離婚が辛い!離婚の辛い気持ちを乗り越えるための5つの方法とは?

離婚が辛いと感じるのは、当然のことです。今まで一緒に暮らしてきた家族との生活が、離婚を機になくなるのは悲しいですし、それを受け入れるのは非常に辛いもの。今回は離婚が辛いと感じるその理由と、乗り越え方、離婚にならないためにするべきことをご紹介します。

男女の事故・トラブル(1316)離婚(577)
目次

弁護士に相談する

離婚は辛い?後悔のない離婚がしたい!

離婚は辛いものですが、一体離婚の何が「つらい」と感じるのでしょうか

離婚の協議中と離婚後、それぞれの辛いと感じるときを考えていきます。

また、離婚が辛いと思うことを避けるためには何ができるのか、そして乗り越え方についても知り、離婚が辛いと思う気持ちを少しでも楽にしましょう

離婚が辛いと感じるのは?離婚協議中編

まずは、離婚協議中に辛いと感じるときを見ていきましょう。

離婚前ならではの不安に共感する人も多いのでは。

離婚協議中に辛いと感じるとき(1) 話し合いが進まないとき

離婚協議中に話し合いがなかなか進まないと、この先の展開が見えず、辛いと感じるかもしれません。

協議の結末や行方が見えてこない場合には、不安を感じ辛い気持ちも出てくるはず。

離婚協議中に辛いと感じるとき(2) 慰謝料の話し合いのとき

慰謝料の話し合いを離婚協議中にしたときも辛いと感じるかもしれません。

お金に関する話し合いは、離婚において合意になりにくく協議が長くなればなるほど辛いと思う人はとても多いのです。

離婚協議中に辛いと感じるとき(3) 親権の話し合いのとき

子供がいる人にとっては、離婚をする際親権の話し合いのときに「つらい」と感じることもあるでしょう。

離婚をして子供に会えなくなるのも辛いですし、「親権を取れるかどうか」という不安も辛いと言えます。

離婚協議中に辛いと感じるとき(4) 親に伝えるとき

離婚協議中に、自分の親へ状況を伝えるときも、辛いと感じるかもしれません。

結婚して幸せにやっているはずの子供から、離婚協議をしているという知らせをするのは、胸が痛むものです

離婚協議中に辛いと感じるとき(5) 子供に伝えるとき

子供に対して「離婚をする」と伝えるのも、辛い出来事かもしれません。

子供から「離婚しないで」「一緒にいたい」と言われると、余計に「つらい」と感じてしまうでしょう。

離婚が辛いと感じるのは?離婚後編

次に、離婚後に辛いと感じるのはどんなときなのか見てみましょう。

離婚をした後も、辛いと感じる出来事はあるのです。

離婚が辛いと感じるとき(1) 寂しいと思ったとき

離婚をして今までの生活が変わり、パートナーが実際にいない生活が始まると寂しさを感じる人は多く、そのときに辛いを感じることもあるでしょう。

ふとした瞬間に寂しさを感じ、離婚は辛いと思うものです。

離婚が辛いと感じるとき(2) 世間の目が厳しいとき

離婚をすることで周囲からの視線が気になり、辛いと感じる人もいるはず。

離婚をする人が増えてはいるものの、やはり「離婚をしたんだな」という目で見られてしまうので、辛いと感じる瞬間はあるでしょう。

離婚が辛いと感じるとき(3) 家事と仕事の両立が難しいとき

離婚が辛いと感じるのは、家事と仕事の両立が難しいときも挙げられます。

特に離婚前に家事を分担していた人にとっては、1人で全部をしなければならない生活は辛いかもしれません。

離婚が辛いと感じるとき(4) 1人での子育てが大変なとき

1人で子育てをするのは大変です。

1人での子育てをしていると、体力的にも「辛いな」と感じることが多く、離婚後に大変な思いをする人は多くいます。

子供の年齢が幼く、人数が多いほど大変さは増します。

離婚が辛いと感じるとき(5) 経済的に辛いとき

1人で家計を切り盛りすることは、とても大変であり、離婚後に辛いと感じる出来事でもあります。

元々専業主婦などで仕事をしていなかった人は特に、離婚後の生活において不安やつらさを感じやすいかもしれません。

離婚の辛い気持ちの乗り越え方5選

離婚後の辛い気持ちは様々。

大切なのは、「どうやって乗り越えるのか?」ということではないでしょうか。

離婚の辛い気持ちを乗り越えるために(1) 仕事に集中する

離婚後の辛い感情を乗り越えるためには、仕事に集中してみるのもひとつの手段です。

これまで仕事に費やせなかった時間を思いっきり使うことで、スキルアップや昇級に繋がる可能性もあり、新しい人生の第一歩を踏み出せる可能性もあります。

離婚の辛い気持ちを乗り越えるために(2) 趣味を作る

趣味を作って、好きなことに没頭するのもおすすめです。

好きなことを集中して行うことで、自然と離婚の辛い気持ちを紛らわすことができるかもしれません。

