離婚は苦しい?辛い離婚の後悔を乗り越えるための方法3つ

離婚をすると苦しいのではないか…と思い、離婚を踏みとどまっていいませんか?離婚は苦しいし辛いものだという印象を持つ人は多くいますが、せっかく離婚するのであれば、前向きに乗り越える方法も知っておきたいですよね。離婚を苦しいものにするのではなく、乗り越えるためにはどうすればいいのでしょうか。
 

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

弁護士に相談する

離婚はやっぱり苦しい?

離婚は苦しいと感じる人は、一体どうしてそう感じるのでしょうか?
 
離婚に対してネガティブな苦しいという印象があると、なかなか離婚を決断できないですよね。
 
離婚が苦しいと感じる理由を探りながら、離婚を乗り越える方法についても見ていきましょう。

離婚は苦しい!そう感じた人の7つの理由とは?

離婚をしたいけれど、いざ離婚すると新たな苦しい状況になりそう。
 
では、なぜそう感じるのか?具体的に探っていきます。

離婚が苦しい理由(1) 寂しい

離婚をすると、当然ながら配偶者との生活は終了します。

そんな離婚後の生活が寂しくなり、苦しいと感じるのではないか、と考える人は多くいるようです。

寂しさを我慢できる自信がないのかもしれません。

離婚が苦しい理由(2) 離婚後の手続きが大変

離婚は、結婚のときよりも手続きが多くて大変だと言われています。

離婚が苦しいと感じるのは、そんな離婚に関する手続きが大変だというイメージがあるからかもしれません。

様々な窓口であらゆる書類を準備するのは、少し面倒であるともいえます。

離婚が苦しい理由(3) 生活が大変

離婚が苦しいのは、離婚後の生活に不安を感じているからではないでしょうか。

特に収入の低い一方は生活水準が下がることが多いので、離婚後の生活に対するイメージが苦しいとなりがちです。

離婚が苦しい理由(4) 世間体が悪い

離婚は世間体が悪いということが理由で、離婚が苦しいと感じる人もいます。

普段から世間体を気にする人や、会社や友人同士、親戚関係の中でも「どう思われるか」と考えやすい人ほど離婚後の世間体について苦しい思いをする可能性があります。

離婚が苦しい理由(5) 子供と離れ離れになってしまった

離婚をすると、どちらか一方は子供と離れて生活することになります。

子供と離れ離れの生活を苦しいと感じ、離婚を躊躇する人も少なくないでしょう。

離婚が苦しい理由(6) 元夫が再婚してしまった

離婚が苦しいのは、離婚後に元夫が再婚してしまったからかもしれません。

前の配偶者が再婚してしまうと、わずかな望みもなくなり、ショックを受けることも考えられます。

離婚が苦しい理由(7) 子供がショックを受けている

離婚に関して、子供がショックを受けてしまうと、親としても「離婚は正解だったのか」と苦しい思いをすることになるでしょう。

離婚は子供にとっても重大な出来事になるので、気がかりな点になります。

離婚うつ?辛い離婚の後悔を乗り越えるため方法3つ


離婚を後悔し、苦しい・辛い思いを乗り越えるためにはどうすればいいのでしょうか。離婚うつを避けるための方法を知っておきましょう。

離婚うつの乗り越え方(1) 時間が解決してくれるのを待つ

離婚当初は、まだ苦しいという気持ちがあり、辛い日々かもしれません。

しかし、時間が過ぎれば、徐々に新しい生活の中で楽しさも見えてくるはずです。

時間が解決してくれると信じ、前向きに生活していくことは大切なことといえます。

離婚うつの乗り越え方(2) 好きなことをして過ごす

離婚で苦しいという気持ちがあったとしても、できるだけ好きなことをして過ごし、乗り越えていくことも大切です。

離婚の苦しいことばかりを考えるのではなく、楽しいことを見つけて過ごしましょう

離婚うつの乗り越え方(3) 仕事や子育てに集中して取り組む

離婚をすれば配偶者との辛い生活を終えられるのですから、仕事や子育てなど、新しい生活に集中することができます。

自分のペースで生活を送ってみてください

離婚で後悔しないために!離婚前に考えるべきこと5つ

離婚後に苦しい思いをしたり、後悔しないためには、離婚前に将来のことを計画的に考えておく必要があります。

離婚前に考えるべきこと(1) じっくり考えて決断を出す

離婚は人生においても重大なポイントになることが多いので、簡単に決断するのではなく、じぅくり考えてから結論を出しましょう。

感情的にならず客観的にも考えながら「離婚するべきかどうか」について時間をかけて考えてみてください

離婚前に考えるべきこと(2) 離婚後の仕事を早めに探す

離婚後の生活が不安定なままだと、離婚で苦しい思いをしたり後悔しがちです。

前もって離婚後の仕事を確保しておくことで、前向きに離婚を乗り越えることができるでしょう。

離婚前に考えるべきこと(3) 離婚後の経済状況を計算しておく

離婚後、新しい生活ではどれくらいのお金が必要なのか、前もって調べておくことも大切です。

離婚後のお金で苦しい思いをしたり後悔する人は多いので、経済的にも安心できる環境を作っておいてください。

離婚前に考えるべきこと(4) 離婚後の手続きを確認しておく

離婚に関する手続きにも様々なものがありますので、前もって段取りしておくと安心です。

児童扶養手当や自治体によって変わる手続きなどもあるはずなので、必要な書類などもまとめておくとスムーズでしょう。

離婚前に考えるべきこと(5) 子供の意見に耳を傾ける

離婚してから子供の意見を聞くのではなく、離婚前から子供の意見は聞いておきましょう。

子供の気持ちをフォローすることは、離婚後の生活をスムーズに始めるためにも大切なこと。

少しでも子供が不安なようであれば、子供が安心できるまできちんと向き合ってください

後悔しない離婚のために弁護士にご相談を!

離婚後に苦しい思いをして後悔しないためには、専門家である弁護士の力を借りましょう。

弁護士に相談するメリット(1) 協議離婚をサポートしてもらえる

協議離婚においては、法的に自分が損をしないためにも、弁護士のサポートを受けることをおすすめします。

お金や子供のことで損をしないためにも、冷静に協議することはとても大切です。

弁護士に相談するメリット(2) 顔を合わせることなく離婚相手との交渉を代理してもらえる

離婚話を相手とするのも辛い、という場合にも、弁護士に頼ることができます。

離婚の交渉を弁護士は代理人として行ってくれますので、顔を合わせる必要もないのです。

弁護士に相談するメリット(3) 専門知識を使って親権や財産分与を争える

離婚する際にはお金や子供のことが大きく関係するので、専門知識が不可欠です。

親権争い、財産争いになっても自分が不利にならないよう、頼れる弁護士に相談しておくことは大切なことです。

離婚が苦しいと思ったらこちらの記事もおすすめ

離婚は苦しい?辛い離婚の後悔を乗り越えるための方法3つのまとめ

離婚は苦しいと感じるのは、様々な不安がある証拠です。

離婚後の生活を安心してスタートするためには、離婚前からの準備も少なからず必要

子供のことやお金のことをきちんと整理するためにも、専門家に相談しながら、離婚を前向きに乗り越えていきましょう

法的な知識がないまま離婚に望むのは、離婚後に後悔したり苦しい思いをすることに繋がります。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部