男女問題 離婚

離婚の苦しみ|離婚に疲れたらどうすればいい?

離婚の苦しみは辛いものです。結婚と比べ離婚には様々な労力が伴うので、離婚の苦しみを感じて疲れる人も多いでしょう。離婚はどうして苦しいのか、疲れたときにはどうすればいいのか考えてみましょう。離婚の苦しみを軽減する方法も確認し、少しでもスムーズに離婚できるようにしてみてください。

弁護士に相談する 

離婚は苦しい…離婚に疲れたら?

離婚の苦しみは、当事者にしか分からないといいます。
 
悩みが多ければ多いほど、離婚の際に苦しみを感じやすく、疲れる人が後を絶ちません。
 
離婚の苦しみを避けることはできませんが、少しでも軽減し、負担を少なくして離婚したいものですよね。
 
1人で悩みこまず、相談することも大切です。

離婚までの苦しみ5つ

離婚をするまでの苦しみには、大きく分けて5つの種類があります。あなたの苦しみは、どんな苦しみでしょうか。 

離婚までの苦しみ(1) 離婚を受け入れられない・受け入れてくれない

相手が離婚を受け入れてくれない場合には苦しみを感じやすいでしょう。

相手が同意してくれればスムーズに事が進むのに、「離婚したくない」という場合には話し合いもできず、苦しみを感じます

離婚までの苦しみ(2) 孤独感

離婚について周囲に相談できず、孤独感を感じることが苦しみになるケースもあります。

自分1人で悩みを抱えがちなので、考えこみ離婚するまでの間が苦しいを感じやすいのです。

離婚までの苦しみ(3) 離婚が決まるまで相手と暮らすストレス

離婚が決まれば別の生活ができるものの、それまでは相手と生活せざるを得ない人にとっては毎日が苦しみになります。

離婚するほど嫌な相手と過ごすのは大きな苦しみであり、疲れるのは当然なのです。

離婚までの苦しみ(4) 離婚後の収入への不安

離婚できたとしても、その後の金銭面に不安があれば、苦しみは続くかもしれません。

離婚後の生活を始めるためにはお金が必要なので、仕事が決まっていない人や借金がある人などは、離婚までの不安が苦しみになるかもしれません。

離婚までの苦しみ(5) 親権は取得できるのかなどの不安

離婚までの苦しみには、親権を取れるかどうかという不安もあるでしょう。

子供がいる人にとって、離婚時に子どもを引き取れるかどうかは大きなポイントとなります。

親権について考えると、離婚までの苦しみは増すばかりかもしれません。

離婚してからの苦しみ5つ

離婚するまでの苦しみはもちろんですが、離婚後の苦しみも当然ながらあります。離婚後にはどんな苦しみがあると考えられるのでしょうか? 

離婚してからの苦しみ(1) 喪失感

いつも一緒にいた家族と離れることは、大きな喪失感となり苦しみに繋がるでしょう。

妻や夫、子供を失くしたという喪失感ははかり知れません。

心にぽっかり穴が開いたと表現する人も多いです。

離婚してからの苦しみ(2) 1人で暮らす寂しさ

これまで家族で生活してきたのに、1人で暮らなければならなくなり、家が静まり返ります

1人は楽ですが、寂しさを感じるのは離婚後の生活が苦しい一因になるでしょう。

離婚してからの苦しみ(3) 子供になかなか会えない

親権を取得できなかった場合、子供になかなか会うことができなくなります

かわいい子供に離婚後会えないのは、やはり苦しいもの。

離婚を後悔するかもしれません。

離婚してからの苦しみ(4) 戸籍や名義変更などの手続きの負担

離婚をすると、戸籍や各種窓口の名義変更をする必要があります。

そういった手続きが面倒で負担となり、離婚後の生活が苦しいと感じるかもしれません。

離婚してからの苦しみ(5) 金銭的負担

離婚後の生活が経済的に安定しなければ、離婚してから苦しいと感じやすくなります。

特に専業主婦だった人などは、離婚後の金銭的負担は大きくのしかかるでしょう。

離婚の苦しみを軽減するには?

離婚の苦しみは避けることが難しいですが、少しでも軽減することは可能です。
 
離婚後の生活をストレスなく過ごすためにはどうすればいいのでしょうか?

離婚の苦しみの軽減(1) 仕事に没頭する

離婚後の苦しみを軽減するためには、仕事に没頭してみましょう。

これまで家族がいることで費やせなかった時間を使うことができます。

自分自身の成長に繋がり、離婚の苦しみを忘れることができるかもしれません。

離婚の苦しみの軽減(2) 趣味で息抜きする

趣味をとことん極めたり、好きなことをして息抜きするのもおすすめです。

離婚の苦しみを軽減するためには、他のことをして気を紛らわすのが一番。

好きなことを好きなだけし、前向きな気持ちを取り戻しましょう。

離婚の苦しみの軽減(3) 離婚経験者に相談する

すでに離婚を経験している人に相談してみるのもよい手段です。

離婚の苦しみを分かってくれやすく、悩みも共有しやすいはず。

同じ気持ちを分かち合える人の存在は大きいはずですよ。

離婚の苦しみの軽減(4) 離婚に関する法律を知る

離婚にあたって、決めなくてはならないことは、たくさんあります。

慰謝料、財産分与、養育費、面会交流など。

知識がないと不安、ストレスがかかるので、あらかじめ知識をもっておく必要があります。

離婚の苦しみの軽減(5) 弁護士に相談する

弁護士は法律の専門家です。

相談することで、離婚に関する法的知識を得ることができ、不安が解消できます。

また、当事者の協議、離婚調停、離婚裁判で代理人となれるのは弁護士だけ。

離婚後であっても、離婚時に決めなかった条件を決めたり、不利な内容となった条件の変更をお願いできます。

離婚の苦しみについてはこちらの記事もおすすめ

離婚の苦しみ|離婚に疲れたらどうすればいい?のまとめ

離婚の苦しみは様々です。離婚後には疲れることも多く、疲労が絶えないでしょう。
 
離婚してから疲れたと感じそうなら、前もって離婚の苦しみを軽減する方法を試してみてください。
 
また、離婚には様々な法律が関係しますので、専門家に相談しながら離婚を進めていくことで、より苦しみを減らすことができるでしょう。

弁護士に相談する

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費