浮気 男女問題

旦那の浮気が発覚して集束するまでの流れ|自分の意思次第で結果が変わる!

旦那の浮気が発覚したあと、どのような結末を迎えるかはあなた次第です。この記事では離婚する、乗り越える、などの選択をしたあとの流れと、その後の女性たちはどんな人生を送っているのかを解説していきます。

 

旦那の浮気が発覚したら別れる?乗り越える?

もしも旦那が浮気をしている、と分かった時、多くの人はどう行動するのでしょうか。20代後半~40代後半の女性50人を対象にアンケート調査をしたところ、「乗り越えて夫婦関係を続ける」と回答した人が全体の約70%、一方離婚を選んだ人はおよそ3分の1である約30%にとどまりました。どうして関係を修復する方を選んだのか、実際にアンケートに答えた方の理由を見てみましょう。

子供との関係性、相手との信頼、価値観など、理由は様々ですが離婚が発覚しても乗り越える女性は意外と多いようです。つまり「離婚」は浮気の解決策の1つでしかありません。

あなたが今、旦那の浮気と離婚という選択肢に悩んでいるようであれば、一旦離婚という考えから離れてみましょう。その上で、浮気をしているかきちんと確かめ、自分にとって最善の選択肢を選ぶことが大切です。

 

旦那の浮気のサイン

浮気の証拠を掴むには、浮気のサインから少しずつ真実に近づいていく必要があります。実際に、どのようなサインがあるのかをチェックしていきましょう。

心当たりのある浮気のサインはありましたか?ではそれぞれ、内容を詳しく見ていきましょう。

浮気のサインは〇〇に出る!彼氏の浮気を見つけるためのサイン9つ
浮気のサインを知りたい時の情報が分かる記事です。彼氏の浮気をチェックしたい人におすすめです。浮気のサイン9つと合わせて、実際に浮気のサインに当てはまる時に試してみたい、4つの対処法についても知ることができます。ただし浮気のサインだと分かっても、過度な詮索には要注意です。どんなところに注意すべきか、この記事で知っておきましょう。

 

1.仕事を理由に残業・外出が増えた

夫婦共働きも珍しくなくなっている今、忙しくてお互いの仕事内容を知らない可能性はもちろんあります。しかし「前から休日の仕事があったっけ?」「こんなに残業が長いなんて変」と感じていたら、それは仕事環境の変化だけでなく、浮気のサインかもしれません。

たとえば残業と言っているのにやたら上機嫌で帰ってきたり、残業が給与に反映されていなかったりした場合は、浮気の可能性が高まります。一方で本当に残業で大忙しであれば、帰宅後に家族の時間やゆっくりリラックスできる時間を持つことで、浮気を防ぎやすくなります。

こんな残業は浮気の言い訳?怪しいならここを確かめるべし!
最近「なんだか残業が前より多くて怪しい!」と思っている人におすすめの記事です。職場は社会人にとって1日のうち、最も長く過ごす場所の1つです。だからこそ家とは違って「居場所がある」「過ごしやすい」と感じる男性が多いのも事実です。そのため浮気をしてしまう可能性も高まります。浮気と本当の残業、その見分け方を紹介します。

 

2.容姿・匂いを気にするようになった

急にトレンドを意識した服装、加齢臭への対策など、ファッションや身なりに気を使いだしたら、浮気のサインかもしれません。たとえば浮気している相手に褒められて、自分がこれまで着ていた服以外のジャンルに興味を持ったり、デートのために体臭ケアをしたり、理由は様々です。

普段から身なりを気にしているならまだしも、いつもは服装に気を遣わない旦那が急に容姿・匂いを気にしだしたら、きっかけを探ってみると浮気かどうか分かりやすくなります。

 

3.LINEの通知設定に変化があった

普段から様々な人とのコミュニケーションに使うLINEは、チェックする回数が増えても不自然ではないため、浮気相手との連絡に使われることが多いです。

中には浮気相手とのやり取りを見られてもバレないように、中には名前をニックネームにしたり、ロック画面でメッセージを通知させないようにしたり、設定を変える人もいます。

