離婚による精神的苦痛の慰謝料は請求できる?請求の方法や相場は?

離婚で精神的苦痛をうけて慰謝料を請求したいと考えていませんか?でも、慰謝料の相場といっても精神的苦痛をどうお金に計算し直すのかはよくわからない部分が多いでしょう。そこで、わかりづらい慰謝料の相場や精神的苦痛が認められる場合について解説すると共に、離婚による精神的苦痛を理由とした慰謝料を手に入れる方法をご紹介します。

目次

離婚による精神的苦痛を理由に慰謝料請求できる?

離婚で精神的苦痛をうけたぶんを慰謝料で回収したい!」

その気持ち、わかります。

でも、慰謝料の相場といっても精神的苦痛をどうお金に計算し直すのかはよくわからない部分が多いのではないでしょうか?

わかりづらい慰謝料の相場や精神的苦痛が認められる場合について解説すると共に、離婚による精神的苦痛を理由とした慰謝料を手に入れる方法をご紹介します。

離婚による慰謝料について|定義と種類

離婚で受けた精神的苦痛について慰謝料を請求しようと考えた場合、慰謝料の相場や精神的苦痛の金額が気になりますよね。

慰謝料の相場や精神的苦痛をお金に換算する方法を見る前に、まずは慰謝料がどのような場合に発生するのかを確認してみましょう。

離婚による慰謝料とは

離婚による慰謝料とは、離婚によって被る精神的苦痛に対して支払われる損害賠償金のことをいいます。

そのため、離婚で受けた精神的苦痛による慰謝料は、離婚の原因を作った配偶者に請求できることになります。

慰謝料の相場は精神的苦痛の度合いや夫婦の関係性によって変わってくるのです。

離婚すれば必ず慰謝料が発生するというわけではない

離婚による精神的苦痛での慰謝料を考えるにあたって重要なのが、離婚すれば必ず慰謝料が発生するというわけではないということです。

慰謝料には

  • 配偶者の不貞や暴力など、離婚の原因となった行為そのものによって被った精神的苦痛に対する慰謝料(離婚原因慰謝料)
  • 離婚することそれ自体によって被った精神的苦痛に対する慰謝料(離婚自体慰謝料)

があります。

もっとも、離婚自体慰謝料のみが認められることは少なく、ほとんどの場合は離婚原因がある場合に双方が同時に認められることになります。

そもそも慰謝料の相場以前に、単に精神的苦痛を受けただけでは慰謝料請求が認められない場合もあるということに注意が必要です。

慰謝料の相場は離婚原因が何かによって変わってきます。

財産分与や養育費とは別の制度

慰謝料の相場を精神的苦痛からみる前に大切なのが、離婚での精神的苦痛による慰謝料は、財産分与や養育費とは別の制度だということです。

財産分与は夫婦が結婚している間に生み出した財産を分けることであり、養育費は子供が扶養される権利から生じるものです。

その一方で慰謝料は精神的苦痛を損害とするものです。

慰謝料が認められなくても財産分与や養育費が認められることは少なくありません。

慰謝料がもらえる相場感として精神的苦痛がどのレベルまで必要かの話は、財産分与や養育費とは別の話なのです。

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求ができる場合とは?

慰謝料請求には相場が問題となるだけでなく精神的苦痛が生じた状況を考慮した上で請求できるかをまず考える必要があります。

では、離婚による精神的苦痛の慰謝料請求ができる場合とはどのような場合でしょうか?

慰謝料が取れる相場感として精神的苦痛をどう考えるかにあたって、そもそも慰謝料が請求できる場合にあたるかをみてみましょう。

離婚原因を作った配偶者に請求できる

離婚で受けた精神的苦痛について慰謝料請求をする場合、離婚原因を作った配偶者に請求できることになります。

これは言い換えれば自分の側に原因がある場合、逆に慰謝料を請求されてしまう可能性があるということを意味するのです。

慰謝料の相場や自分の精神的苦痛について考えていたはずが「自分が逆に請求される側だった!」という場合も往々にして存在します。

慰謝料がとれるかの相場感は精神的苦痛の度合いではなく、精神的苦痛の原因を作りだしたのが誰なのかを明らかにすることで判断することができるのです。

双方有責の場合は責任の割合による

離婚で受けた精神的苦痛の慰謝料を請求したい場合、双方有責の場合は責任の割合によることになります。

そのため、この場合の慰謝料の相場は、精神的苦痛の度合いではなく、責任の度合いによって左右される部分が大きいことに注意する必要があります。

夫婦関係破綻後の不倫慰謝料は請求できない

相手の不倫を理由として離婚した場合に、夫婦関係破綻後の不倫慰謝料は請求できないため注意しましょう。

なぜなら、不倫により夫婦関係が破綻したといえず、損害や因果関係が認められないためです。

慰謝料が取れるかの相場感として、精神的苦痛ではなく原因が大事だというのがここで顕著に表れます。

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方と相場

離婚で受けた精神的苦痛による慰謝料を請求する場合、慰謝料の相場や決め方、精神的苦痛の評価はどのようになっているのでしょうか?

