カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

【旦那と離婚したい!】〜そう思ったらまず考えて欲しいこと〜

旦那と離婚を考えている人にとって、今すぐに行動しようと思ったとしてもどういった手続きを行うのか、お金の問題はどうしたらいいのかわからない人も多いでしょう。そこで、今回は旦那と離婚を考えてしまった人はどのような行動をとったらいいのかを解説します。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

旦那と離婚したい?まずは考えてみよう

旦那と離婚をしたいと考えてしまう原因は色々あり、中にはあまり共感することができないものもあります。しかし、周りの人がどのような反応をしたとしても本人の心が離れてしまっているのなら、どうしても離婚をしなければいけなくなってしまうでしょう。

旦那と離婚した原因に「何となく」とか「衝動に駆られて」といった不思議なものもありますが、どのような理由であれ離婚をすることは容易ではないということだけは理解してください。

今回の記事は

  • 旦那と離婚したい妻
  • どうやったら離婚できるのか知りたい人
  • 離婚したい妻の気持ちを知りたい人

は必見です!

「旦那と離婚したい」妻の気持ち

3e6a67818d9b2c4adb235702bbe1797d_s

それでは、まずは旦那と離婚したいと思ってしまう代表的な原因について解説していきます。

旦那と性格が合わない!

最も多いの離婚原因がこれです。

旦那と性格が合わないと思って我慢することができなくなってしまった人は我慢に我慢を重ねて、爆発してしまって離婚を考えるようになってしまうのです。

これは男性側から妻に離婚を告げる原因で一位になっており両方とも性格の不一致や価値観の違いを感じていたら、協議離婚ですんなり離婚することができる可能性が高いでしょう。

性格が合わない人ほど魅かれ合うと言いますが、性格が合わない人ほど別れる可能性が高いと言われているので、どちらが正しいのかは決められませんよね。

旦那の両親が嫌い!

例え旦那とうまくいっていたとしても、旦那側の親族と折り合いが悪くて離婚に至るケースもよくあります。

仲良くしようと努力しても、どうしても相性が悪くてうまくいかない人というのはこの世の中にはものすごくたくさんいます。

それが旦那の母や父だった場合、将来的にも非常に苦労してしまうでしょう。

この状態で、旦那側から両親と同居したいと言われてしまった場合はもはや離婚するしかないのではないでしょうか。

旦那より子供の方が大切

旦那は究極的に言うと他人です。

しかし、子供は妻から生まれた完全なる肉親になります。

そのため、旦那と子供のどちらが大切という二択では子供のほうが優先される人も多いのではないでしょうか。

さらに言うと、逆に子供に愛情を注げない旦那もいるのでそのような態度を見せられてしまうと我慢ができなくなってしまい、離婚にはしる例もあるのです。

旦那と離婚するには?離婚するまでの流れ

5d31d478e5966d3b215c444462d7c3e8_s

それでは、実際に旦那と離婚をするためにはどのような手順をふむのかをお伝えします。

まずは話し合ってみよう〜お互いの合意〜

最もスムーズに旦那と別れられる方法は話し合いによってお互いが納得する協議離婚です。

これは離婚届に旦那も納得して捺印を行うものなので、裁判といったものは一切必要なく、スピーディーにいけばその日のうちに離婚することだってできるでしょう。


ただし、離婚届を提出する前に、様々な決め事を自分たちで行っておかないと離婚した後に揉めます。

離婚はする前に揉めるものという認識が強いのですが、協議離婚が決まった後に揉めるケースもたくさんあるので、まずは話し合いで養育費や親権や財産分与について旦那としっかり話し合ってください。

離婚届の提出

先ほどの話し合いによって旦那とうまくいった場合は離婚届を記入して役所に提出すれば終わりになります。

この離婚届提出は経験者によると非常にあっさりしたもので、ビックリするほどサクサクと終わってしまうと表現した人もいました。

旦那と離婚することができれば満足という人にとっては朗報なのでしょうが、先ほど記載した養育費や財産分与や親権といったものは先に決めておかないと後々面倒なことになることが多いので、提出するのはちょっと思いとどまったほうがいいです