またLINEでのやり取りにスタンプを多用するなど、LINEでの言葉遣いに変化があった場合も浮気の可能性が考えられます。

LINEからの浮気の証拠の集め方とLINEで浮気する人の9個の特徴
旦那や彼氏の「LINEの使い方が気になる!」という人におすすめの記事です。日常生活でも使う機会が多いからこそ、浮気をするとバレないようにLINEの使い方にも変化が現れます。浮気をしている人はLINEの通知が変わったり、LINEにロックがかかったりする場合があります。浮気の証拠になることも多いLINEの使い方のチェック方法や、LINEでの証拠の集め方、集めるときの注意点について分かる記事です。

 

4.言動に変化があった

言動の変化は主に2つ、つまり行動の変化と、言葉の変化です。行動の変化は「残業・休日出勤の増加」や「服装の変化」に多く、また常にスマホに触れるようになることも良くあります。

一方、言葉の変化は以前と反対になることが多いと言われます。たとえばよく話す方だった旦那が急に無口になったり、今まで無口だった旦那が会話の練習のようにたくさん話すようになったり、違和感を感じることが増えるのです。

流行りの言葉を無理に使っているようなら、浮気相手が使っている言葉が自然と会話に出ている場合もあります。

 

5.妻の予定を把握するようになった

今まで気にもしなかったのに、突然「明日って出かける日だよね?」など、あなたの予定を把握し始めた場合、それはあなたが不在の日を知りたい思惑があると言えます。

サプライズなど嬉しい出来事のために不在の日を調べているならまだしも、浮気相手と会うためにあなたの予定をチェックしたいのかもしれません。

また反対に、何時あなたが家や職場から離れられないのか、居場所を把握するために予定をチェックしている可能性もあります。浮気相手とのデート中、あなたと会うことは絶対に避けたいからです。

 

6.恋愛の話を避けるようになった

浮気をし始めたことで、恋愛という物事にどこかで後ろめたさや、バレるのを避けるために話自体したくないと考える男性は多いようです。すると、ドラマや芸能人の結婚など恋愛に関する話題を出しても避けられてしまい、違和感を感じることが増えるかもしれません。

特に以前はそうした恋愛の話題も普通に付き合ってくれたのに、突然話題として出すのを避けるようになったら、それは浮気のサインかもしれません。

 

浮気の疑いをより確実にチェックする方法

浮気をしているか、証拠になるものが見つかりそうなポイントを、重点的にピックアップしました。

項目 チェック内容

1

カーナビの履歴をチェック
2 スマホのパスワードを変更したかチェック
3 お金の出入りをチェック
4 見覚えのない場所の領収書がある
5 服装に変化がみられる
6 趣味ではないはずの高価なものを身に着けている
7 スマホや携帯電話を常に持ち歩いている
8 クレジットカードを新しく作った
9 妙に優しい日がある

特にオーソドックスなのが「カーナビの履歴をチェック」や「スマホのパスワードを変更」です。カーナビの履歴に行ったことのない場所やホテルなど、浮気相手と会うのに都合がよさそうな場所があれば、記録しておくと良いでしょう。

スマホのパスワード変更については、分かりにくいことも多いですが、妻に知られたくない情報があるからこそ変えていると考えられます。また妙に優しい日があるのも、要注意です。

優しい行為には、浮気をしていることへの後ろめたさや、浮気を隠したいという心理が裏に潜んでいる可能性があります。

しかし中には、車を所有していない場合や、スマホではなく携帯電話など、こうしたオーソドックなチェックが通用しない場合もあります。これらを試しても見抜けない場合は「妻だからこそ分かる夫の変化」を見極めましょう。

今までと逆の対応をする場合、何かしら旦那の中に心境や考え方の変化があった可能性が高いです。

もちろん良い意味で影響を受けた可能性もゼロではありませんが、このように、小さな変化をチェックしておくと、そこから浮気に繋がる情報が見つかるかもしれません。

気になった変化の日時や内容などを、少しずつメモで残しておくことも1つの証拠になります。また浮気の可能性が高まったら、事実を確認することも大切です。

もし本当は浮気をしていないのに、旦那に「浮気をした!」とあなたが強く迫った場合、旦那との信頼関係を失うばかりでなく、反対に離婚を切り出される可能性があります。

浮気のチェック項目!!〜浮気してるかも?と思ったらチェックするポイントを解説!
浮気をしているか疑わしい時、チェックしたいポイントをまとめて解説しています。チェック項目は全部で10個、詳しい内容をチェックして旦那が当てはまるか見ていきましょう。またチェック項目に当てはまっても、すぐに浮気だと決めつけるのは要注意です。白黒はっきりつけるにはどう対処していけばよいか、もし浮気が濃厚になったらどうすればよいのか3ステップに分けて解説します。

