離婚を説得する方法5選|相手が応じなくても離婚できるケースとは?

離婚の説得がうまくいかず困っていませんか?なかなか離婚してくれない旦那や妻にストレスをためてしまう人は少なくありません。実は、離婚に応じない相手を説得する以外にも離婚をする方法は存在します。離婚の説得方法と共に、説得しなくても離婚できる場合についてご紹介します。

男女の事故・トラブル(1315)離婚(575)
目次

弁護士に相談する

離婚に応じない相手を説得したい!

離婚の説得がうまくいかない…!」

なかなか離婚してくれない旦那や妻にストレスをためてしまう人は少なくありません。

実は、離婚に応じない相手を説得する以外にも離婚をする方法は存在します。

離婚の説得方法と共に、説得しなくても離婚できる場合についてご紹介します。

離婚の説得をしたい!離婚に応じてくれない理由

離婚の説得がうまくいかないとイライラしてしまいますよね。

離婚してくれない旦那や妻はいったい何を考えているのでしょうか?

離婚に応じてくれない理由(1) 愛情が残っている

離婚の説得に応じない理由に、愛情が残っているからというものがあります。

どんなに離婚を求められてもあなたへの愛情があるため、別れたくないと考えているパターンです。

離婚に応じてくれない理由(2) 離婚理由に納得できない

離婚の説得に応じないのは離婚理由に納得できないのが理由の場合もあります。

たとえば「なんとなくもう無理だと思う」だけでは離婚を言われた側からは納得できませんよね。

離婚に応じてくれない理由(3) 子供がいるから

離婚の説得にうなずいてくれないのは子供がいるからという場合もあります。

子供のために両親がそろった家庭を維持してあげたいという親心によるものです。

離婚に応じてくれない理由(4) 離婚後の仕事が心配

離婚の説得がうまくいかないのは、離婚後の仕事が心配だからかもしれません。

専業主婦・専業主婦・専業主夫やパートタイム勤務をしている人の場合、フルタイム勤務のブランクがあるため注意が必要です。

離婚後の生活のための仕事が見つけにくい場合があります。

離婚に応じてくれない理由(5) 離婚後の生活費が心配

離婚の説得に応じてくれないのは、離婚後の生活費が心配だからという場合もあります。

離婚したあと一人で生活できるだけの収入がない場合は離婚したくないと考えるのも自然なことでしょう。

離婚に応じてくれない理由(6) 世間体が気になる

離婚の説得に応じない理由に、世間体が気になるためという場合もあります。

家族や親族だけならまだしも、赤の他人に「あの日とはバツイチだから」と白い目で見られることが耐えられないというケースです。

説得したい!離婚に応じてくれない理由(7) 相手が幸せになるのが許せない

離婚の説得がうまくいかないのは、相手が幸せになるのが許せないという感情のせいかもしれません。

たとえばあなたが浮気をしていた場合、「離婚したら浮気相手と再婚する気なんだろうな」と考えて、怒りにより離婚に応じてくれないことがあります。

離婚に応じてくれない相手を説得する方法5選

離婚してくれない旦那・妻に対してどう説得すればいいかわからずお手上げ状態になっていませんか?

