カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚届の受理を確認する方法2つと離婚届を無効にする方法を解説

離婚届が提出されたか確認する方法はあるのでしょうか? 離婚が決まりいざ届出をするというとき、心配ごとを増やしたくはないですよね。今回は離婚届に関する知っておくと便利なことを紹介してみたいと思います。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

 

離婚届が受理されたか確認する方法2つ

cc527be72a7b523e6cd1a4ec3f5d6db2_s

離婚が決定し、元配偶者が離婚届を提出していた場合、離婚届がしっかり受理されたのか不安に感じることもあると思います。
 
そんなとき、下記の2つの方法で、離婚届が本当に提出されたのか確認することができます。 

離婚届の受理を確認する方法(1) 夫婦の戸籍謄本を取り寄せる

離婚届の受理を確認する方法のひとつ目は、夫婦の戸籍謄本を取り寄せることです。
 
離婚をすれば、結婚時に籍を移していた方はもう一方の戸籍から外れるため、そもそも戸籍謄本を取得できるのかどうかを疑問に思う方もいると思いますが実は離婚後も夫婦の戸籍謄本を取得することができます。
 
あなたが元夫の戸籍に入っていた場合は、元夫の戸籍に入った記録、除籍された記録、異動先が記録されています。
 
ここに離婚の記録があれば、離婚届は受理されており、離婚が成立していることになるのです。
 
反対に、あなたの戸籍に元夫が入って場合は、自分の戸籍を取得すれば良いだけです。
 
離婚が成立した日を確認したい場合にもこちらの方法が有効です。
 
注意点は、元夫が早々に転籍していた場合、除籍や移動先の記録が残らないことです。こうなると、夫婦の戸籍から離婚届が受理されたかどうかの確認はできません。

離婚届の受理を確認する方法(2) 離婚届受理通知が届いているか確認する

離婚届の受理を確認する方法のふたつ目は、離婚届受理通知が届いているかを確認することです。
 
離婚届受理通知とは、離婚届を役所に提出していない人の住民票のある住所に対して離婚届が受理され、離婚が成立したことを知らせる通知のことです。
 
たとえば、離婚届を元配偶者が提出していた場合、あなたの住民票のある住所に対して、離婚届受理通知が送られます。
 
代理人が離婚届を提出した場合は、夫婦2人に対して離婚届受理通知が送られます。
 
この離婚届受理通知を確認し、離婚届が受理されたかどうかを確認してみましょう。
 

離婚届が勝手に受理されていた場合の対処法

2d276163036e98aa2fa909d0785f19e6_s

協議の結果、夫婦がお互いに納得して離婚届を提出したのなら問題ありませんが、どちらか一方に離婚の意思があり、配偶者の同意がないのに離婚届を提出されていることもあります。
 
事前にあなたが「離婚届不受理申し出」をしていれば、あなたの配偶者が勝手に離婚届を出したとしても離婚届が受理されることはありませんが、そうでなかった場合は、家庭裁判所に離婚無効の申し立てを行う必要があります。
 
この離婚無効の申し立てに対し、配偶者が自分が勝手に離婚届を提出したことを認めれば離婚の無効が認められますが、そうでない場合は裁判所で訴訟を起こし、離婚届の提出を撤回するよう争うことになります。
 
 
基本的に離婚届が受理されたあとで元配偶者が事実を認めなかった場合、離婚届を無効化するのは難しいため、極力事前の対応をされることをおすすめします。
 
もし離婚届の無効を申し立てたいけれど、書類の用意ができるかやうまく相手に交渉できるか不安な方は、弁護士に相談してみるのが良いでしょう。
 
特に男女問題が得意な弁護士なら離婚届に関する紛争の知識や解決事例が豊富にあると思うので、あなたの要望に沿って代理交渉やサポートをしてくれるはずです。
 
カケコムには、初回相談を無料で受け付けている、知識や経験豊富な弁護士が在籍していますので、ぜひ一度ご相談ください。
 
\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

離婚届についてもっと知りたい人はこちらも合わせて読んでみてください

離婚届の受理を確認する方法2つと離婚届を無効にする方法を解説のまとめ

6f394efbdac3eec295b77f0faeb90a9b_s
 
いかがでしたでしょうか。離婚届の提出は、長い道のりからのゴールのように思えますが一番気を抜いてはいけないところです。
 
最後の最後まで揉めないよう、確実に離婚の取り決めを交わし、不備なく記載を行いましょう。
 
そして自分で提出に行かない場合は、受理届を確実に受け取るために住民票の住所を確認しましょう。

もし離婚届について何かわからないことや疑問点などがあれば、離婚問題に強い弁護士に相談してみることをおすすめします。
 

思い当たる状況があれば、いち早く弁護士に相談し、どのような法的問題が発生し得るか・どのように対応すべきかを確認するのも一つの手です。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」「何を伝えればいいかわからない」「文字にして状況をまとめたい」「自分のペースで相談がしたい」という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

離婚に関連する他の記事も読む

日本人の離婚率はどれくらい?離婚統計から見る離婚率の推移とは?

離婚する夫婦の特徴12選〜どんな夫婦が離婚する?〜

離婚を考えるときは男性と女性でこんなにも違う!?夫婦が離婚を決意する10の瞬間!

不倫中の男性が離婚を決意する理由とは?

離婚した友達にかける言葉は?〜あなたが友達のためにできること〜

離婚したい夫が発するサインとは?離婚の方法と離婚に関する問題

子供が三人いる夫婦の離婚マニュアル!養育費は?親権は?

【離婚届受理証明書とは?】様々な場面で必要になる大切な公的文書

離婚する人にはある特徴があった!離婚する人・離婚しやすい夫婦の特徴とは?

離婚を迷う人が決断した理由5つと後悔した理由5つを紹介します!

離婚に関するその他の記事

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費