 

旦那の浮気が発覚したときの対処法

証拠を少しずつ集めていき、もしも旦那の浮気が発覚したら、必ず自分自身の意思を明確にすることが大切です。離婚したいのか、それとも関係を修復したいのか、意思を固めておかないと苦しむのはあなた自身です。

もし関係を修復するのであれば、全てを明らかにすることだけが正しいとは限りません。あえて真実を知らないことで、相手との関係修復を優先することも1つの方法です。

旦那の浮気は許すべき?浮気を許す人の心理と許せないときの対処法
旦那の浮気を「自分は許せない!」「どうして許せるの?」と疑問に思う人におすすめの、浮気を許す人の心理を解説しています。許せる人の特徴は、割り切っていたり、浮気を悪いことだと考えていなかったり、自分の意思を優先していることがほとんどです。でも何度考えても、旦那の浮気を許せない可能性だってあるはず。そんな時どうすればよいか、まずはシロクロはっきりさせるにはどうすればよいか、対処法についても、合わせて解説しています。

 

離婚を決断した場合

浮気を許す理由があるように、浮気を決断する理由は様々です。

離婚を決断する理由
  • 浮気の発覚はトリガーとなり、日々の不満が爆発したから
  • もともと夫婦の会話が少なく、関係の修復は困難と判断したから
  • 子どもが自立をしているためやり直す理由が見つからないから
  • 離婚時の年金分割を考慮しているため

浮気をどうしても許せず、その解決策として「離婚したい」と決意したらどうすればよいか、その後の進め方を解説します。

 

旦那の浮気相手を明らかにする

まず一番大切なのは、浮気相手を明らかにすることです。名前や性別、住んでいる場所、旦那との関係性など、相手の情報が分からないと浮気の事実確認も不可能です。浮気の事実がないのに、浮気をしていると決めつけて離婚を切り出すのはデメリットでしかありません。この時大切なのが、事実に基づいた証拠を集めることです。

 

事実に基づく証拠を集める

事実に基づいた証拠とは、たとえば旦那と浮気相手が2人でホテルに入る様子など、明らかに浮気行為と分かる行動を、写真や動画などで記録したものです。こう聞くと「素人にできるの?」「もしも浮気をこの目で見たら耐えられない!」と思う人も多いでしょう。

さらにこの時、証拠集めは旦那にバレないように行うことが大切です。自分にとって有利な条件で離婚を進めるには、相手にこちらの手を悟らせない方がメリットが大きいからです。そうなると証拠集めは困難、という場合は、まずは浮気の証拠になりそうなレシートや領収書、車のカーナビの履歴など、自分でバレずに集められるものだけ集めておくことをおすすめします。

また確実な浮気の証拠を求めるのであれば、こうした「妻だから分かる証拠」を元にして探偵社や興信所といった専門家に相談しましょう。

浮気の証拠がないけど離婚・慰謝料請求はできる?
浮気をしている可能性はあるけど、証拠がないと悩んでいる方におすすめの記事です。証拠がない場合も、実は協議離婚という手段があります。これは夫婦がお互いに合意の上で行う離婚ですが、相手が合意してくれない場合は浮気以外の離婚理由や浮気の証拠の用意が必要です。また慰謝料請求に関しては、確実に相手が浮気をした証拠があった方が、あなたにとって有利に進みます。より詳しい内容をチェックしたい場合は、記事の内容を参考にしましょう。

 

弁護士に相談する

離婚の気持ちを固めたら、弁護士に大きく分けて次の5つの内容を相談しましょう。

相談すべきこと
  • 離婚調停
  • 離婚裁判
  • 慰謝料請求
  • 財産分与
  • 親権・養育費

まず離婚調停とは、旦那に対して浮気を理由に「離婚したい」と切り出しても応えてもらえない場合に、家庭裁判所に話し合いを持ち込むことです。必ずしも弁護士が必要ではありませんが、依頼していることが分かると相手に本気度が伝わりやすい、というメリットがあります。

