夫の子作り拒否で離婚できる?慰謝料は?

子供が欲しいのに夫が子作りを拒否するということもあると思います。そのような場合に、離婚をすることはできるのでしょうか。本記事では、夫が子作りを拒否している場合に、離婚をすることができるかどうかを紹介します。離婚の際の慰謝料請求や、離婚の有利な進め方についても紹介します。

男女の事故・トラブル(1379)離婚(698)
目次

無料の電話相談で探偵を見つけてもらう

簡単な質問に答えて弁護士に相談する

夫の子作り拒否で離婚できるか知りたい!

夫が子作りを拒否するというケースは珍しいケースではありません。

そのような場合に、妻としてはどのように対応をすればよいかわからないことが多いでしょう。

特に法律的なことであれば自分で調べるのは難しいです。

そこで、夫の子作り拒否で離婚ができるかどうかを紹介します。

夫の子作り拒否で離婚はできる?5つのポイント

夫の子作り拒否で離婚が認められるためには、どのような条件をみたす必要があるのかわからない人も多いと思います。

そこで、夫の子作り拒否で離婚できるか判断する5つのポイントを紹介します。

夫の子作り拒否で離婚できる?(1) 協議離婚であればいつでも可能

離婚には、調停離婚、協議離婚、裁判離婚などがあります。

調停離婚や裁判離婚であれば、法律上の手続を踏む必要がありますが、協議離婚であれば、双方の合意で、いつでも離婚が可能です。

夫の子作り拒否で離婚できる?(2) 合意がなければ離婚事由が必要

離婚事由として、民法770条1項各号では以下のように定められています。

第770条
  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    1.  配偶者に不貞な行為があったとき
    2.  配偶者から悪意で遺棄されたとき
    3.  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき
    4.  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
    5.  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

夫の子作り拒否で離婚できる?(3) 夫の子作り拒否は法定離婚事由になるか?

夫の子作り拒否は、上記の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条第1項第5号)に該当する可能性があります。

判例でも、夫の子作り拒否を理由に離婚を認めたものがあります

夫の子作り拒否で離婚できる?(4) 夫の子作り拒否の証明が必要

夫の子作り拒否で離婚をすることは可能です。

しかし、夫にしらを切られる可能性があります。

そこで、日々付けている日記や夫婦間のセックスレスを思わせるメールや会話の録音など、夫の子作り拒否の証拠を確保しておくようにしましょう。

夫の子作り拒否で離婚できる?(5) 慰謝料がもらえることも

夫の子作り拒否は、離婚事由になりうるものですが、これに加えて慰謝料請求が認められる場合もありえます。

夫の子作り拒否は、状況によっては、協力義務違反として、不法行為(民法709条)に当たることも十分考えられものなのです。

 

夫はなぜ子づくりを拒否するのか考える

夫が子作りを拒否する理由が分かれば、夫の子作り拒否を解消できるかもしれません。

そこで、夫の本音として考えられる5つのポイントを紹介します・

子作り拒否の理由(1) 性欲がない

夫が子作りを拒否する理由として、性欲がないということが考えられます。

長く一緒にいれば刺激がなくなるのは仕方がないことです。

ただ、オシャレに気を使い、普段と違う化粧や洋服を着れば、夫の性欲が回復する可能性もあります。

子作り拒否の理由(2) セックスレスでないと思っている

夫は、性生活の回数を十分なものと思っているかもしれません。

妻が単に拒否されていると思っていても、夫は十分な回数の夫婦生活があると思って性生活を断っている可能性あります。

そのため、もっと頻繁に夫婦生活がないと子供ができにくいことを男性に伝えてみましょう。

子作り拒否の理由(3) 子供が欲しくない・子供の数を増やしたくない

夫が子作りを拒否する理由として、夫が子供は欲しくないと考えていることが考えられます。

結婚前に、夫が子供を作る意思がないことを妻に伝えていた場合、離婚で妻側が不利になることもありますので、夫の意思をしっかり確認するようにしましょう。

子作り拒否の理由(4) 金銭的な不安がある

子供ができた場合、出産費用・養育費用など、様々な出費が考えられます。

そのため、子供ができた後の金銭的な不安から、夫が子作りを拒否していることも考えられます。

子作り拒否の理由(5) 父親になる自信がない

子供ができると父親としての責任が生じます。

夫が、まだまだ自分は未熟で父親になる自身がないと考えていることもありえます。

その際には、父親としてしっかりやっていく素質があることを、夫に伝えるようにしましょう。

浮気?離婚前に探偵に依頼を!

