) 子供がいた場合は子供に悪影響を…

あなたに子どもがいる場合には、子どもに悪影響が及ぶ危険性もあります。

不倫はどこからばれるかわからないものですから、近所の人に見られてしまった場合には、子どもが学校などでいじめられてしまうこともあります。

不倫をしてしまったら|バレたときどうすれば良い?

不倫をしてしまって、ばれてしまったら…想像するだけでも怖いという方もいるのではないでしょうか?

不倫がばれてしまった時の対処法を説明していきます。

不倫をしてしまい、バレたときの対処方法(1) 言い訳はしない

不倫がばれてしまったら、言い訳はしないということが大切です。

言い訳をすればするほど、配偶者からの信用は地に落ちます。

嘘や言い訳はせず、素直に認めた方がまだましだということを覚えておきましょう。

不倫をしてしまい、バレたときの対処方法(2) きちんと謝罪する

不倫がばれてしまったときに、開き直ったり配偶者のせいにするのは絶対にやめましょう。

相手の気持ちを逆なですることになりますし、穏便に話し合いで済む可能性も潰してしまいます

配偶者に不倫がばれてしまったら、きちんと謝罪をするのが大切です。

不倫をしてしまい、バレたときの対処方法(3) 慰謝料を払う

不倫がばれてしまったら、きちんと慰謝料を支払いましょう

慰謝料の額は通常50万円~300万円程度ですが、以下のような要因によって変化するため、かなりの幅があります。

  • 夫婦関係を継続するか
  • 離婚するか
  • 婚姻期間の長さはどれくらいか
  • 不倫期間の長短、頻度

不倫をしてしまい、バレたときの対処方法(4) 不倫関係を断つ

不倫がばれてしまったら、まずは不倫関係をきっぱりと清算しましょう。

ずるずると不倫を続けるなんてもってのほかです。

不倫がばれた後も続けてしまうと、慰謝料の額にも影響がありますので、注意が必要です。

不倫をしてしまい、バレたときの対処方法(5) 今後の人生を考える

不倫がばれてしまうと給料が下がったり、慰謝料の支払いをしなければいけなくなるおそれがあります。

また、離婚をすれば養育費の支払いをしなければいけなくなることもあり、かなりの金銭的負担が生じます

特に、不倫をしてしまったのが女性の場合は収入が少ない場合が多いので、今後の人生への負担がかなり大きいでしょう。

自分でやったことなので仕方ないと諦めて、今後の人生をどうするか?をしっかり考えることが大切です。

不倫してしまったら離婚は回避できない?

不倫をしてしまったら、離婚になる可能性があります。

注意点について説明をしていきます。

不倫したら離婚?(1) 不倫は法定離婚事由に該当

不倫をしていた場合、不倫相手と性交渉等が存在すれば、民法で法定離婚事由として規定されている「不貞行為」にあたります。

そのため、配偶者から離婚をしたいといわれたら、離婚を拒むことができません

不倫したら離婚?(2) 慰謝料請求される可能性も

不倫をしてしまったら、配偶者から慰謝料請求される可能性があります。

また、不倫相手が既婚者であった場合は、不倫相手の配偶者からも慰謝料を請求されてしまうおそれもあります。

不倫したら離婚?(3) 早急に弁護士に相談しましょう

特に配偶者が離婚や慰謝料請求などで弁護士に依頼をした場合は、相手の請求を拒むと裁判になることも考えられます。

そのため、なるべく早くに弁護士に相談し、相手の請求や裁判に備えることをおすすめします。

弁護士に相談する

不倫をしてしまった方はこちらの記事もおすすめ

不倫をしてしまったらとるべき最善の行動は?のまとめ

残念ですが、不倫をしてしまった場合には大きなリスクしかありません。

不倫をしてしまったのは仕方ありません。

これからは、不倫によって生じる問題をなるべく早く解決するために行動するよう心がけましょう

不倫をしてしまうと、慰謝料請求や離婚請求など法律的な問題も多数発生しますから、問題解決のためには、一刻も早く弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部