そしてその後、意見がまとまらない場合は離婚調停から離婚裁判へとステップが進むため、この時に弁護士に複雑な法的手続きを手助けしてもらいましょう。浮気を知ってショックな気持ちのままだと、こうした手続きもままならない可能性が高いからです。

早いうちから相談しておくことで、より自分に有利に話が進みます。浮気相手に対し慰謝料を請求したい場合も、この時点で相談しておくと良いでしょう。今後の生活にも関わる財産分与の対象になるのは、二人で共有して保有している資産です。

たとえばマイホームがあればその評価額、住宅ローンの残高、結婚後に蓄えた預貯金、保険金、預り金など様々です。離婚後は個人情報保護法の規制により、調査がより難しくなるため、夫婦で居るうちに確認しておくと良いでしょう。

そして子供がいる場合は、どちらが親権者になるか、面会はどうするか、養育費はどうするか、しっかり決める必要があります。また子供を連れてマイホームを離れる場合は、次に住む場所や仕事のことも考えなくてはなりません。

こうした諸々の流れについても、弁護士という第三者が居ることでサポートしてもらえるため、離婚を決意した場合は早い段階で相談しておくと良いでしょう。

旦那の浮気相手に慰謝料を請求したいときのポイントを解説!
慰謝料請求までの手順、気をつけたいポイントを解説します。浮気をされたことで受けた、精神的な苦痛の損害賠償金を「慰謝料」と言います。旦那と浮気をした相手は民法で定められた離婚理由を犯しているため、離婚理由として浮気が立証されれば浮気相手に慰謝料を請求できます。ここでポイントとなるのは「請求できない場合」と「離婚するかどうか」ということです。さらに慰謝料を請求するにしても、相手に対し配慮しないと請求のための手続きで話がこじれえて、浮気以上のダメージを受けることもあります。
浮気は罪になる?浮気と法律の関係とは|弁護士に頼みたい5つのこと
浮気と法律は密接な関係にあるため、スムーズに浮気を解決して新たな生活に踏み出すなら、弁護士への相談を考えてみませんか。浮気そのものは罪ではなく、民法における不法行為であり、罰は受けられませんが慰謝料請求は状況に応じて可能です。また浮気であっても、実は詐欺罪や重婚、恐喝罪に該当する場合は浮気にも罪になります。離婚協議や慰謝料請求、財産分与、子供の親権や養育費の問題など、自分に有利になるよう相談できます。

 

乗り越えることを決断した場合

浮気されたとしても、旦那が酷く反省していて、こちらも「1回目の浮気だから許そう」と考える場合もあります。お互いのためにも、何よりあなた自身のために乗り越えることを決断したら、それに向けて行動を始めましょう。

 

考え方をポジティブな方向に変える

浮気をされたことを、経験値としてとらえることも乗り越える方法の1つです。

ポジティブシンキング
  • 旦那の浮気を自分が成長するきっかけにする
  • 旦那への接し方を見直し浮気以前よりも良い関係を目指す
  • 旦那の浮気を否定するのではなく「受け入れる」

このようにポジティブに考えることで、あなたと旦那の関係性をより良いステップへ持ち上げる努力に切り替えるという考え方です。

浮気をしたのに前より良い関係になったとしたら、旦那からすれば「自分はこんなに大切な人になんてことをしたんだろう」と一層反省するかもしれません。ただし注意したいのは、ポジティブに考えようとし過ぎて自分を苦しめてしまうことです。

たとえ浮気を許せなくても、自分自身が前向きに考える方法を見つけて、少しずつ浮気を乗り越えていきましょう。

旦那の浮気が平気な妻の考え方7つ|浮気を気にしない方法とは?
浮気を気にしない方法のヒントが知りたい方におすすめです。世の中には様々な価値観を持つ人が居て、中には元から「浮気が平気」という人もいます。たとえば浮気をしてくれた方が、家庭内が平穏に済むという人や、旦那より子供の方が大切という人もいるからです。ただし、浮気が平気であることと、寛容で優しいことは同じ意味ではありません。自分の気持ちに嘘をつかないためにも、浮気が平気な妻の考え方を知ってみませんか。