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方(1) 当事者同士の話し合い

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方として、当事者同士の話し合いによる方法が多くとられます。

慰謝料の相場的な金額や精神的苦痛の償い方、支払い方法について、法律による決まりはありません

そのため、慰謝料は夫婦で話し合って自由に決めることができるのです。

慰謝料の相場はないわけではないですが精神的苦痛がどの程度のものなのかは夫婦で決めることができるということです。

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方(2) 調停

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方として、家庭裁判所の調停で決めるという方法があります。

調停では、調停委員を介して離婚の方法や財産分与の話し合いができると同時に、慰謝料の話し合いもすることができるのです。

この場合、慰謝料の相場は精神的苦痛の度合いに加え判例などで蓄積されてきた相場感で調停委員が調整することが少なくありません。

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方(3) 裁判

離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の決め方として、裁判で決めるという方法があります。

調停が不調に終わると裁判へと手続きが移行します。

裁判では和解という話し合いとお互いの妥協によって決着をつけることもできますが、和解をしない場合は裁判官の判断によって金額が決定されることになります。

この場合、慰謝料相場は精神的苦痛の度合いに加えこれまでの判例の蓄積をベースにして、夫婦の財産状況などを考慮しながら裁判官が決めることになります。

参考|離婚による精神的苦痛の慰謝料請求の相場

離婚による精神的苦痛の慰謝料の相場は、精神的苦痛の程度もありますが50万円~300万円程度です。

もっとも算定の基準額は決まっていないため、個別具体的な事情によって金額は異なってきます。

調停や裁判では、相手の違法行為の内容・程度、精神的苦痛の程度、結婚の期間の長さ、相手方の収入などの諸事情を総合的に考慮して決定されることになります。

離婚による精神的苦痛の慰謝料をもらうための方法

慰謝料の相場は幅広く、精神的苦痛の度合いをどう考慮すべきかは判断が難しいことがわかりました。

では、離婚による精神的苦痛の慰謝料を確実にもらうためにはどのようなアクションを起こせばいいのでしょうか?

離婚による精神的苦痛の慰謝料をもらうために(1) 証拠を集める

慰謝料の相場が精神的苦痛の存在によって左右される以上、必要なのはどのようにして精神的苦痛が生じたかということを示す証拠です。

そのため、慰謝料をもらうためには証拠を集めることが大切です。

そうはいっても、証拠を素人が個人で集めるのは至難の技でしょう。

この場合、探偵に依頼して浮気調査をしてもらうことが簡単で確実な方法となります。

離婚による精神的苦痛の慰謝料をもらうために(2) なるべく早く請求を

慰謝料の相場は精神的苦痛の存在によって左右されますが、それよりも重要な点があります。

それが、離婚による慰謝料をもらうためには、なるべく早く請求をすることが必要だということです。

なぜなら、離婚による慰謝料は離婚成立後3年で時効にかかってしまうためです。

また、離婚後だと相手との協議が難しくなるため、離婚前に請求の準備をしておき、離婚と同時に請求をするのがベストです。

離婚による精神的苦痛の慰謝料をもらうために(3) 弁護士に相談を

慰謝料の相場検討や精神的苦痛の証明は一人でするのは大変ですよね。

そのため、離婚による精神的苦痛の慰謝料をもらうには早めに弁護士に相談することが大切です。

弁護士は離婚に関する法的な金銭トラブル解決のプロであるため、慰謝料の相場感や精神的苦痛に関する証明の方法のコツをもっているのです。

慰謝料請求に基準はないからこそ、適切な慰謝料をもらうためにも弁護士に相談しましょう

離婚による精神的苦痛の慰謝料は請求できる?請求の方法や相場は?のまとめ

離婚で生じた精神的苦痛への慰謝料を取れる見通しは立ちましたか?

慰謝料の相場は精神的苦痛の有無や度合いによって変動するため、自分一人で計算するのは難しいということもわかっていただけたかと思います。

せっかく慰謝料を請求するなら納得できる相場感で計算して精神的苦痛を受けた分をしっかり償ってほしいですよね。

離婚による精神的苦痛への慰謝料を請求したいときは早めに弁護士に相談することで、あなたに有利なように交渉してもらえることでしょう。

探偵に相談する

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部