離婚の決め手は?離婚経験者が離婚を考えたきっかけ7選

離婚したいと思っても決め手がない…という人は多いのではないでしょうか。離婚をするきっかけとなる決め手には、どのようなものがあるのか見てみましょう。実際に離婚した人が語る、離婚の決め手やきっかけ、離婚を決断した理由とは?

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

弁護士に相談する

離婚の決め手は?

離婚をするかどうか迷っているという人は、まだ離婚の決め手が見つかっていないのではないでしょうか。

実際に離婚をしている人達は、離婚のきっかけや決断するに至った具体的な理由があるはずです。

離婚すべきか悩んでいる人は、離婚の決め手について一度考えてみましょう。

離婚の決め手は?みんなの離婚のきっかけ7選!

離婚の決め手になることが多い、きっかけにはどんなものがあるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

離婚のきっかけ(1) 浮気相手がいることがわかったから

離婚のきっかけになるのは、浮気相手がいることが分かったのが決め手になったというパターンは多くあります。

浮気疑惑があった中で、浮気相手がいることが判明すれば、それは離婚を決断するきっかけになるはずです。

離婚のきっかけ(2) 性的不一致を感じたから

結婚をしてみると性的な不一致を感じ、それが離婚のきっかけになったという人も多いでしょう。

夫婦にとって性生活は大切なことですが、共有できない性生活は辛いものとなる可能性が高いです。

離婚のきっかけ(3) 金銭感覚が合わないから

生活する上で金銭感覚が合わないと、すれ違いのきっかけにもなりやすく、離婚にも繋がりやすいでしょう。

普段からお金のことで揉めている夫婦は注意が必要です。

離婚のきっかけ(4) 暴力・モラハラがあったから

離婚をするきっかけとして、暴力やモラハラがあったという人もいるでしょう。

配偶者からの一方的な暴力やモラハラは、離婚事由としても認められるケースがあります。

離婚のきっかけ(5) 家事・育児への不参加

普段から子供の面倒を見てくれない、家事に協力してくれないなど、家事・育児への不参加が離婚のきっかけになることもあります。

仕事が忙しいとは言っても、家事・育児への不参加が続くと夫婦の溝ができやすいのです。

離婚のきっかけ(6) 配偶者の家族とのトラブル

結婚生活においては、配偶者の家族との関係も重要になります。

配偶者の家族との間にトラブルがあると、それが離婚のきっかけになる可能性も十分考えられるでしょう。

離婚のきっかけ(7) 重大な病気になった

どちらかが重大な病気にかかったため、結婚生活を続けられないと判断し、離婚のきっかけになる夫婦も中にはいるようです。

症状によっては、離婚を回避できないパターンも考えられます。

離婚の決め手9選!離婚を決断した理由とは?

悩んだ時期が続いた後に、「離婚する!」と決断するための、離婚の理由についても詳しく見ていきます。

離婚を決断した決め手(1) 相手の意思の強さに折れた

離婚の決め手として、相手の離婚への意志の強さに折れたという人は意外と多いものです。

初めは反対していても、相手の離婚への意志が強い場合、折れる以外の選択肢がないという状況もあるのです。

離婚を決断した決め手(2) 離婚後の仕事が決まった

離婚後の生活が不安で離婚を決断できないという人も、離婚後の仕事が決まれば、離婚を決断できる決め手になるでしょう。

離婚後の生活を安定させるためには、仕事があるかどうかは重要なポイントとなります。

離婚を決断した決め手(3) 離婚後の住まいが決まった

離婚後の生活の拠点をどこにするのかも、大切なことです。

離婚後の住まいが決まったことが、離婚の決め手となる人もいるはず。

不安なく離婚後の生活をスタートする決め手となります。

離婚を決断した決め手(4) 配偶者と浮気相手の間に子供ができた

配偶者に浮気相手がいた場合、さらに子供までできたとなると、それは離婚を決断する大きな決め手になるはずです。

ただでさえ浮気は裏切り行為であるにも関わらず、子供ができたとなると追い打ちをかける形で離婚の大きなきっかけになるでしょう。

離婚を決断した決め手(5) 子供が離婚に納得した

子供がいる夫婦の場合、子供の意見を尊重して離婚を躊躇するパターンもありますよね。

子供が離婚に納得したタイミングで離婚を決断できるという人も多くいるでしょう。

離婚を決断した決め手(6) 子供から手が離れた

子供が小さいうちは、どうしても離婚を決断できないという人が多いはず。

ある程度子育てが落ち着き、子供から手が離れたことで離婚を決断できるというパターンも考えられます。

離婚を決断した決め手(7) 自分にも好きな人ができた

配偶者に浮気相手がいる場合、自分にも好きな人ができたことが、離婚を決断できる決め手になることもあるでしょう。

すぐに再婚はしなくとも新しい恋愛は新たな人生のスタートを切るきっかけになるのではないでしょうか。

離婚を決断した決め手(8) 離婚した知人が幸せそうに見えた

周囲に離婚をして幸せになった人を見ると、後押しされる形で離婚を決断できるかもしれません。

離婚に対して不安があったとしても、実際に離婚した人が幸せそうに見えたなら「自分も幸せになれるかも」と感じるものです。

離婚を決断した決め手(9) 家族や友人に後押しされた

結婚や離婚を決断する際、家族や友人の意見が大きく関係するという人もいるはず。

離婚についても、家族や友人に後押しされれば、安心して決断できるというパターンもあるのではないでしょうか。

離婚の決め手が当てはまったら、弁護士にご相談を!

離婚するか迷っていたけれど、きっかけや決め手があって決断できた!
その場合には、スムーズな離婚を実現するためにも専門家を味方に付けましょう。

弁護士がサポートしてくれること(1) 離婚協議

離婚協議に関しては、お金や子供のこと等様々なことを話し合わなければなりません

自分にとって離婚を有利に進めるためには、専門家の経験や知識を頼るのが一番です。

弁護士がサポートしてくれること(2) 離婚調停

離婚調停においても、専門的な知識は欠かせません

調停では弁護士が代理人となってくれますので、安心して離婚の手続きを行えるでしょう。

弁護士がサポートしてくれること(3) 離婚裁判

話し合いで決着がつかない場合には離婚裁判となりますので、ここでも専門家のサポートが不可欠となります。

弁護士がお金や子供のことに関して、あなたが有利になるよう法的にサポートしてくれるはずです。

離婚の決め手についてこちらの記事もおすすめ

離婚の決め手7選と決断したきっかけ9選のまとめ

離婚の決め手には様々なものがあり、また離婚を決断するきっかけも、それぞれ異なります。

離婚を決断するのは勇気がいることでもありますが、自分が納得できる決め手やきっかけがあるのなら、前を向いて進めるはず。

離婚の決め手がありいざ決断したののなら、専門家に相談しながら離婚の第一歩を踏み出しましょう

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部