離婚で立ち直れない!立ち直る方法は?

離婚から立ち直れないせいで悩んでいませんか?離婚は大変なだけでなくその後もつらい思いが続きますよね。離婚後なかなか立ち直れないという人は少なくありません。離婚後立ち直れない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?つらい離婚から立ち直る方法をご紹介します。

男女の事故・トラブル(1376)離婚(698)
目次

離婚でいつまでも立ち直れない人必見!離婚で立ち直る方法とは?

「離婚から立ち直れない…」

そんな悩みで苦しんでいませんか?

離婚は大変なだけでなくその後もつらい思いが続きますよね。

離婚後なかなか立ち直れないという人は少なくありません。

離婚後立ち直れない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

つらい離婚から立ち直る方法をご紹介します。

離婚から立ち直れない5つの理由とは?

離婚から立ち直れない理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

あなたに当てはまるものはありますか?

離婚から立ち直れない理由(1)  子供に会うことができない

離婚から立ち直れない理由として、子供に会うことができないというものがあります。

親権が取れず大事な子供に会えないというだけで、毎日を寂しく感じてしまう人は少なくありません。

離婚から立ち直れない理由(2) 子供に悪影響がないか心配

離婚から立ち直れない理由として、子供に悪影響がないか心配であるという場合もあります。

子供にとって、大事な両親が別々に暮らすことになるというのはショックな出来事なだけでなく、周りから何かを言われることもあります。

子供の気持ちを想像したり、子供が周りから冷たい目で見られることを心配して、気が気でなくなってしまうのです。

離婚から立ち直れない理由(3) 元の配偶者にまだ未練がある

離婚から立ち直れない理由として、元の配偶者にまだ未練があるということもあります。

一度はお互いに共に生きていくことを誓い合った二人です。

相手のことを中々忘れられないとしても不思議ではありません。

離婚から立ち直れない理由(4) 経済的に辛く、貧困で苦しんでいる

離婚から立ち直れない理由として、経済的に辛く、貧困で苦しんでいる場合があります。

これまでは夫婦二馬力で稼いでいたり、専業主婦・専業主夫であった場合には、いきなり自分だけで生計を立てるというのは難しいことですよね。

離婚から立ち直れない理由(5) 独り身であることに対する不安

離婚から立ち直れない理由として独り身であることに対する不安も挙げられます。

これから訪れる老後を考えると将来が不安になり、独身でいることに恐怖すら覚える人もいるのです。

離婚から立ち直る5つの方法とは?

離婚から立ち直れない場合、立ち直るためにはどうすれば良いのでしょうか?

離婚から立ち直る方法をご紹介します。

離婚から立ち直る方法(1) 仕事などに集中する

離婚から立ち直れないときは仕事などに集中するといいでしょう。

今生きているこの生活を大切にすることが過去のことを忘れることに役立ちます。

離婚から立ち直る方法(2) 家族、友人たちに話を聞いてもらう

離婚から立ち直れないときは家族、友人たちに話を聞いてもらうのもおすすめです。

離婚のつらさを自分一人で抱え込むのはつらすぎますよね。

積極的に周りの助けを求めることで、周りも安心してあなたに力を貸してくれるでしょう。

離婚から立ち直る方法(3) 再婚相手を探してみる

離婚から立ち直れないときは再婚相手を探してみるのも有効です。

たとえ別れてしまったとしても、結婚をするほどに相手を大切に思った経験は必ずあなたを成長させています。

成長したあなたを好きになってくれる人を探してみましょう。

離婚から立ち直る方法(4) 時間が経って忘れるのを待つ

離婚から立ち直れないときは時間が経って忘れるのを待つのもいいでしょう。

いますぐ立ち直らなければならないと自分を追いつめる必要はありません。

ゆっくり立ち直ることも人生です。

離婚から立ち直る方法(5) 趣味などに没頭する

離婚から立ち直れないときは趣味などに没頭するのもおすすめです。

自分が好きなことに好きなだけ打ち込むことで気分転換になることでしょう。

さらに、離婚のことだけを考えているなんて馬鹿らしいと感じるようになるかもしれません。

離婚から立ち直る期間を短くする方法とは?

離婚から立ち直る方法は様々なものがありました。

離婚から立ち直れないと悩んでいる場合、離婚から立ち直る期間を短くする方法も考えてみませんか?