ここで改めて離婚の説得のためのポイントを確認してみましょう。

離婚に応じてくれない相手を説得する方法(1) 話し合う時間を作る

離婚の説得のためにはまず話し合う時間を明確に定めることが大切です。

これまでの結婚期間が長ければ長いほど離婚の話し合いは簡単にはいきません。

なんとなく切り出したり、ダラダラと話したりしないようにしましょう。

離婚に応じてくれない相手を説得する方法(2) 感情的にならない

離婚の説得場面では感情的にならないことが重要です。

あくまでも二人の人生のためのビジネスライクな話し合いなのだという空気を作るようにすると感情的にならずに済むかもしれません。

離婚に応じてくれない相手を説得する方法(3) 今後の生活プランを一緒に考える

離婚の説得にあたって今後の生活プランを一緒に考えるのもいいでしょう。

お互いがそれぞれに生活していけることがわかれば、相手も離婚に向けて動き出しやすくなります。

離婚に応じてくれない相手を説得する方法(4) 金銭問題を解決する

離婚の説得をする場合は金銭問題を解決するようにしましょう。

財産分与や養育費、慰謝料などは弁護士に相談しながら早期に解決する必要があります。

離婚に応じてくれない相手を説得する方法(5) 子供に納得してもらう

離婚の説得をするなら子供に納得してもらうことが大切です。

子供が納得している状態であれば「大人がいつまでもごねていたらみっともないな」と考え直してくれるかもしれません。

説得しても離婚に応じない相手と離婚できる?

なかなか離婚してくれない旦那・妻に対して、離婚の説得をするのに疲れ果ててしまっていませんか?

実は説得せずとも離婚ができる場合があるのです。

離婚に同意してもらえない(1) 相手の同意なしに協議離婚はできない

まず原則として、相手の同意がない状態では協議離婚はできません

協議離婚は夫婦の合意があって初めて成立するものだからです。

離婚に同意してもらえない(2) 揉めたら調停離婚・裁判に進む

離婚の話し合いがうまくいかない場合は、家庭裁判所の調停に進み、調停もまとまらなければ裁判に進むことになります。

調停や裁判では調停委員や裁判官などの第三者が間に入って話を聞くことになります。

離婚に同意してもらえない(3) 法定離婚事由に当てはまれば離婚請求できる

裁判所の手続になった場合、相手に法定離婚事由があれば離婚請求をすることができます。

法定離婚事由とは下の5つをいいます。

民法770条1項

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

弁護士は離婚の説得をしてくれる?

離婚でもめたときは弁護士に相談すると良いと聞いたことはありませんか?

離婚の説得がうまくいかないときに弁護士に相談するメリットをご紹介します。

弁護士に相談(1) 弁護士に離婚説得の強制力はない

まず、弁護士による離婚の説得に強制力はありません

そのため、相手が弁護士の説得に応じないこともあるのです。

もっとも、弁護士に相談することで、話し合いで離婚を成立させる協議離婚のサポートをしてくれます

たとえば、どんなふうに話を進めれば相手と喧嘩になりにくいかや、何を決めなければならないかをアドバイスしてくれるのです。

また、話がこじれた場合はあなたの代わりに話し合いをしてくれます。

弁護士に相談(2) 調停・裁判のサポートをしてくれる

弁護士がしてくれることとして調停・裁判のサポートがあります。

話し合いで離婚がまとまらなかった場合は家庭裁判所での調停をして、調停委員を介して話し合うことになります。

そして調停がまとまらなかった場合は裁判で離婚するかどうかを決めることになります。

そういった難しい裁判所の手続きを弁護士は代わりにやってくれるのです。

弁護士に相談(3) 財産分与・慰謝料・養育費の計算をしてくれる

離婚をするときに問題となるのがお金の問題ですよね。

弁護士は慰謝料・財産分与・養育費の計算や請求をしてくれます。

特に慰謝料は貰えるのかどうかが問題になり、財産分与はどの範囲の財産が対象になるのかが問題になります。

また、養育費は、いくらをいつまでどうやって支払うかを決めることになります。

こういった法的お金の問題は、自分たちだけで決めると自分に不利になる場合もあるため弁護士に計算してもらうと良いでしょう。

離婚の説得についてはこちらの記事もおすすめ

離婚を説得する方法5選|相手が応じなくても離婚できるケースとは?のまとめ

自分は離婚したくて仕方がないのに相手が離婚の説得に応じてくれないと困ってしまいますよね。

説得にはいくつか方法がありますが、それでも効を奏しない場合もあるでしょう。

離婚の説得がうまくいかないときは離婚問題に強い弁護士に相談して、離婚事由があるかや離婚事由を裁判所に認めてもらいやすくなる方法などのアドバイスをもらうのがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部