債務整理

借金50万円の返済方法は?弁護士に相談する必要はない?

借金を50万円分も作ってしまったとき、どうやって返済をしていくのがいい選択なのでしょうか。50万円って大金な人が多いと思います。すぐに返済できる人の方が少ないですよね。今回は、借金50万円を返済する方法について紹介をしていきます。弁護士に相談した方がいい理由も併せて解説をしていきますので、ぜひお目通しください。

いつのまにか借金が50万円に!

50万円は大金な人が多いと思いますが、大きな買い物をすれば意外とすぐに達してしまう金額でもありますね。
 
こんなに借金を作ってしまった!と焦るかもしれませんが、まじめに返済をすればきちんと返していける額なので、あまり心配する必要はありません。
 
今回は、50万円の借金を着実に返済するための方法を解説していきます。
 
弁護士に相談をするべき理由も説明をしていきますので、借金について悩んでいる人はもちろん、借金を弁護士に相談するべき?と考えている人も、ぜひお読みください。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

借金50万円の返済方法

借金50万円の返済方法を解説していきます。

返済方法1:支出を見直す

まずは、これ以上借金を増やさないためにも、自分がなににお金を使っているのか?を見直しましょう

自分が今なににいくらお金を使っているのかを把握しないことには、返済どころかどんどん借金が増えていってしまいます。
 
支出を見直し、無駄な支出を減らして、その分を返済に充てることが大切です。

返済方法2:返済計画を立てる

きちんとした返済計画を立てるのも大切です。
 
しっかりと返済計画を立てるためには、自分の財産状況や借金の総額、収入、支出などの把握が不可欠です。
 
返済計画を立てるだけでお金の使い道が見えてくるので、この方法は借金の返済だけでなく、将来の借金を防ぐにも高い効果がありますよ。

返済方法3:副業をする

支出が減らせないのなら、副業で収入を増やしてしまうのも1つの手段です。
 
本業の他にアルバイトをしてもいいですし、得意なことがある人はそれを副業にしてもいいでしょう。
 
文字を書くのが得意な人ならクラウドサービスを利用して執筆作業を行ってもいいでしょうし、物作りが得意な人なら自分の作った物をオークションサイトなどで販売するという手段があります。
 
ただし、副業を禁止している会社もありますので、その点はしっかりと確認しておく必要があります。

返済方法4:親類に相談する

どうしても自分では借金を返済できないという場合には、親類に借金のことを打ち明けてしまうという手段もあります。

貸金業者からお金を借りている場合には利息がかかってしまいますが、借金の額が大きくなればなるほど利息の額も多額になっていきます。

そのため、できるのであれば親類に借りたお金で貸金業者からの借金を返済し、親類にはコツコツと少しずつ返済をしていくのがおすすめです。

最後の手段:債務整理

これまで挙げた手段ではどうしても借金を返済できない!という場合には、債務整理」という手段があります。

債務整理は以下の4つの種類があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

「任意整理」と「特定調停」は、債権者(貸金業者など)との話し合いによって借金を減額してもらう手続きのことです。

これに対し、「個人再生」と「自己破産」は裁判所に申立てをし、裁判所の判断によって借金を減額してもらう手続きのことを指します。

借金50万円でも自己破産はできる?

借金が50万円でも、自己破産はできるのでしょうか。

自己破産とは

「自己破産」とは、裁判所に破産の申立てを行い、裁判所の判断で借金の免除を行ってもらう手続きのことをいいます。
 
こういうとメリットしかないように思われるかもしれませんが、自己破産をする場合は裁判所に手数料や予納金を支払う必要があり、高い場合には20万円以上のお金を払う必要があることも。
 
また、20万円以上の財産や99万円以上の現金も没収されることになるので、多額の借金で首が回らないという人以外にはおすすめできません。

借金50万円でも自己破産は可能

自己破産を受けるための条件は、「支払い不能」の状態にあることと、免責不許可事由がないことです。
 
「支払い不能」の状態とは、借金返済のための継続的な収入がなく、かつ、現在借金の返済に充てられる資産を有していないことと考えていただければ問題ありません。
 
また、免責不許可事由とは、自己破産が認められない事由のことで、以下のような事由が挙げられます。
  • 浪費やギャンブルが原因で多額の借金をした
  • 財産を隠したり、壊したり、勝手に他人に贈与したりした
  • ローンやクレジットカードで商品を買った上で、その商品を非常に安い値段で売ってお金に替えた
  • 破産の申立てをした日から数えて7年以内に免責を受けたことがある
  • 裁判所や破産管財人が行う調査に協力しなかった
  • 破産申立てをする前の1年間に、住所・氏名・年齢・年収等の経済的な信用に関わる情報について嘘をつき、借金やクレジットカードで買い物をした

そのため、借金が50万円しかなくても、支払い不能状態にあり、免責不許可事由がなければ、自己破産をすることは可能です。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

弁護士に相談をするメリットとは

借金が50万円のときに、弁護士に相談をするメリットはあるのでしょうか。

メリット1:借金返済のアドバイスをくれる

借金の返済や債務整理に強い弁護士に相談をすれば、借金をどのように返済していけばよいかのアドバイスをくれます
 
自分1人では考えつかなかった視点からアドバイスをくれることもあり、1人で悶々と考えてしまう人には特におすすめです。
 
親類や知人には相談できないという人でも、弁護士になら抵抗感なく話をすることができる方が多いので、話すだけでスッキリするというメリットもあります。

メリット2:債務整理の手続きをしてくれる

債務整理は4種類ありますが、いずれも複雑な手続きをしなければいけません
 
特に、裁判所が関係してくる「特定調停」「個人再生」「自己破産」では用意しなければならない書類も多く、必要な書類を集めるだけでも一苦労です。
 
また、「任意整理」でも相手の貸金業者と話し合いをする必要があり、しっかりと借金を減額してもらうためには強い交渉力が求められます。
 
弁護士に依頼をした場合は、複雑で困難な手続きを全て代わりに行ってくれますので、時間と手間を節約しつつ、納得できる結果を得られる可能性が高まります

メリット3:借金の取り立てが止まる

弁護士に債務整理を依頼した場合は、「受任通知」というものが相手の債権者に送られます。
 
受任通知は、債権者から債務者(あなた)に対して直接の取り立てを行うことを防止する効果があります。
 
つまり、受任通知が相手に届いて以降は、債権者から取り立てをされることがなくなります。
 
苛烈な取り立てに悩んでいるという方は、少し心が楽になるのではないでしょうか。

弁護士費用が心配なら

「弁護士のメリットはわかっても、費用が気になる!」「自分にあった弁護士が見つけられるか不安…。」

そう思う方には、トラブル解決プラットフォームであるカケコムの利用がおすすめです。

カケコムでは、自分の悩みをフォームに記入するだけで内容に適した弁護士を探すことができます。

また、カケコムでは無料で弁護士から連絡をもらうことができますので、費用の面でも安心です。

借金返済についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

借金50万円の返済方法は?弁護士に相談する必要はない?のまとめ

借金50万円は、決して返済不可能な金額ではありません。
 
ただし、借金の返済には現在の生活状況を見直すことが大切です。
 
どうしても自分1人で借金を返していく自信がないという場合や、債務整理を考えている場合には、あなたに適した方法を選択するためにも、まずは弁護士に相談をしてみてくださいね。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ その他 トラブル プロフィール モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