男女問題 離婚

旦那と離婚したい理由ランキングと、どんな理由なら離婚できるのか

旦那と離婚したい理由ありますか?他に好きな人ができて離婚がしたい人もいれば、子育ての考え方の相違で離婚したい人もいます。旦那に原因はないけど、義実家に問題があって離婚したい人もいます。今回はそんな離婚理由にまつわるお話です!旦那さんと離婚したい人は是非読んでみてください。

旦那と離婚したい理由ランキング

カケコムでは、離婚を経験した女性97名を対象に、「最大の離婚理由はなんだったのか」を独自アンケートしました。
以下のグラフは、回答をランキング化したものです。

調査結果をもとに、世の中の女性はどのような理由で離婚したいと思うのかを見ていきましょう。

離婚したい理由1位(同率) 精神的な攻撃やモラハラ

14人が離婚理由として挙げたのが「精神的な攻撃やモラハラ」でした。

困ったことですが、仕事など家庭外の人間関係がうまくいっておらず、妻の自己肯定感を下げるような言動をすることで自分のプライドを保っているという男性もいます。
 
罵倒してくるような人と一緒に生活するのは疲れるものです。離婚したいと考えるのも当然ではないでしょうか。
 

離婚したい理由1位(同率) 旦那の不倫、浮気

「相手の不倫」も14人が離婚理由として挙げました。

多くの方が悩んで、かつ苦しめられる原因になる理由ではないでしょうか。質が悪いのがこちらと離婚するつもりのない不倫、浮気です。
 
結婚生活に慣れ、刺激が欲しいと外で不倫をして何食わぬ顔で家に戻ってくる。

蔑ろにされる側の人間は、離婚したい気持ちでいっぱいです。肉体関係がある浮気のことを法律上では不貞行為と呼びます。
 

離婚したい理由1位(同率) 育児や家事などの不協力、家庭を顧みない

「育児や家事などの不協力、家庭を顧みない」も、上述の2つと同じく14人の方が挙げ、同率1位となりました。

近年、Twitterなどで「ワンオペ育児」に苦しむ女性の声が見受けられるようになりました。
男性の育児や家事への参加が以前よりは進んできたとはいえ、いまだに「育児や家事は女性がするもの」という考えをもつ男性もいます。
 
育児や家事には終わりがありません。特に、子どもが小さい頃には24時間ずっと子どもの安全に気を張っていなければなりませんし、夜泣きでなかなか寝ることもできません。ワンオペ育児の負担は、男性の負担をはるかに超えるものです。
 
最初のうちは旦那にも育児や家事を手伝ってもらえるよう頼んだり、工夫していたという女性も、旦那がなかなか変わらないと旦那に対して諦めるようになり、「離婚した方がいいかも」と思うようになるのです。
 

離婚したい理由4位 相手家族との付き合いによるストレス

11人が離婚の最大の理由として挙げ、4位となったのが義両親との付き合いのストレスでした。
 
相手家族との性格が合わなかったり、子どもについていちいち文句を言ってくるのは女性にとってかなりのストレスです。ただの知り合いなら縁を切れば済みますが、相手家族となるとそうはいかず、付き合いが続くことになります。
それを旦那が理解してくれず、義両親の肩を持ってくるような場合には旦那との信頼関係も消滅しかねません。
 
このような場合には、旦那に「相手家族との折り合いが悪く、努力をしても無理だったから、関わりをなくしたい」と正直に伝えるべきでしょう。相手家族と同居をしている場合には、引越しを提案しましょう。
旦那も、はじめは自分の家族と妻の関係が悪いということにショックを受け、「まだ関係は修復できると思うから、考え直してほしい」と言ってくるかもしれません。しかし、妻として自分の態度を変えられるところは変えるなど努力はした上で、「やはり相手家族と合わない」と判断されたのだと思います。
 
自分がこれまでにどういう点にストレスを感じたのかや、どういう努力をしてきたかを具体的に伝えた上で、妻としての自分を第一に考えて相手家族との関わりを減らしたいと伝えましょう。
 
