カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

旦那や妻が離婚してくれない!別れてくれない相手と早期離婚する対処法とは?

旦那や妻が別れてくれない。離婚してくれない。相手になんと伝えても離婚拒否される。別れてくれない相手の心理について、別れてくれない相手への対処法についても考えてみましょう。

「旦那が離婚に応じてくれない」
「妻が離婚をするなら慰謝料を請求すると言っている」
などのお悩みがある方は、一度弁護士へご相談ください。
弁護士に相談・依頼することで、下記のようなメリットを得られる可能性があります。

Point

相手が離婚に応じてくれるよう、間に入り、法的な知識をもって相手を説得してくれる。
・弁護士をつけることで相手があなたの本気度を理解してくれ、離婚の話し合いがスムーズになる。
・相手が慰謝料請求している理由が適当なのかや、慰謝料の額が適当なのかを判断し、あなたが損をしないような内容で交渉してくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

旦那や妻が別れてくれない・離婚してくれない理由5選

離婚したいのに離婚してくれない旦那。離婚してくれない理由は何なのでしょうか。

旦那や妻が別れてくれない・離婚してくれない理由(1) まだ愛情があるから

何よりも考えられるのは、まだあなたに愛情があるからでしょう。

あなたが旦那や妻へ対する愛情をなくしていたとしても、旦那や妻にとってあなたはまだ愛する相手なのかもしれません。

旦那や妻が別れてくれない・離婚してくれない理由(2) 慰謝料を払いたくないから

相手に離婚の原因があり、それを証拠で立証できる場合などは、慰謝料を請求できる可能性があります。

慰謝料の支払いは、相手にとっては手痛い出費でしょうから、慰謝料を払いたくないから離婚を避けているということも考えられます。

旦那や妻が別れてくれない理由・離婚してくれない(3) 子供のためを思って

もしもあなたに子供がいれば、離婚することで、繊細な子供の心に何かしらの影響を与えてしまう可能性が考えられます。

旦那や妻はそれを嫌って別れてくれないのかもしれません。

この場合は、子供の今後についても夫婦でよく話し合う必要があります。

旦那や妻が別れてくれない理由・離婚してくれない(4) 離婚後の生活が心配だから

特に専業主婦(夫)の場合は、慰謝料もしくは財産分与があったとしても、一人で生活するには苦しいものがあります。

専業主婦(夫)であるあなたの将来の生活を心配していたり、専業主婦(夫)である自身の離婚後の生活を心配しており、旦那や妻は別れることを避けているのかもしれません。

旦那や妻が別れてくれない理由・離婚してくれない(5) 世間体が悪いから

お互いに争いもなく、協議離婚を行っても、未だに世間では離婚を悪く捉える人がいます。

どちらかが不貞を働いたのではないかなどと邪推されることもあるかもしれません。

そのような世間体を気にして、旦那や妻が別れてくれない場合もあるでしょう。

旦那や妻が別れてくれない!納得させる方法7選

旦那や妻が別れてくれず、離婚拒否をする場合にはどうすれば納得させられるのでしょうか。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(1) 理由を明確にする

別れる理由を明確にしてみましょう。

どうして離婚しなければならないのか、どうして離婚したいのか、筋道立てて説明すれば、旦那も離婚拒否をする理由を明確にしてくれるはずです。

相手が離婚を拒否する理由がわかれば相手の説得方法が明確になる可能性もあるので、有効な手段でしょう。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(2) 証拠の提示

離婚の原因が相手にあって、浮気などの証拠を用意することができる場合は、証拠を揃えると良いでしょう。

動かぬ証拠があることで、相手も自分の非を認め、離婚に応じてくれる可能性があります。

証拠集めについては浮気調査のプロである探偵に相談するのが良いでしょう。

また、どのような証拠が法的に有効なのか、離婚を成立させるために必要となる証拠などについては、弁護士にアドバイスをもらい、サポートしてもらうことをおすすめします。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(3) 離婚後のルールを決める

離婚後のことが心配なのはお互い様です。

自分のことも相手のことも心配事が尽きないでしょう。

離婚後のルールを前もって定めることで、いくらか安心して離婚に踏み切ることができる可能性があります。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(4) 一度旅行などで離れてみる

相手が離婚を拒否する理由が、離婚後の生活の想像がつかず、不安ということも考えられるでしょう。

そのような場合には、実際に一度旅行などで一定期間別居することで、離婚後の生活のイメージを持つことが出来ます。

お互いに安心して離婚の話し合いを進められるようにするためにも、一度離れてみましょう。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(5) 第三者に協力してもらう

利害関係の薄い第三者の調整というのはかなりの効果があります。

身内や友達では不都合があるならば、弁護士に相談するのも良いでしょう。

法律の専門知識を用いて話し合いをサポートしてくれるはずです。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(6) 別居を提案する

実際に別居して覚悟を示すのも良いでしょう。

別居期間が長くなれば事実上の離婚として認められ、正式に離婚する際も認められやすくなることもあります。

離婚してくれない旦那や妻を納得させる方法(7) お金の請求をしない

相手が慰謝料の支払いを嫌っているようなら、慰謝料を請求しないことを書類にまとめたり、減額について話し合うのも良いでしょう。

話し合いの内容に法的拘束力をもたせたいのならば、弁護士に相談して書類を作成してもらうことがおすすめです。

弁護士に依頼すれば、離婚時に決めておくべき事項に漏れがないかも確認してもらえるため、離婚後に相手とトラブルになる可能性もぐっと低くなります。

一度気軽に相談してみましょう。

旦那や妻に離婚を拒否されていたら離婚できないの?