 

浮気に関する事実を100%知ろうとしない

どんな償いがあったとしても、浮気をした事実は消えません。またいつかは忘れられたとしても、人によっては相手を信用できず、ちょっとしたことで相手を疑ってしまう可能性が高いです。

もし浮気を乗り越えることを選択したら、相手に浮気のことをしつこく確かめない方が、お互いが浮気の事実を乗り越えて関係を再構築する手助けになることもあります。

今後のために、夫婦カウンセリングを受けて、浮気に関することにどう向き合っていけばよいのか、アドバイスをもらうのも良いでしょう。

浮気からの再構築を成功させるための方法は?
浮気の後、関係性を再構築させ、仮面夫婦にならないために大切なヒントを紹介しています。大切なのは、お互いに関係を再構築するために、相手への愛情表現を増やし、思ったことを口に出しながらお互いの気持ちを再確認していくことです。浮気をした相手が本当に反省しているのであれば、条件付きで許すことも考えてみませんか。浮気のことを考えれば考えるほど苦しくなるのであれば、最終的に離婚という手段をとるまでの流れも紹介しています。

 

旦那と前向きに今後の話をする

浮気を許し、ただ旦那のことを受け入れるだけでは、最終的に2度目の浮気を生む原因にもなりかねません。

お互いがこれから先も夫婦として過ごすにはどうすればよいか、壊れてしまった信頼関係を取り戻すにはどうすればよいか、前向きに話し合うことが大切です。

今後の話をする時のポイント
  • 攻撃的なスタンスはNG
  • お互いに「関係を修復しより良い関係を作る」ことを目的として話す

夫婦関係を取り持つのが難しかったり、悩んだりしている自分に気が付いたら、夫婦カウンセラーなどカウンセリングの知識を持つ専門家に相談するのもおすすめです。

特に攻撃的な口調になってしまい、相手を傷つけてしまうと、その後の関係修復が難しくなります。また浮気が許せない場合、次に浮気をした時の決め事を夫婦で話し合っておくのも良いでしょう。

 

旦那の浮気が発覚した妻のその後とは?

旦那の浮気が分かった後、実際にどう動いたのか「乗り越えることを選択した女性」と「離婚した女性」それぞれのその後を教えてもらいました。

 

乗り越えることを選択した女性のその後

浮気をされても、乗り越えることを選択する女性は多くいます。そんな時、彼女たちはどんなことを考えていたのでしょうか。

旦那の浮気のその後|本当に反省しているか確かめる方法
まだ疑いがあるならどうすればよいか、離婚するならどう行動すべきか、この記事で紹介します。浮気をした旦那とすぐ離婚するかどうかはその人次第ですが、最終的に離婚して後悔する可能性もあります。浮気発覚後、本当に反省しているか確かめてからでも遅くはありません。ただし自分の考えを一方的に主張したり、我慢して浮気を見過ごすようにしたり、無理をすることは禁物です。また浮気を乗り越える際、二度と浮気をしてほしくないという人にもおすすめの記事です

 

許せない気持ちを落ち着かせるのに必死でした

浮気をした事実を知ってしまった以上、その時の記憶が蘇ることもあるでしょう。許せない気持ちを自分で落ち着け、それでも少しずつ関係を修復することは大変な労力を要します。それでも関係を修復したい、そう自分が決意できたのなら、我慢するだけでなく喧嘩をしてでも相手に気持ちを伝えることも大切です。

浮気を許せる女性の心理7つ|浮気を許せないときの対処法5つ
浮気を知って、絶対に許せないと気持ちが昂っている人におすすめの記事です。感情的になりすぎると、自分が本当はどんな選択をしたいのか分からなくなってしまいます。浮気を許せる人の心理を知って「こういう見方もあるんだ」と、一度冷静に考え直してみませんか。この記事では、法律上浮気がどのように扱われるのか、許せないけど浮気を乗り越えていきたい場合の対処法や注意すべきことも合わせて紹介しています。

 