子供はいる?親権者を決めないと離婚できない

離婚届には必ず親権がどちらにあるのかを記載するところがあります。つまり、子供がいる家庭は旦那と話し合って親権をどうするのかをはっきりさせてからではないと離婚届を作ることができないのです。

この親権は結構もめる要素となっているので、旦那と根気よく話し合いをする必要があります。

法律関連の事務所にも親権トラブルで相談を持ち込む方が多く、旦那側が折れない可能性もあるということだけは覚えておいてください。

協議で折り合いがつかなかったら?次のステップへ

話し合いで旦那とうまく離婚することができなかった場合、つまり協議離婚が成立しなかったなら次のステップに進む必要があるのです。

この次のステップとは、後述しますが調停離婚や裁判離婚になります。

簡易的に記載すると離婚を考える→離婚を伝える→話し合う→協議離婚に挑む→失敗したら調停離婚になる→さらに失敗したら裁判離婚になるという形です。

 

離婚をしそうになったら、いち早く弁護士に相談し、どのような法的問題が発生し得るか・どのように対応すべきかを確認しましょう。

その上で、弁護士に対応を依頼すれば、心身ともに少ない負担かつ有利な条件で離婚することができます。

カケコムでは、簡単な質問に答えるだけで、無料であなたにぴったりの弁護士から連絡が届きます。

ぜひご連絡のあった弁護士と法律相談を重ねた上、人生の再出発に踏み出してください。

ただ「旦那と離婚したい」だけではだめ!調停・裁判で離婚できる条件とは?

6c7b72c17f246024f9631ce748848c2e_s

旦那との話し合いで決着がつかなかった場合は次のステップである調停離婚や裁判離婚に進んでしまいます。

民法上の離婚事由

ここからは専門的な知識が必要となってきます。

まずは、裁判になった際には明確な離婚事由が必要となるのです。

これが無いと旦那と離婚をすることが難しいと思ってください。

その法定離婚事由とは下記になります。

不貞行為、つまり浮気や不倫をすること

悪意の遺棄、つまり正当な理由ないのに夫婦間の同居や協力や扶助の義務を履行しないこと

3年以上の生死不明、つまり客観的に見て生死が分からない状態が3年以上あること

回復の見込みのない強度の精神病を患っていること

婚姻を継続しがたい重大な事由があること

浮気されたら、証拠は確保しておこう

先ほど記載したのは民法上の離婚事由で、これに原因が当てはまっているのなら裁判で争うようになったとしても高確率で勝てます。

しかし、日本の裁判は証拠主義のためそれらの原因を示す絶対的な証拠が必要となるのです。

つまり、離婚をしているところを見たとか聞いたというものでは弱いということになります。

旦那が浮気をしていることを確証したら、必ず浮気をしたことが確定できる音声の録音を残したり、探偵に明確な浮気の証拠となる写真や動画を撮ってもらうようにしてください。

「セックスレス」も理由に?

民法上の「婚姻を継続しがたい重大な事由とは」非常に幅広い解釈がされております。

その中にはセックスレスというものもあるのです。

ただし、旦那との間に性関係がないから認められるものではありません。

これは旦那が性関係を強く拒絶してそのことに強く不満を抱いており何度も指摘しているのに改善されないといった事態が該当するのです。

 

旦那との離婚についてさらに詳しく知りたい人はこちらの記事も合わせてご覧ください!

【旦那と離婚したい!】〜そう思ったらまず考えて欲しいこと〜のまとめ

095bbd0ce6b69eb4b61a684c458892cc_s
 

旦那と離婚したいと思う瞬間は人によって大きく異なるでしょうが、一度離婚を考えてしまうとそれを振り払うのは困難だと離婚経験者は語ります。

そのため、この一度思った気持を爆発させないようにするためにも一度は離婚問題に強い弁護士に相談して、もし離婚をするならどのような行動をとったらいいのかを教えてもらうようにしてください。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

状況によって応対も確実に異なってくるので、専門家の知識を借りましょう。

弁護士からの連絡を待つ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費