離婚を切り出した後の夫の反応別・適切な離婚の進め方5つ

離婚を切り出した後、夫がどう反応してくるかわからず不安になっていませんか?離婚の切り出し方は夫への対処スキルが問われる場面でもあります。特にモラハラ夫へ離婚を切り出す場合には細心の注意が必要であるといえるでしょう。旦那に離婚を切り出す場合のコツと反応ごとの話の進め方のポイントを解説します。

男女の事故・トラブル(1293)離婚(649)
目次

離婚を切り出した後はどうする?

離婚したいって言ったらなんて言われるだろう…?」

離婚をしたいと思いつつも、離婚を切り出した後に夫がどう反応してくるかわからず不安になること、ありますよね。

離婚の切り出し方は夫への対処スキルが問われる場面でもあります。

特にモラハラ夫へ離婚を切り出す場合には細心の注意が必要であるといえるでしょう。

旦那に離婚を切り出す場合のコツと反応ごとの話の進め方のポイントを解説します。

離婚を切り出した後の旦那さんの反応・離婚の進め方

旦那に離婚を切り出す場合で気になるのが旦那さんの反応ですよね。

離婚を切り出した後の夫の反応の想定パターンと、反応に応じた離婚の進め方をご紹介します。

離婚を切り出した後の旦那さんの反応(1) あっさりと受け入れる

離婚を切り出した後の旦那さんの反応として、あっさりと受け入れるパターンがあります。

この場合は離婚自体への合意は出来ているので、離婚の条件を交渉していくとよいでしょう。

お金や親権についての合意ができたらできる限り公正証書を作成するのがおすすめです。

離婚を切り出した後の旦那さんの反応(2) 拒否される・無視される

離婚を切り出した後の旦那さんの反応として、離婚を拒否される・無視されるパターンがあります。

この場合、離婚事由が認められなければ離婚できません

そのため、調停の申立てや弁護士への相談を検討していくことになります。

離婚を切り出した後の旦那さんの反応(3) 考え直すよう説得される

離婚を切り出した後の旦那さんの反応として、考え直すよう説得されるパターンがあります。

これは実質的には拒否と同様だといえるでしょう。

そのため、調停の申立てや弁護士への相談を検討していくことになります。

離婚を切り出した夫婦のその後

勇気をもって切り出した離婚話。

では離婚を切り出した後、夫婦関係はどのように変化するのでしょうか?

離婚を切り出した夫婦のその後(1) いつも通り

離婚を切り出した後でもいつも通りの生活が続く場合もあります。

特に、離婚を切り出した後も普通に会話がされた場合や話し合いによって結婚生活を続けることが決まった場合など、一時の感情だったとみなされる場合に少なくありません。

離婚を切り出した夫婦のその後(2) 会話もなく気まずい

離婚を切り出した後は会話もなく気まずい状態になる場合は少なくありません。

夫としても、離婚を切り出した後の妻とどのように接すればいいかわからない状態だといえるでしょう。

離婚を切り出した夫婦のその後(3) 大喧嘩になる

離婚を切り出した後、大喧嘩になる夫婦もあります。

普段から言い合いが多かったり、喧嘩をしがちな夫婦の場合は、離婚を切り出した後に大喧嘩になることを想定しておくとよいでしょう。

離婚を切り出した夫婦のその後(4) 逆に仲良くなる

離婚を切り出した後、逆に仲良くなる夫婦もあります。

離婚したい理由や日頃の不満を話すことで、問題が解決する場合があるためです。

特に普段お互いに黙って我慢している場合には、離婚を切り出した後の方が会話も増えて関係性が改善し、離婚しなくなるケースもあります。

離婚を切り出した夫婦のその後(5) 別居・離婚へ

離婚を切り出した後、別居や離婚へと動いていく夫婦もあります。

大きく揉めることもなく、粛々と離婚へ向かって進んでいくパターンです。

夫への離婚の切り出し方!5つのポイントとは

離婚の切り出し方は夫への対処法が問われる場面でもあります。

夫に離婚を切り出す際のポイントをご紹介します。

夫への離婚の切り出し方(1) 証拠収集をしておく

夫へ離婚を切り出す前に、証拠収集をしておくことが大切です。

なぜなら、相手が離婚に同意しない場合は調停や裁判で離婚事由の立証が必要となってくるためです。

そのため、モラハラが原因で離婚を切り出す場合や、夫の浮気、DVが理由の場合など、相手に離婚原因がある場合は、確固たる証拠を準備しておくことが大切です。

証拠を確保する前に切り出してしまうと証拠を隠蔽され、離婚・慰謝料請求で不利になることもあります。

離婚を切り出した後のことを考え、証拠確保をしっかりと行うことが重要です。

夫への離婚の切り出し方(2) もめそうな場合はあらかじめ弁護士に依頼

離婚を切り出した後でもめそうな場合はあらかじめ弁護士に依頼しておくことが大切です。

離婚すること自体でもめる場合だけでなく、お金や親権についてもめる可能性が少しでもある場合は、弁護士に相談しておくとよいでしょう。

また、夫が逆切れして暴力を振るってきそうな場合は、弁護士に代わりに離婚を切り出してもらうというのも一つの方法です。

夫への離婚の切り出し方(3) ICレコーダーなどで録音する

離婚を切り出した後、揉めたり暴言があることが予想されるときはICレコーダーなどで録音することが有用です。

話し合いの状況を録音しておけば、何かあったときのための資料にすることができます。

夫への離婚の切り出し方(4) タイミングを見計らう

夫へ離婚を切り出す場合、タイミングを見計らうのも大切です。

お互いの時間がとれるタイミングで、お互いがあまり疲れていないときの方がよいでしょう。

特に離婚を切り出した後で喧嘩になりそうな場合は、家計や養育の問題など今すぐ話し合いが必要な問題の話を済ませてからの方がおすすめです。

夫への離婚の切り出し方(5) 感情的にならずに落ち着いて

夫に離婚を切り出すときは感情的にならずに落ち着いて話をしましょう。

あなたが落ち着いて話をできるかどうかで、離婚を切り出した後の夫の反応が感情的になるかどうかがかわってくるといっても過言ではありません。

旦那に離婚を切り出すなら

離婚を切り出した後について心配が募ることもありますよね。

旦那に離婚を切り出す場合に頼れる相談先はあるのでしょうか?

弁護士に相談しましょう

離婚を切り出した後にトラブルになることが予想される場合に頼れるのが、離婚問題の解決の専門家である弁護士です。

  • 不倫・浮気・DV等の証拠を集めたい 
  • 離婚を切り出したら暴力や暴言をうけるおそれがある
  • より有利に離婚したい

という場合、離婚問題に強い弁護士に相談のうえで離婚を進めていくのがおすすめです。

また、あなたが望めば弁護士はあなたの代理人として、あなたの代わりに旦那さんと話し合ってくれます。

離婚の進め方についてはこちらの記事もおすすめ

離婚を切り出した後の夫の反応別・適切な離婚の進め方5つのまとめ

離婚を切り出した後の夫の反応によって離婚話をどう進めていくかのコツが変わってくることがわかりました。

離婚話でもめることが明らかな場合は、あらかじめ夫に不利になる証拠を集めておいたり、弁護士に相談することが有用です。

離婚に関するトラブルは時間と共にこじれて面倒になっていくことが少なくありません。

離婚を考えたら早めに弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部