相手女性に会うことで最終的に納得できました

相手の女性と実際に話し合うことで、旦那が本気ではないこと、相手もまた本当に自分から旦那を奪うつもりはなかったことを知って、割り切るきっかけになったようです。

自分の気持ちが自分にしか分からないように、相手の気持ちはその人本人にしか分かりません。実際に会って話し合いで解決できれば、それは浮気を乗り越える大きな手助けとなるでしょう。こうした話し合いがスムーズに進まない恐れがあるようなら、あらかじめ弁護士など法律の専門家に相談しておくことも大切です。

浮気相手に慰謝料請求はできる?泣き寝入りしないための方法
浮気相手に慰謝料を請求したい、と考えている人におすすめの記事です。どんなに浮気が濃厚でも、実は慰謝料を請求できない場合があります。証拠がない、相手が支払い能力がないなど、慰謝料請求をするには条件が足りない場合、反対に弁護士への依頼費や手間などがすべて無駄になり、泣き寝入りになってしまうかもしれません。この記事では、泣き寝入りしないための慰謝料請求のポイントを解説します。

 

浮気の兆候をチェックすることが日常に

浮気後に離婚を選択せず、かつ、浮気を許さないというパターンです。浮気をされてもそれを乗り越える選択をした場合、ついつい「許す」ことや「浮気を認める」といった行動を想像してしまいがちです。

浮気を許すと寛容性や心が広いように見えますが、その行動で自分の気持ちを傷つけていたら元も子もありません。たとえ乗り越えることを選択しても、浮気を許すこととセットではないのです。

 

離婚を選択した女性のその後

離婚を選択した女性のその後は、どのような日々を過ごし、どう感じているのか見ていきましょう。

 

本来の自分を取り戻すことができて幸せ

離婚調停により、夫婦関係を終えられた例です。浮気をされていた事実や傷ついた事実は消えませんが、離婚すれば物理的に距離を置けるだけでなく、夫婦関係を終えることで精神的にも旦那から離れられます。本来の自分を少しずつ取り戻していきたいのであれば、関係性をリセットできる離婚も1つの方法といえるでしょう。

 

離婚後から少しづつ前向きになれている

離婚をした後の人生も、しっかり考えていく必要があり、そのために気持ちを整える時間も欠かせません。趣味だけでなく、仕事に没頭するのも離婚後のメンタルケアにおいて、自信の回復に繋がります。

また、自分自身の考え方の変化を冷静に受け止められると、その後に新しい恋愛に向かって行こう、と気持ちを切り替えるきっかけにもなるでしょう。

 

精神科に通い未だに気が狂います

この方のように、浮気相手が複数いたなど、大きなショックを受けてしまった結果、精神的にもダメージを受けてしまう可能性は十分考えられます。

たとえ離婚して距離を置いたとしても、ふとした瞬間に自分自身を強く責めたり、辛かった出来事を急に思い出したり、漠然とした不安感に苛まれたりするためです。

この状態が続くと、自分がこれからどうしたいかさえ、分からなくなってしまうことがあります。自分自身で気持ちを癒すだけでなく、精神科や心療内科、カウンセラーなど、専門家に相談することも大切です。

子供を抱えてシングルマザーとして働く場合、たとえば児童手当や母子手当、児童育成手当など行政から金銭的な援助を受けられることも覚えておきましょう。離婚後も、生活は続いていきます。苦しい時期を乗り切るためにも、離婚を選択する際は気持ちが落ち込む前に、できる限りの準備をしておきましょう。

 

旦那の浮気を我慢し黙認する必要はない

旦那の浮気を知った後、自分自身の気持ちを隠したり、我慢したりすればするほど、傷つくのをあなた自身です。大切なことは、自分自身が決めても何も問題はなく、浮気を黙認する必要はありません。

浮気を乗り越えて関係を続ける場合でも、たとえば別居をしてお互いに頭を冷やす時間を置いたり、思いとどまる理由を考えたり、すぐに離婚を選ぶ必要もないのです。どうしても離婚をしようか、それとも関係を続けようか迷う場合は、弁護士に相談する手もあります。

たとえば離婚後に慰謝料請求できそうか、離婚が順当に進みそうかなど、自分一人では分からないこともたくさんあります。弁護士に相談することで、あなたの決断に対する客観的なアドバイスを、法的な視点も含めてもらえるでしょう。

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ その他 トラブル プロフィール モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