浮気を録音で調査!ボイスレコーダーの選び方と仕掛け方3つ

浮気調査の方法は色々ありますが、配偶者の浮気の有無を確かめるためには、浮気の録音が重要です。ただ、間違った方法による浮気調査では、証拠がつかめないということにもなりかねません。そこで、浮気の録音や浮気調査の際に、注意すべき事項等について紹介します。

浮気(309)男女の事故・トラブル(1379)
目次

ボイスレコーダー(ICレコーダー)で証拠収集できる?

配偶者が浮気をしている証拠として、浮気調査として浮気を録音したいという状況があると思います。
 
そこで、浮気の証拠として、浮気を録音する際の注意点や方法について紹介します。

浮気を録音|ボイスレコーダー(ICレコーダー)の有効性

浮気調査として浮気を録音をした場合、どのような効果が期待できるのでしょうか。
 
ここでは、ボイスレコーダー(ICレコーダー)による録音の有効性を紹介します。

浮気を録音する目的(1) 浮気の有無を証明できる

 配偶者に浮気が疑われるような様子があっても、浮気の証拠が無ければ、しらをきられてしまうかもしれません。
 
浮気調査として浮気を録音しておけば、浮気の有無を証明する確固たる証拠となり、責任の追及をすることが可能となります。

浮気を録音する目的(2) 浮気相手・浮気の回数・浮気の主導権の有無などを証明できる

浮気が確認でき、法的に損害賠償請求をする場合には、浮気相手の属性・浮気の回数・浮気の主導権などから損害賠償額が算定されることになります。
 
浮気を録音しておけば、浮気相手の属性・浮気の回数・浮気の主導権などを証明することができ、損害賠償額を高くすることが可能となります。

浮気を録音する目的(3) 示談が有利になる

浮気を録音することにより、相手方は言い逃れができなくなります。
 
録音した浮気を材料にすることで、こちら側の主張を相手方が飲まざるを得なくなり、示談を有利に進めることが期待できます。

浮気を録音するボイスレコーダー(ICレコーダー)の選び方3つ

浮気の録音は証拠として重要な意味があります。

ただ、ボイスレコーダー(ICレコーダー)をしっかり選ばなければ、浮気の録音がうまくできなかったり、録音をしても内容を聞き取れないということになりかねません。

そこで、ボイスレコーダー(ICレコーダー)の選び方を紹介します。

ボイスレコーダー選び方(1) マイクの品質

浮気の録音をする状況は、様々なものが考えられます。マイクの品質が低いと浮気の録音がうまくいかないことが考えられるので、性能の高いボイスレコーダー(ICレコーダー)を準備するようにしましょう。

例えば車内での浮気を録音したい場合、マイクの品質が低いとエンジン音などによって浮気の内容がうまく録音できないことがあります。

浮気の録音の失敗は致命的ですので、品質の良いボイスレコーダー(ICレコーダー)を購入するようにしましょう。

ボイスレコーダー選び方(2) 録音容量(内臓メモリの容量)

浮気をピンポイントに録音できればよいですが、必ずしもうまくいくとは限りません。

ボイスレコーダー(ICレコーダー)の容量が少なすぎると、ボイスレコーダー(ICレコーダー)の容量がいっぱいとなり、十分に録音できないということになってしまいます。

浮気の肝心な部分の録音ができていないという状況を防ぐため、容量の大きいボイスレコーダー(ICレコーダー)を選ぶようにしましょう。

ボイスレコーダー選び方(3) 電池の持続時間

電池が切れてしまうと、浮気の肝心な部分の録音ができなくなってしまうことが考えられます。

電池の容量も考えて、長時間の録音が可能なボイスレコーダー(ICレコーダー)を選ぶようにしましょう。

浮気を録音!ボイスレコーダー(ICレコーダー)の効果的な仕掛け方5つ

ボイスレコーダー(ICレコーダー)の選び方を紹介しましたが、ボイスレコーダー(ICレコーダー)を効果的に使うことができなければ、浮気の録音をうまく行うことはできません。
 
そこで、ボイスレコーダー(ICレコーダー)の効果的な仕掛け方を紹介します。

効果的な録音の仕方(1) 車中での浮気に備えて、車に忍ばせる

浮気が車で行われるということも多いです。
 
そこで、車中での浮気に備え、車にボイスレコーダー(ICレコーダー)を忍ばせることをおすすめします。
 
車中では、会話も多くなされるので、重要な内容を録音できる可能性が高いです。
 
ただ、プライバシーを侵害をしないために、ボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置するのは、自分と配偶者との共有の車である必要があります。

効果的な録音の仕方(2) 口論になりそうなときにスイッチを入れる

感情が高ぶっている場合には、冷静な判断ができず、ボロを出すことが考えられます。
 
そこで、口論になりそうになったら、ボイスレコーダー(ICレコーダー)で会話の内容を録音することがおすすめです。
 
口論の最中に本音が出たり、開き直って自分から話すこともありますので、すぐに録音ができるようにボイスレコーダー(ICレコーダー)を用意しておきましょう。

効果的な録音の仕方(3) 急増する”自宅連れ込み型”に対応できるよう寝室に設置

配偶者の留守を狙い、浮気相手を自宅に連れ込むことが考えられます。
 
自宅連れ込み型の浮気を録音するために、寝室にボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置することも効果的です。
 
