カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
男女問題 離婚

離婚を夫から切り出されたときの対処法を5つご紹介します。

「唐突に離婚を夫から切り出された。」予兆の無い突然の出来事だったら困りますよね。ですが実際のところ、夫から離婚を言い出された場合、かならず離婚しなくてはいけないのでしょうか。今回は離婚を夫から切り出された場合の対処法をご紹介します。

離婚を切り出されたときの対処法

\無料相談受付中!/ 無料で相談受付中! 1分で弁護士に相談

 

離婚を切り出されたら、必ず離婚しなくてはいけないのか

対処法を実践する前に、まずは離婚を夫から切り出された場合にかならず離婚しなければいけないのかを知りましょう。ここでは離婚を拒否できる判断基準をお伝えします。

 

離婚は拒否できるか(1) 法律上の離婚原因はあるか

離婚を夫から切り出された場合、法律で認められる離婚原因があると離婚を拒否できない可能性があります。法律で認められる離婚原因(法定離婚事由)とは以下の五つのことをいいます。

民法770条1項

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

あなたに上記のうち該当するものがなければ、仮に裁判まで行ったとしても離婚は拒否できる可能性が高いといえます。ですが、該当するかどうかの判断は簡単ではなく、特に五号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」は専門家でも簡単に判断できません。不安な方は弁護士に離婚を拒否できるかどうか、意見をもらいましょう。

 

 

離婚は拒否できるか(2) 離婚事由がある場合

もし上記の五つの離婚理由に該当する状況がある場合、基本的に拒否は難しいでしょう。ただし、夫の覚悟次第とも言えます。
 
なぜなら前述の法律で認められる離婚理由は、話がこじれて離婚裁判を行うときに必要となる根拠であり、夫婦だけで離婚の話し合いをするだけなら、あなたが離婚届に署名捺印をしなければ離婚は成立しないからです。
 
ただし、夫の意思の固さによっては裁判まで見据えている可能性ももちろんあります。さきほどの法律に当てはまる状況があり、そして夫が調停はもちろん裁判まで考えている可能性もある場合、早めに弁護士に相談して対処法を検討するとともに、念の為に離婚後の生活設計を考えておいたほうが良いでしょう。
 

\無料相談受付中!/ 無料で相談受付中! 1分で弁護士に相談

 
 

 

夫から離婚を切り出されたときの対処法5選

もし離婚を夫から切り出され、拒否できるか不明な場合に、すこしでも離婚を回避する可能性を上げるためにはどう対処すればいいのか、見ていきましょう。

 

離婚を切り出されたら(1) 弁護士に相談する

離婚を切り出されたら、とにかく早く、一度は弁護士に相談をしておきましょう。夫から離婚を切り出されてもあなたが離婚したくない場合、行動が遅いほど、選択肢がなくなっていきます。

弁護士に相談すれば、さきほどご紹介した法律で認められる離婚理由の確実な確認や、今後の見通しについてアドバイスをしてもらえるので、自分が行動するべき道筋を示してもらえることでしょう。相手が弁護士をつけてくるような事態にも備え、早めに相性の良い先生を見つけておきましょう。

 

 

離婚を切り出されたら(2) 夫が離婚したい原因を改善

離婚を夫から切り出されてしまったら、夫に離婚したいと思わせた原因を改善するようにしましょう。すぐに改善することができなくても、努力する姿勢を見せるだけで離婚への猶予が生まれる可能性もあります。

離婚を申し立てる原因のランキングと、どういった理由であれば離婚が認められるのかについては、「離婚の原因ランキングと、どのような原因なら離婚が認められるのかを弁護士が解説」という記事で弁護士により解説されていますので、気になる方は併せてご確認ください。

 

 

離婚を切り出されたら(3) 経済状況の確認

夫と離婚後の経済状況を確認しましょう。離婚が成立したら財産分与をすることになりますが、すべてが夫のものになるなんてことはありません。結婚後に得た財産は夫婦が協力しあって築いた、と考えられるので基本的には半分ずつ分け合います。夫は自分名義のものは自分が持つ、というふうに楽観的に考えている可能性があるので、財産の分け方の確認を通じて相手に踏みとどまらせることができるかも知れません。

 

 

離婚を切り出されたら(4) 証拠を確保する

離婚を夫から切り出してきた場合で、夫の不倫が原因だと考えられる場合は証拠を確保することが大切です。原則、法律上は不倫をしている配偶者からの離婚請求は認められませんので、もし可能性があれば無理のない範囲で調べてみましょう。

 

 

離婚を切り出されたら(5) 職探し

最悪のケース、つまり離婚に備える意味を込めて、現在のあなたの経済状況を確認し、離婚後にどういった生活を送りたいか考え、必要であれば仕事探しもしておくべきです。「なんとかなる」と楽観的に考えず、打てる手は打っておきましょう。

\無料相談受付中!/ 無料で相談受付中! 1分で弁護士に相談

 

 

 

離婚を切り出されたら、こちらの記事もおすすめ

 

 

 

離婚を夫から切り出されたときのまとめ

いきなり離婚を夫から切り出されると、突然のことで気が動転されるかもしれません。お伝えしてきたとおり、まずは離婚を拒否できる状況にあるのかを確認し、拒否が難しい場合は少しでも離婚を回避できるように行動していきましょう。

もしも、あなたに離婚原因があるなどして離婚を避けるのが難しい場合、はやめの弁護士相談が大事です。

\無料相談受付中!/ 無料で相談受付中! 1分で弁護士に相談

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費