それでも旦那が「我慢してほしい」と言うのであれば、離婚を検討するのも手です。
 

どんな理由なら離婚できるのか

takebe160224560i9a0437_tp_v
ここからは、どのような理由があれば離婚はできるのかを見ていきます。

協議や調停では、いかなる理由でも離婚可能

前提として、夫婦が離婚する場合、離婚の方法には協議、調停、裁判の3種類があります。

協議は、夫婦が話し合いをして離婚に合意し、離婚届を提出するという最も一般的な方法で、2018年に離婚した夫婦のうち87.2%がこの協議離婚を利用しています。(参照:人口動態調査

調停は、協議で夫婦が合意できなかった場合に、家庭裁判所で調停委員という第三者を交えて話し合い、離婚する方法です。2018年には9.5%がこの調停で離婚しました。

協議と調停では、夫婦が離婚にさえ合意できれば、どのような理由でも離婚することができます。「こんな理由で離婚したいけど、大丈夫なの?と不安に思われている方も、安心してください。

 

裁判で離婚が認められるためには、法定離婚事由が必要

しかし、調停に進んでも相手が離婚に合意してくれず、どうしても離婚したいという場合には、裁判を提起して離婚を認めてもらうことになります。

裁判で離婚判決が出れば、相手が離婚したくないとしても強制的に夫婦を離婚させることができてしまいます。そのため、裁判で離婚が認められるのは、民法で定められた場合に限定されています。これを法定離婚事由といいます。

民法770条
①夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
②裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

離婚裁判に進むのはかなり稀な場合ではありますが、裁判に進んだ場合には法定離婚事由がないと離婚はできないと覚えておきましょう。

 

離婚理由の具体例(1) 旦那の不貞行為

旦那側に不貞行為があった場合には、法定離婚事由の1号「配偶者に不貞な行為があったとき」にあたるため、裁判で離婚することができますしかし、相手が不貞行為の事実を否定している場合、不貞行為があったことを証明できる証拠が必要になります。
 
そのため、不貞行為を行った旦那と離婚するには、まずはしっかり浮気の証拠を集めてから協議することが大切です。話が折り合わず、裁判までもつれる事も考えられますので、初めから裁判を見越した証拠収集を行っておく必要があります。

裁判でも有効になる証拠とは、例えば数回に渡りラブホテルから二人で出てくるところを撮影した写真などです。
 
ですが個人でそれを手に入れようとするとかなりの困難を極めます。本格的な浮気調査には専門的な技術が必要だからです。
 
また、相手にバレてしまうというリスクもあります。もし浮気調査をしていることがバレたら関係が最悪になるばかりでなく、その後の調査が難しくなってしまいます。
 
ですから、浮気調査は探偵事務所に相談することをおすすめします。自分に条件にあった探偵事務所を選べば費用を安くおさえる事も可能です。 

探偵を見つけるにはコチラ

 

離婚理由の具体例(2) セックスレス

セックスレスは法定離婚事由には直接的な規定はありませんが、5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」にあたり、離婚が認められる可能せいがあります。
 
とは言ってもセックスレスそれ自体が離婚理由になるわけではなく、それによって夫婦関係が修復困難なほど破綻していることが必要となります。
 
詳しくは【セックスレスで離婚したい妻と夫必見!】セックスレスが理由で離婚が成立する事例と知っておくべきポイントを参考にしてみてください。
 

離婚理由の具体例(3) 旦那からのDV

DVも5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」にあたり、離婚が認められる可能せいがあります。身体的なDVはもちろん、精神的、経済的もこれにあたります。

身体的なものなら医者の診断書を用意しましょう。精神的なものであればボイスレコーダーや、日記をつけるなどして相手の言動を証拠にしましょう。

経済的なものであれば、収入の一覧、家計簿など細かくつけると良いでしょう。
 
 

