離婚によるダメージの原因11選|ダメージを軽減するには?

離婚でダメージを受けていませんか?離婚準備に疲れたり、離婚協議で辛い思いをする人は少なくありません。また、離婚後にどっと疲れを覚えたり、悲しみが襲ってくることもあります。そういった離婚によるダメージの原因には何があるのでしょうか?離婚でのダメージを減らす方法をご紹介します。

男女の事故・トラブル(1376)離婚(698)
目次

離婚で受けるダメージ

離婚の話し合い、もう疲れた…」

離婚協議で辛い思いをする人は少なくありません。

また、離婚後にどっと疲れを覚えたり、悲しみが襲ってくることもあります。

そういった離婚によるダメージの原因には何があるのでしょうか?

離婚でのダメージを減らす方法をご紹介します。

離婚のダメージの原因11選

離婚でダメージを受ける原因には何があるのでしょうか?

あなたに当てはまるものはありますか?

離婚ダメージの原因(1) 別れの喪失感

離婚ダメージの原因として別れの喪失感があります。

離婚に向けて話し合いをしたり手続きをしている間は離婚手続自体が疲れることもあり、気が張っているので悲しみはあまり感じることはありません。

しかし、いざ離婚が成立すると喪失感が一気に襲ってくるのです。

離婚ダメージの原因(2) 家庭と仕事との両立

離婚ダメージの原因として家庭と仕事との両立が挙げられます。

これまでは夫婦で家事と仕事をやりくりしていたのを、離婚後は一人ですべてこなさなければなりません

離婚後に「日々の生活が疲れる」と感じる人は多いといえるでしょう。

離婚ダメージの原因(3) 相手の親族との関係

離婚ダメージの原因として相手の親族との関係があります。

悪化する姑や舅との関係、その中での生活と調整などで離婚に疲れたと感じる人は少なくありません。

離婚ダメージの原因(4) 元配偶者と共通の友人関係

離婚ダメージの原因には元配偶者と共通の友人関係が原因のこともあります。

共通の友人から離婚に関して口を出されたり、相手の肩を持つようなことを言われたり、批判されたりするときに、「離婚って疲れる!」と感じるパターンです。

離婚ダメージの原因(5) 異性への不信感

離婚ダメージの原因として異性への不信感が原因の場合もあります。

特に相手の不倫が離婚原因の場合は顕著でしょう。

ころころと意見を変えたり自己保身に走る相手をみて、離婚協議が疲れると感じる人はかなりの数に上ります。

離婚ダメージの原因(6) 住居など環境の変化

離婚ダメージの原因として住居など環境の変化があります。

離婚後の生活はこれまでの生活とは一転、すべてが変わってしまいますよね。

慣れない生活になじめず離婚後に「疲れたな…」と感じる人は少なくありません。

離婚ダメージの原因(7) 家族の理解を得られない

離婚ダメージの原因として家族の理解を得られないことも挙げられます。

家族から「離婚なんてみっともない」「○○さんは良い人なのに」などと言われ、離婚に疲れたと感じるパターンです。

離婚ダメージの原因(8) 世間的な目

離婚ダメージの原因として、世間的な目が気になる場合もあります。

上司や取引先だけでなく、近所の人に

  • 「あの人は離婚したらしい」
  • 「きっと何か問題がある人なんだろう」

などと噂されるなど白い目で見られることで離婚したせいで疲れたと思ってしまうケースです。

離婚ダメージの原因(9)  子育てへの不安

離婚ダメージの原因として、子育てへの不安も挙げられます。

離婚してからは一人で子供の面倒を見なければならず、もし自分が倒れたり事故にあったら子供はどうなるんだろうと思うと心配でたまらなくなりますよね。

負担を自分で背負いすぎてしまうせいで離婚したら疲れるようになったと感じる人は少なくないのです。

離婚ダメージの原因(10) 親権を得られなかった

離婚ダメージの原因として、親権を取得できなかった場合があります。

自分だって子供のことを大切に思っているのに親権が取れず、子供と離れ離れになってしまうことになると、ショックですよね。

面会交流の取り決めも、ろくに子供と会わせてもらえないような内容だったりすると、「もう離婚に疲れた」と感じてしまうのも無理はありません。

離婚ダメージの原因(11) 経済的ダメージ

離婚ダメージの原因として経済的ダメージがあります。

離婚をすれば、これまで専業主婦・主夫だった人は路頭に迷ってしまいますし、共働きでも自分だけでは生活できないという場合もあるでしょう。

離婚により世帯収入が減少してしまう可能性がある上に、財産分与、慰謝料、養育費などの生活を支える収入を確実に得られるかどうかわからない不安で、離婚に疲れるイメージを持ってしまう人は少なくないのです。