離婚から立ち直る期間を短くする方法(1) 焦らないこと

離婚からなかなか立ち直れないときはまず、焦らないことが大切です。

下手に焦って思考の迷路にはまるよりは、リラックスして状況を受け入れ、時間の波がつらさを押し流してくれるのを待つのが良いでしょう。

離婚から立ち直る期間を短くする方法(2) ありのままの事実を受け入れること

離婚から立ち直れないときは、ありのままの事実を受け入れることに力を注いでみましょう。

離婚でトラブルになったことも、つらい気持ちでいることも、全て事実で現実です。

その上で、なんとなく新しい生活に溶け込んでいけばよいのです。

離婚から立ち直る期間を短くする方法(3) 離婚したことをできるだけ忘れること

離婚からなかなか立ち直れないときは離婚したことをできるだけ忘れることもおすすめです。

離婚した自分を受け入れられていない場合、離婚したことを思い出すだけでつらくなってしまいますよね。

離婚から立ち直る期間を短くする方法(4) ポジティブ思考になること

離婚からいまいち立ち直れないときはポジティブ思考になることを心掛けてみましょう。

離婚をすることで自分は新しい人生へと踏み出したのです。

また、離婚の経験は今後の人生を歩むうえで、人の気持ちに寄り添えるようになるなど自身の糧になることは間違いありません。

離婚から立ち直る期間を短くするには、時間が解決することも多い!

離婚からなかなか立ち直れないとしても、時間が解決してくれることは多いものです。

深く考えすぎず、いまここにある生活をしっかりと送ることが、離婚から立ち直るための時間を短くすることにもつながります。

離婚から立ち直るためには弁護士に相談するのもおすすめ!

離婚から立ち直れないと悩んでいるときは、誰かに相談するのもいいでしょう。

ここでおすすめなのが、法的問題の専門家である弁護士に相談することです。

離婚の立ち直り方(1) 子供の親権問題なら弁護士におまかせ

離婚から立ち直れない理由が、親権を取れなかったことにある場合は弁護士の出番です。

弁護士は親権取得のサポートをしてくれます。

裁判所の手続になると、親権が取れるかどうかはこれまでの裁判例などから判断されることになります。

裁判所は「子供のために誰が親権を取るべきか」を中心に判断するため、自分に有利な事情にどんなものがあるかを弁護士に聞いて証拠を集めることが大切です。

また、弁護士は面会交流の頻度や内容の交渉もしてくれます。

離婚の立ち直り方(2) 経済的な問題なら弁護士におまかせ

離婚をしてからお金が足りずに困っている場合は、離婚のときに貰えるはずだったお金をもらい損ねていないか調べなおしてみましょう。

弁護士は離婚で生じる慰謝料・財産分与・養育費の計算や請求をしてくれます。

法的お金の問題は、自分たちだけで決めると自分に不利になる場合もあるため弁護士に計算してもらうと良いでしょう。

離婚の立ち直り方(3) 弁護士に相談するのに費用はかからないの?

離婚の話し合いが不本意な内容でまとまってしまった場合、弁護士に相談すればもう一度調整できる可能性もあります。

でも、弁護士に相談するとお金がかかるんじゃないかと心配になりますよね?

実は、法テラスや自治体、弁護士会のイベントで無料相談をできることもあるのです。

離婚の立ち直り方(4) 無料相談所もある!

弁護士に相談したい場合、法テラスでは無料相談を受け付けています。

また、カケコムでは無料で弁護士とのマッチングをしてくれます

離婚の立ち直り方(5) 明るい未来のために必要な費用と時間

弁護士に依頼する場合、成功報酬などで費用が掛かってしまいます。

しかし、トラブルをトラブルのままこの先ずっと抱えていくよりは、さっさと解決してしまった方がずっといいですよね。

弁護士費用は明るい未来のために必要な費用だといえるでしょう。

離婚で立ち直れないときはこちらの記事もおすすめ

離婚で立ち直れない!立ち直る方法は?のまとめ

離婚から立ち直ることが難しいときは、まずは自分や現状を受け入れることが大切です。

しかし、つらい理由が離婚のときに自分に不利な取り決めをしてしまったせいだとしたら、泣き寝入りするのはもったいないと思いませんか?

親権やお金の問題で離婚から立ち直れないときは弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部