旦那と離婚したいけど決定的な理由がない時は

takebe160224500i9a0384_tp_v
上記にあげたような問題はうちにはないけれど離婚したい、どうすればいいのだろう、と悩んでいるあなたは下記を読んでみてください。

別居は離婚理由になる場合も

3年から5年ほどの別居期間があれば、夫婦生活の修繕は不可とみなされ、裁判にて離婚が認められる可能性があります。
 
それだけでなく、別居することで本当に離婚していいのか、1人で生活していけるのか頭を冷やして考える良い機会となります。
 
別居をする際の注意点としては、2点あります。
 
1つ目は、子どもがいる場合は子どもを連れて行くことです。離婚後親権を自分が獲得したいという場合、相手がそれに反対してこなければ良いのですが、相手も親権を欲しいと主張してきた場合には調停や裁判で親権者を決めることになります。親権者を決める時には、できるだけ子どもの養育環境を変えないことが重視されるため、別居中に相手が子どもと暮らしていると親権を得ることが難しくなるのです。
 
2つ目は、婚姻費用を請求することです。夫婦はたとえ別居していたとしても、同じくらいの生活を維持すべきという決まりがあります。そのため、収入の少ない方は、多い方から別居中の生活費をもらうことができます。これを婚姻費用といいます。
婚姻費用は、別居中の生活を安定させるために必要なお金ですので、別居する前に支払いについて取り決めておきましょう。婚姻費用が具体的にいくらもらえるのかや、支払いを確保するためにはどうすればいいのかを知りたいという方は、弁護士に相談することをおすすめします。
 

離婚の判断基準は夫婦生活が破綻しているかどうか

法定離婚事由を見ると、「限られた場合にしか離婚は認められていないじゃないか」と不安に思われる方もいるかもしれません。しかし、5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」には様々な場合が含まれますし、裁判所の判断の基準は夫婦生活が破綻していて、修復が不可能かどうかです。
 
自分の理由では離婚はできないんじゃないかと不安な方は、離婚問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。
弁護士に相談することで、状況に応じて離婚は認められそうか専門家としての意見を聞くことができます。さらに、そもそも離婚したら経済状況はどのようになりそうかや、離婚にあたってどのようなお金がもらえそうかも聞くことができます。
 
それだけでなく、代理を依頼した場合には、離婚の交渉を実際にお願いすることができます。DVやモラハラに困っていて、離婚を切り出したら相手が逆上するのではないかと不安な方にとっては安心です。さらに、離婚にあたって決めるべき養育費や財産分与についてもより有利な条件で離婚できるよう交渉をしてくれるため、離婚後の生活を安定させることができます。
 

カケコムなら1〜2分で相談を入力するだけで、弁護士から無料で連絡が届きます。

  • 相談したいが電話する勇気が出ない
  • 何を伝えればいいかわからない
  • 文字にして状況をまとめたい
  • 自分のペースで相談がしたい

という方はぜひ相談を入力してみてください。
1人で悩まず、まずは専門家の意見を聞いて解決へ踏み出しましょう。

 

離婚したい理由についてもっと知りたい人はこちらも合わせて読んでみてください!

 

旦那と離婚したい理由ランキングと、どんな理由なら離婚できるのかのまとめ

takebe_oomono_tp_v
経済的な不安などから離婚すべきかどうか迷っているという方も多いと思います。
しかし、自分の未来のために踏み切ったほうがいい場合もあります。
 
何より、離婚すべきかどうか迷っていり状態で旦那と暮らしていくのは、精神的にもきついと思います。
 
少しでも離婚したいと思うのであれば、弁護士に相談をしましょう。
「このような場合でも離婚できるのか」「どのように旦那に離婚を切り出せばいいのか」など、気になるポイントは人によって様々です。あなたの感じている疑問や不安を書いていただければ、弁護士から回答が帰ってきます。
 
ぜひ、1人で抱え込まずに弁護士の意見を聞いてみてください。
 

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