離婚のダメージを軽減するために

離婚が疲れる理由には様々なものがあります。

離婚のダメージを軽くするためにはどんな方法があるのでしょうか?

離婚ダメージ軽減(1) 離婚の準備をしっかり行う

離婚のよるダメージを軽減するために離婚の準備をしっかり行うのがよいでしょう。

離婚届の提出だけで離婚は成立してしまいますが、後から問題が再燃することも少なくありません。

専門家の意見を聞きつつ、事前にしっかりと離婚準備を行うことが重要です。

離婚ダメージ軽減(2) まわりの声を気にしすぎない

離婚のダメージ軽減のためにまわりの声を気にしすぎないようにしましょう。

周りから横やりを入れられたり批判されたりすると、苦しくなってしまいますよね。

離婚が辛いと感じるような原因と距離を置くことが一番です。

離婚ダメージ軽減(3) 離婚経験者に相談する

離婚ダメージ軽減策として離婚経験者に相談するのも一つの方法です。

離婚が辛い気持ちはある程度共通する部分もあります。

離婚経験者がどのように苦しみを乗り越えたのか聞いてみましょう。

離婚ダメージ軽減(4) 家族や友人との時間を増やす

離婚のダメージ軽減のために家族や友人との時間を増やすのもおすすめです。

離婚して辛い気持ちを人に話したり、一緒に楽しく過ごすことで気がまぎれることもあるでしょう。

離婚ダメージ軽減(5) 仕事や趣味に没頭する

離婚ダメージ軽減のために仕事や趣味に没頭するのも良いでしょう。

離婚で辛い気持ちを吹き飛ばすように、目の前の仕事に猛然と取り組んだり、好きなことに熱中してみましょう。

とにかく離婚以外のことを考えることが大切です。

離婚ダメージ軽減(6) 離婚後にもらえる手当を調べる

離婚でのダメージを軽くするために離婚後にもらえる手当を調べるのも一つの方法です。

離婚後、ひとり親家庭には国や地方自治体からお金が貰える場合があります。

また、住居手当をだしてくれる地域もあるため、離婚後の住所にあたる場所の役所に行ってどんな手当があるのかを聞いてみましょう。

離婚ダメージ軽減(7) 弁護士に相談する

離婚によるダメージ軽減のために弁護士に相談するのが手っ取り早い場合も少なくありません。

慰謝料や財産分与、親権、養育費、面会交流など、離婚時に決めるべき離婚条件はたくさんある上に法的問題であって複雑です。

こうした離婚時に問題になるお金と子供の問題を、法的問題解決のプロである弁護士に依頼することで、自分だけで交渉するよりも有利な条件で実現できるのです。

また、これらの条件を決めないまま離婚してしまった場合や、不利な内容で合意して離婚してしまった場合は、たとえ離婚後でも、弁護士に依頼することで、新たに条件を決めたり、内容を有利に変更したりできる可能性があります。

離婚でダメージを受けた方はこちらの記事もおすすめ

離婚によるダメージの原因11選|ダメージを軽減するには?のまとめ

離婚でダメージを受けてしまう人は少なくありません。

特に、生活費の不足などお金に関する問題はいち早く何とかしたい問題ですよね。

離婚をする場合、相手の不倫があれば慰謝料をもらえる可能性がありますし、財産分与により貯金や車、家などをもらえる場合もあります。

また、子供がいる場合で子供を自分が引き取る場合は養育費をもらうこともできるのです。

一つ一つはそこまで大きな額でなくても、まとめればかなりの額になるという場合も少なくありません。

離婚に関するお金の問題で心配ごとがあったり、自分に不利な条件で離婚してしまい経済的ダメージを受けている場合は早めに弁護士に相談することがおすすめです。
この記事の作成者

カケコム編集部