離婚したらその後の人生はどうなる?離婚を踏み出せない人へ

離婚のその後の人生は、幸せになれるものなのでしょうか。離婚をしたいと思っている女性はたくさんいますが、いざ離婚となると、様々な不安がよぎるものです。離婚をしたその後の手続きや不安、生活について前もって知っておくことで、離婚のその後に抱える不安を少しでも和らげましょう。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

弁護士に相談する

離婚したその後の人生って?離婚で幸せになれる?

たとえ離婚したいと思っても、その後の人生に不安があれば、一歩踏み出せなくなるのは当然ですよね。
 
離婚をするのはやむを得ないことですが、その後の再出発に不安を抱えたままでは幸せにはなれないかもしれません。
 
離婚後のその後の人生を幸せにするためには、手続きや決め事を把握してく必要があります。

離婚したその後の再出発と幸せのために!離婚の決め事・手続きについて知ろう!

離婚をしたその後の人生を再出発するためには、様々な手続きを行わなければなりません。具体的に見ていきましょう。

離婚と再出発の際、必要な決めごと(1) 慰謝料

離婚のその後の人生において、慰謝料請求は大切です。

結婚生活の中で不倫やDVなど慰謝料をとれる離婚事由がある場合には、慰謝料請求を行い、離婚のその後の生活費に充てることもできます。

離婚と再出発の際、必要な決めごと(2) 住宅ローン

結婚中の住宅ローンが残っているのなら、離婚のその後どのようにするのか話し合う必要があります。

折半なのか、それとも相手が持つのか、納得できるまで意見を主張しましょう

離婚と再出発の際、必要な決めごと(3) 財産分与

離婚の際には財産分与が行われます

離婚のその後の生活費にも充てることができるので、正しく財産分与を行い後々トラブルにならないようにしましょう。

離婚と再出発の際、必要な決めごと(4) 年金と退職金

離婚のその後の人生を再出発させるためには、年金と退職金についても決めておく必要があります。

離婚のその後幸せになった人は、お金のトラブルがないケースがほとんど。

納得できるまで話し合いましょう。

離婚と再出発の際、必要な決めごと(5) 婚姻費用

婚姻費用とは、結婚期間中の生活費のことです。

たとえば離婚までの間に別居期間があったとしても、配偶者はあなたに婚姻必要を支払う義務があります。

離婚のその後の生活費にもなるので、婚姻費用を請求することも忘れないようにしてください。

離婚と再出発の際、必要な決めごと(6) 親権

子供がいる場合、親権について決めておくことも重要です。

多くの場合女性が親権を獲得することがほとんどですが、特に相手が親権を主張しているのであれば、きちんと話し合う必要があります。

離婚と再出発の際、必要な決めごと(7) 養育費

離婚のその後の生活において、子供がいるのなら養育費も大きなポイントとなります。

養育費は子供を育てるにあたり必要なお金です。

子供の権利でもあり、離婚のその後の人生を子供と歩む上で必ず請求しなければなりません

離婚、その後|離婚後幸せになった!と言うための離婚前準備とは?

離婚のその後の人生が幸せになったと言うためには、前もって離婚の準備をしておく必要があります。

 幸せをつかむ離婚前の準備(1) 周りに何を言われてもブレない心の準備

離婚について少しでも不安があるのなら、心の準備が必要です。

離婚の手続きをしていく中で、周りに何を言われてもブレない覚悟がなければ、不安になったとき前に進めなくなってしまいます

幸せをつかむ離婚前の準備(2) 経済的自立のため、職を得る

特に専業主婦の場合、離婚のその後の人生を幸せになったと言うためには、収入を安定させる目途をつけておきましょう。

収入がなければ経済的に自立できませんし、再出発することも難しくなります。

幸せをつかむ離婚前の準備(3) 子供に反発されることを予想しておく

子供はなぜ離婚したかで反発するより、片親になる、その後血縁のない義理の親ができるかもしれない、この二点で反発を起こす可能性があります。

このことは都度、子供の反発を受けると覚悟しなくてはなりません

幸せをつかむ離婚前の準備(4) 離婚についての知識を得る

離婚についての知識があまりないと金額の相場もわからず相手の都合のいいようにされてしまい離婚その後、後悔する可能性が高いです。

離婚のその後の人生を後悔しないためにも、離婚についての知識を付けておきましょう。

幸せをつかむ離婚前の準備(5) 離婚後の生活について具体的に考えてから離婚届を提出する

感情ですぐ離婚届を出すのは後悔のもと。

生活費、子育て、頼れるところなど具体的にイメージしておくことも大切です。

離婚のその後の人生を普段から考えておきましょう。

離婚、その後|離婚直後の手続きってなにがある?