夫の子作り拒否の原因は様々な理由が考えられます。

そこで、探偵に依頼し、浮気などの子作り拒否の理由を調査してもらうことも検討すべきといえます。

浮気が原因?(1) 夫の子作り拒否の原因は夫の浮気?

夫が子作りを拒否する理由として、他の人で性欲を満たしていることが考えられます。

その結果、セックスレスになっている可能性も考えられますので、探偵に浮気調査を依頼することもおすすめです。

無料の電話相談で探偵を見つけてもらう

浮気が原因?(2) 離婚で有利になるために証拠集めが重要

離婚を有利に進めるには、自分に有利な証拠の存在が重要となります

証拠の有無によってはその後の法的手続きを行ったうえでの結果が全く違う状況になることもありますので、しっかりと証拠を集めるようにしてください。

浮気が原因?(3) 浮気調査のプロに依頼を

自力である程度の証拠を集めることは可能ですが、決定的な証拠を集めるのは素人では困難です。

離婚を有利に進めるためには、自力で証拠を集めようとせず、専門家である探偵に依頼するようにしましょう

浮気が原因?(4) 浮気調査の価格・費用

浮気調査の価格・費用に関しては、まずは1週間程度で5000〜15000円が一般的です。

浮気が疑われる曜日や日にちが予めわかっている場合には、1日からでも探偵に調査を依頼することが可能です。

最初に決めた期間で証拠がつかめない場合は、延長もできるので、状況に合わせて、探偵に依頼をすることをおすすめします

浮気が原因?(5) 浮気調査のプロセス

探偵依頼をした場合、浮気調査の相談〜結果報告まで、以下のようなプロセスで行われるのが一般的です。

①相談

②見積もり

③契約

④調査開始

⑤中間報告

⑤結果報告(場合によっては、追加調査するかの相談)

夫の子作り拒否で離婚するなら弁護士に依頼を!

夫の子作り拒否で離婚をする場合、法律に関する知識が要求される場面が多いです。

離婚をする際には、弁護士に相談をするようにしましょう

弁護士がしてくれること(1) 協議離婚のサポート

弁護士に依頼をすれば、協議離婚を有利に進めることが期待できます。

ただ、協議離婚は夫婦双方の合意があれば可能であるため、高額な弁護士費用を払ってまで、サポートを受けるかは慎重に考える必要があります。

弁護士がしてくれること(2) 調停・裁判のサポート

弁護士に依頼をすれば、調停・裁判のサポートをしてもらうことができます。

調停では必ずしも弁護士が必要ではありませんが、弁護士に依頼することにより、調停委員に離婚の本気度は伝わることが期待できます

裁判に進んだ場合には、煩雑な法的手続きや法的な問題が絡むため、弁護士に相談することをオススメします

弁護士がしてくれること(3) 慰謝料請求

離婚の際に、慰謝料請求ができるかできないかの判断は法的な知識が必要とされますので、素人では難しいです。

そこで、慰謝料請求については、豊富な知識と経験を有する弁護士に相談をすると慰謝料請求が認められる可能性が高くなります。

弁護士がしてくれること(4) 財産分与の計算

離婚をする際の財産分与は今後の生活のために大変重要なことになってきます。

ただ、法的な知識がない人が行うことは難しいです。

弁護士に依頼をすると、どのような基準で財産を分けるのかなど、相手方との交渉をあなたの代わりに行ってもらうことができます

弁護士がしてくれること(5) 公正証書等の作成

上記の慰謝料や財産分与などに関する取り決めを証拠として残したい場合には、弁護士に公正証書の作成を依頼することがおすすめです。

公正証書を作成しておけば、その後、公正証書の内容が履行されなかった場合、強制執行を行うことができます。

夫の子づくり拒否についてはこちらの記事もおすすめ

夫の子作り拒否で離婚できる?慰謝料は?のまとめ

 
以上、夫が子作りを拒否して離婚になった場合について紹介をしました。
 
夫が子作りを拒否している場合には、離婚をすることが可能と考えられ、また、慰謝料請求を行うことも可能であると考えられます。
 
ただ、決定的な証拠を収集することや法律的な問題に対応することは専門家でないと難しいです。
 
そこで、自力で解決を行おうとせず、探偵弁護士などの専門家に依頼をすることがおすすめです。

 

無料の電話相談で探偵を見つけてもらう

簡単な質問に答えて弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部