ただ、別居されている方は、住居侵入罪などの犯罪が成立してしまう可能性があるため注意が必要。

浮気を録音、ボイスレコーダー(ICレコーダー)使用の際の注意事項5つ

ボイスレコーダー(ICレコーダー)の効果的な仕掛け方を紹介しましたが、相手方に絶対にばれないように設置をする必要があります。

そこで、ボイスレコーダー(ICレコーダー)の使用の際の注意事項を紹介します。

浮気の録音の注意点(1) 音声を拾おうとするあまり、目立つところに仕掛けバレる

ボイスレコーダー(ICレコーダー)の設置がばれてしまうと、浮気の録音ができず、重要な証拠をつかむことができなくなってしまいます。

そこで、音声を拾おうとするあまり、ボイスレコーダー(ICレコーダー)を目立つところに仕掛けてしまわないように注意しましょう。

浮気の録音の注意点(2) 自宅、自家用車、持ち物は些細な変化でも発見・警戒されやすい

自宅、自家用車、持ち物など普段からよく目にするものについては、些細な変化でも発見・警戒されやすいです。
 
自宅、自家用車、持ち物にボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置する場合には、気付かれないように細心の注意を払って設置するようにしましょう。

浮気の録音の注意点(3) バレてしまうとその後の証拠を掴むのは非常に困難

相手が油断をしている状況では、浮気の録音が比較的容易ですが、一度ばれてしまうと相手に警戒され、証拠をつかむのが非常に難しくなってしまいます。

そこで、一度でもばれたら終わりという気持ちを持って、細心の注意を払うようにしましょう。

浮気の録音の注意点(4) 自分の態度に出やすい

ボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置すると、ボイスレコーダー(ICレコーダー)の方に視線がいってしまうことも多くあります。

また、ボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置しているという後ろめたさから、挙動不審となってしまうこともあります。

ボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置しても、普段の態度で行動するようにしましょう。

浮気の録音の注意点(5) 専門家ではないので、証拠としての有効性が判断しづらい

専門家であれば、重要である証拠と重要でない証拠の判断が容易です。

浮気を録音しても、重要な証拠になるにもかかわらず、重要な証拠ではないと軽視してしまうこともあるかもしれません。

浮気の証拠としてなにが重要かを判断することに自信がない場合には、専門家に相談した方がよいかもしれません。

浮気を録音して証拠は十分?専門家に相談は不要?

浮気の録音に成功したからといって安心をしてはいけません。
 
録音は声だけですので、写真等がある方が証拠としてより強固であるといえます。
 
浮気調査について、自分でうまく行う自信がないという人も多いと思います。
 
そのような人は、専門家に相談して、浮気の証拠の収集を行うのがおすすめです。

実際に浮気を立証するには、録音だけでなく現場を押さえた写真も必要な場合が多い

録音はボイスレコーダー(ICレコーダー)の仕掛けられる場所が限定されてしまいますので、相手が自分の行動範囲の外で浮気に及んでいる場合には証拠収集をしづらいという欠点があります。
 
その場合には、現場の写真をおさえることが効果的ですが、現場写真の撮影は、一人でましてや素人が行うのは非常に難しいものです。
 
そこで、自分での浮気調査が難しいと思われる場合には、すぐに専門家に相談をするようにしてください。

離婚事由の立証には一度の浮気では不十分。探偵にご相談を

離婚事由の立証には、一度の浮気では必ずしも十分とはいえません。
 
「継続的な関係」がある場合の方が、離婚事由は認められやすい傾向にあります。
 
そのため、継続的に証拠収集を行っていくことが大切です。
 
浮気の証拠は、離婚事由となるだけでなく、離婚の際の慰謝料にも関わりますので、重要な証拠を長期的に収集する必要があります。
 
このような浮気調査は専門家でないと難しいのが現状ですので、浮気調査の際には探偵に証拠の収集を依頼するようにしましょう

浮気は確実、証拠や離婚について悩んでいる方は弁護士に相談を

探偵は証拠収集の専門家ですが、弁護士は法律の専門家です。
 
離婚を成立させたり、損害賠償請求を行うには、証拠の収集や浮気調査をしっかり行い、法律上の主張をしっかり行うことが大切です。
 
法律的な問題が生じた場合には、探偵だけでなく、弁護士にも相談をするようにしましょう。

浮気を録音で調査!ボイスレコーダーの選び方と仕掛け方3つのまとめ

いかがでしたでしょうか。相手の浮気が疑われる場合には、以下のことに気をつけて行動をするようにしてください。

・浮気の録音の際には、ボイスレコーダー(ICレコーダー)の性能と設置の方法に気を付ける。

・ボイスレコーダー(ICレコーダー)を設置した際には、相手に気付かれないように細心の注意を払う。

・浮気の証拠の収集などについては、一人で行わず専門家に相談をするようにする。 

探偵に相談する

<

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部