離婚のその後、必要な手続きについても知っておきましょう。様々な手続きは面倒でもありますが、必ず行わなければなりません。

離婚直後の手続き(1) 住民票異動届、世帯主変更届を提出

離婚のその後の手続きには、まず住民票を異動し、世帯主を変更する必要があります。

戸籍を異動させ、さらに世帯主を自分自身または両親と同居であれば親の名前などにしておきましょう。

離婚直後の手続き(2) 国民健康保険

今まで配偶者の控除になっていた人も、離婚をすれば自ら国民健康保険に加入する必要があります。

国民健康保険の加入をするためには新しい住居の役所へ出向かなければなりません

前もって調べておくと安心です。

離婚直後の手続き(3) 児童手当

未成年の子供がいる場合、離婚その後手続きには、児童手当の変更手続きも忘れてはなりません。

振込口座の変更や受取人の変更、また金額についても再度確認をしておきましょう。

支払日も自治体によって異なるので把握しておいてください。

離婚直後の手続き(4) 保育所への申し込み

子供がいる場合には、新しい保育園へ申し込む必要があるかもしれません。

保育所への申し込みはすぐに行えますが、入園が可能かどうかは不明です。

待機児童なども含め、子供の保育園についても調べておきましょう

離婚直後の手続き(5) 国民年金、社会保険

離婚その後の手続きには、国民年金や社会保険の変更も含まれます。

今までは配偶者の扶養であった場合も、これからは自らが国民年金や社会保険に加入しなければなりません

離婚直後の手続き(6) 印鑑の登録変更

印鑑登録をしている場合には、離婚その後に新しく印鑑登録を行う変更手続きが必要になります。

苗字が変更になる人は、新しい印鑑を作らなけばなりません。

離婚直後の手続き(7) 住所変更

離婚その後の住所が決まれば、各種窓口で住所を変更しましょう。

たとえば車やカード、保険など、様々な契約において住所変更をしなければなりません。

その際、苗字や電話番号にも変更があれば、忘れず行っておきましょう。

離婚、その後|離婚とその後の人生、あなたは何をする?

離婚その後の人生を幸せにするためには、あなたは何をしますか?新しい希望を持つことで、離婚その後の人生が楽しみになりますよ。

離婚後の人生(1) 仕事にやりがいを持ち年収アップ!

離婚その後の人生では、仕事に時間を費やし、年収アップを目指すという目標を持つのもよいでしょう。

今までは配偶者に尽くしていた時間を仕事に使うことで、経験もスキルも磨いてください

離婚後の人生(2) もっと素敵な人と再婚!

離婚その後の人生を今よりも幸せになるため、もっと素敵な人と再婚をする!という目標を持つのもよいですね。

新しい出会いに積極的になることは、離婚その後の人生を元気にスタートできるきっかけにもなります。

離婚後の人生(3) 結婚するために諦めていた夢や目標を叶える!

結婚をすることで、諦めていたことがある女性は多いのではないでしょうか。

誰にも言わず諦めていた夢や目標、やりたいことを実現するのも、離婚のその後の人生を充実させることに繋がります。

離婚、その後|離婚について相談したいときは…

離婚のその後の人生を元気に再出発するためには、誰かに相談するのもおすすめです。
 
話を聞いてもらうだけで、気持ちが前向きになります。

離婚の相談先(1) 離婚経験のある友人

実際に離婚を経験している人なら、これから離婚をするあなたの気持ちを分かってくれる可能性が高いでしょう。

離婚経験のある友人に相談をすることで、離婚その後に不安を解消できるきっかけになるかもしれません。

離婚の相談先(2) 離婚等を扱っている専門機関

離婚その後の人生においても不安を、専門機関に相談するのもおすすめです。

今では電話で受けられる離婚カウンセリングなどもあるので、自分に合った相談機関で話を聞いてもらいましょう

離婚の相談先(3) 離婚問題に強い弁護士

離婚その後の人生において、法的な不安があるのなら、離婚問題に強い弁護士に相談しておくと安心です。

お金や子供のこと、各種手続きなどで少しでも不安があるのなら、弁護士に相談をし、法的に正しい解決手段を導いてもらいましょう

離婚のその後についてはこちらの記事もおすすめ

離婚したらその後の人生はどうなる?離婚を踏み出せない人へのまとめ

離婚のその後の人生を幸せにするためには、離婚前から離婚についての知識を深めておくことが大切です。

離婚への不安を解消しておくことで、その後の人生をスムーズに再出発してくださいね。

少しでも不安が残るなら、弁護士に相談をし対処法を教えてもらいましょう

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部