これまで紹介した方法でまだ相手が離婚に応じてくれなかったり、あなたがこれまで紹介した手段を取りたくない場合、離婚することはできないのでしょうか?離婚できるケース、できないケースについて解説します。

協議離婚の場合は離婚できない

通常、離婚の話し合いをする場合、夫婦間で話し合いをする「協議」を行い、それでも話し合いが終わらなければ、家庭裁判所の調停委員を交えて「調停」を行います。

調停でも話し合いが終わらなかった場合、「訴訟」へ移行します。

離婚の流れ

この内、協議で離婚を成立させるには、原則夫婦の合意が必要となります。

例えば夫が離婚したいと言っているのに対して妻が離婚したくないと言っている場合、夫婦の合意が成立していないため、協議離婚は成立しません。

しかし、弁護士を交えて協議を行えば、弁護士の法的な観点からの説得に相手が応じてくれ、協議での離婚が成立する可能性があります。

協議で離婚が成立することが早期離婚への近道ですので、協議で確実に離婚したいと考えている人は、弁護士に相談・依頼するのが良いでしょう。

調停・裁判の場合は離婚できる可能性がある

協議離婚が成立しなかった場合でも、下記の法定離婚事由に当てはまれば、調停や裁判で離婚請求をすることができます。

民法770条

1.夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

簡単に例をあげると、相手が不倫をしていることが発覚し、その証拠がある場合(1号)や、数年に渡る長期間の別居があり、夫婦関係が破綻していると考えられる場合(5号)などです。

あなたのケースの場合、法定離婚事由に当てはまるかどうかを知りたい場合は、弁護士に相談してみると良いでしょう。

相手が調停や訴訟に出席してくれなかった場合はどうなる?

相手があなたと離婚したくないと考えている場合、調停や訴訟に出席してくれないケースも考えられます。

相手が調停に欠席した場合は調停が不調となり、終わります。

しかし、訴訟に欠席した場合は、欠席者が敗訴となるため、あなたが勝ち、離婚をすることが可能になります。

離婚を切り出した側が有責配偶者であった場合は難しい

もし離婚を切り出した側が不貞行為を行うなどしており、離婚をする原因を作っている場合は、相手が納得していなければ離婚することは難しいでしょう。

ただし、これはあくまでも裁判での正当な離婚理由として認められないのであって、例えば協議で相手を納得させることができれば、あなたが不倫していた場合等でも離婚することができます。

そのため、協議離婚でいかに離婚を成立させられるかが鍵となってくるでしょう。

旦那や妻が離婚してくれないときの対処法

相手が別れてくれない場合、具体的にどのような対処法を取るべきでしょうか。

旦那や妻が離婚してくれないときの対処法(1) 離婚したくない原因を洗い出し、対策を立てる

まずは、相手がなぜ離婚してくれないのか、旦那が離婚拒否する理由について考える必要があります。

その理由に合わせて旦那への条件などを考え、対策を練りましょう。

「離婚したくない」という相手の理由を、一つ一つ潰していくことで、「離婚しない」という選択肢を潰し、その結果、最終的に相手に離婚を選択させる可能性が出てきます。

旦那や妻が離婚してくれないときの対処法(2) 調停を申し立てる

前述したように、夫婦間の話し合い(協議)で解決しない場合は、調停を申し立てることができます。

調停であれば、家庭裁判所の調停委員を挟んで冷静な話し合いができるため、協議よりも落ち着いて相手と交渉できるかもしれません。

「離婚したくない」という相手の理由を、一つ一つ、淡々と冷静に潰していくことに専念することができます。

また、離婚を決意していなくても調停は利用できるため、もしあなたが離婚に迷いがある場合も、調停を申し立て、本当に離婚するのが良いのかどうか、調停委員を交えて話し合ってみましょう。

旦那や妻が離婚してくれないときの対処法(3) 離婚を考えたら弁護士に相談を!

離婚をするためには、財産分与・親権・養育費・慰謝料など決めるべきことが多くあります。

それぞれ素人が求めるには複雑であり、法律の専門家である弁護士の助けが必要となるでしょう。

弁護士はあなたの代理人としてあなたに有利になるように交渉をしてくれます

離婚を考えたらなるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

離婚してくれない旦那や妻から無茶な要求をされている場合は?

離婚してくれない旦那や妻から、正当な理由なく法外な慰謝料を請求されている等の無茶な要求をされている場合は、条件を鵜呑みにせず、一度弁護士へ相談されることをおすすめします。

もしあなたが相手に離婚を請求したことで相手が傷つき、そのことに対して慰謝料を請求しているのなら、そもそも正当な慰謝料請求理由にはならないため、支払う必要がありません

また、もし相手が慰謝料を請求している理由が正当なものであったとしても、慰謝料には相場があり、その相場も状況によって大きく変わるため、相手が提示している金額が適当なものであるとも限りません

そのため、そもそもあなたが慰謝料を支払う必要があるのかや、支払う必要があっても相手が提示している慰謝料の金額が適当であるのかを判断し、交渉する必要があります。

このような基準はなかなか素人では判断が難しいと思うので、法の専門家である弁護士に相談してみましょう。

無料で相談を受け付けている弁護士もいます。

旦那や妻が別れてくれない!離婚してくれないときの対処法のまとめ

相手が別れてくれない場合についてどうするべきか、なぜ相手は離婚拒否をするのか、離婚したくてもしてくれないとき何が必要なのかについて、お話ししました。

夫婦の話し合いで離婚が進むのが一番ですが、その際にも様々な決めごとがあります。

それを最も適切に扱うことができるのは専門家の弁護士です。

離婚を考えたら弁護士にできる限り早く相談しましょう。

旦那や妻が別れてくれない・離婚してくれないときはこちらの記事もおすすめ

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ セックスレス トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 企業法務 企業法務 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費