今までやりたかったことを思い出してみましょう

離婚の辛い気持ちを乗り越えるために(3) 子供との時間を楽しむ

離婚後の生活を、子供と一緒に楽しむことで、辛い気持ちを乗り越えられる可能性もあります。

子供の行きたい場所へ出かけたり思い出をたくさん作ることで離婚の辛い過去を乗り越えてみましょう。

離婚の辛い気持ちを乗り越えるために(4) 同じ境遇の友人と会う

人は、同じ気持ちを共有できる相手がいることで、辛い気持ちが和らぐものです。

同じように離婚をして辛い経験をした人と会って話をしてみることで、「つらい」という感情を乗り越えられるかもしれません。

離婚の辛い気持ちを乗り越えるために(5) 新しい恋愛をする

離婚を引きずって辛い思いをするのなら、思い切って新しい恋愛をしてみるのもよい方法でしょう。

新たな出会いに興味を持つと、自分磨きにも時間を費やすようになり前向きな考えを得やすくなります

離婚で辛いと思わないようにすべきこと

離婚をしたことで辛いという気持ちを持たないためには、現実的なことを考える必要があります。

離婚で辛いと思わないようにすべきこと(1) 本当に離婚していいのか考える

離婚をして辛いと思わないようにするには、離婚をする前に「本当にこれでいいのか?」と考えることが大切です。

もし少しでも思いとどまっているのなら、離婚を考えなおし後悔のないようにしましょう。

離婚で辛いと思わないようにすべきこと(2) 離婚後の生活を考える

離婚後の生活を考えて、前もってできる限りの準備をし、辛い思いを避けることも大切でしょう。

住む場所や当面の生活資金、仕事など離婚後の生活を具体的に決めておくと、スムーズに新しい生活をスタートできるのではないでしょうか。

離婚で辛いと思わないようにすべきこと(3) 慰謝料・財産分与を決める

離婚に関する慰謝料や、財産分与についてきちんと取り決めを行うことも重要なポイントです。

お金に関する後悔が残ってしまうと、離婚の後に辛い思いをしてしまいがちです。

離婚で辛いと思わないようにすべきこと(4) 親権・子供との面会を決める

子供がいる人は、親権や面会について、正しく決め事をしておきましょう。

子供に関する事は離婚後トラブルになりやすく、辛い気持ちに繋がりやすいもの。

前もって親権や面会についての考えをまとめておいてください。

離婚で辛いと思わないようにすべきこと(5) 弁護士に依頼

離婚には法的な取り決めも多くあり、素人では正しく対処できないことが多くあります。

離婚をする際には、自分の代理人として弁護士に依頼をすることで、後々トラブルを避け安心して離婚の手続きを進めることができます

離婚で辛い思いをしたくない人は、弁護士に依頼をすることをおすすめします。

弁護士に相談する

弁護士が具体的にしてくれること

弁護士は、あなたの代理人として様々な手続きを行ってくれます。離婚で辛い思いをしないために、弁護士に相談をすることはとても大切なことなのです。

弁護士に相談(1) 協議・財産分与・慰謝料・親権の決定についてのサポート

離婚協議を行う際には、相手とのコミュニケーションがとても大切で、様々な取り決めを行う必要があります。

相手と離婚の協議をする際にも、弁護士は法的な目線で、正しい取り決めをサポートしてくれるのです。

離婚の際に発生する財産分与や慰謝料、親権に関しては、法律の専門家である弁護士でないと判断できないことも多くあります。

両者の意見が合わない場合にも、弁護士が法的に正しく対処してくれます。

弁護士に相談(2) 書面の作成

法的に有効な書面は、専門家に作成を依頼すると安心です。

離婚後の生活で辛い思いをせず、スムーズに新生活を開始するためには、あらゆる取り決めを有効な形で書面に残しておきましょう。

弁護士に相談(3) 裁判になった場合に代理人となってくれる

離婚協議、調停が成立しない場合には、離婚裁判へと移ります。

裁判となった場合、弁護士はあなたの代理人として意見を主張してくれるでしょう。

あなたが有利な立場で進められるよう、法的に手続きを行ってくれます。

離婚で辛い方こちらの記事もおすすめ

離婚が辛い!離婚の辛い気持ちを乗り越えるための5つの方法とは?のまとめ

離婚をする際に辛いときは、まず自分が一体何が辛いと感じているのかを考えてみましょう
 
その理由を知ることができれば、対処法が見えてくるはず。
 
離婚前にできることは準備しておくことで、さらに離婚の辛い気持ちを防ぐこともできるでしょう。
 
また、離婚に関する心配事は弁護士に相談しておくと、辛い気持ちを軽減することにも繋がります。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部