カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
トラブル 消費者トラブル

健康食品詐欺の手口・事例・対処法!送りつけ商法って何?

「注文した覚えのない健康食品が自宅に送られてきて代金を請求された」このような健康食品を送りつけるなどの健康食品詐欺被害が高齢者を中心に増えています。ここでは健康食品詐欺の手口や事例、対処法について説明します!

そもそも健康商品とは

まずは、そもそも健康食品ってなんだっけというところを確認してみましょう!
健康食品と呼ばれるものについては、法律上の定義は無く、広く健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般を指しているものです。
そのうち、国の制度としては、国が定めた安全性や有効性に関する基準等を満たした「保健機能食品制度」があります。
 
健康食品は保健機能食品からそれ以外のいわゆる「健康食品」と言われている国に定められた基準を満たしていないものまで様々です。 

健康食品詐欺の手口

 dda721a1fccd23080969d211c0c330f8_s
 
健康食品詐欺の主な手口をご紹介します。
 
健康食品の販路は様々で、一般店舗での販売以外にも、訪問販売や通信販売、連鎖販売取引などの商材に使われることがあり、一般店舗以外の販路で健康食品詐欺が行われる事例が多くあります。

【送りつけ商法】健康商品を送りつける詐欺とは?

送りつけ商法は、ネガティブオプションとも呼ばれており、注文をしていない商品を一方的に送りつけて代金を請求する販売方法のことです。

誇大広告での販売促進

健康食品の効果を期待させる、行きすぎた虚偽または誇大広告と思われる広告で健康食品の販売促進を行う方法です。

ネズミ講での健康食品販売

 ネズミ講とは、無限連鎖講とも呼ばれている違法行為です。ネズミ講の商材として健康食品が扱われることがあります。

健康商品送りつけ商法の事例

46eeee83100d6a1838a306cdbf998716_s
 
近年、高齢者を狙った健康食品詐欺や、新たな手口の健康食品詐欺が増えています。ここでは、実際にどのような健康食品詐欺の事例があるのかみてみましょう。 

現金書留封筒で健康食品が届く被害事例

20 日ほど前に全く覚えのない業者から商品が宅配便で届いた。箱には健康食品と現金書留封筒が入っていた。業者の連絡先に電話すると「以前電話で注文を受けた。送った健康食品をつくるために 10 万円以上もかかっている。現金書留にお金を入れて送らないと訴える」と言われたが「注
文していない」と言ったら、電話が切れた。どうしたらいいか分からず時間が経過したが、お金を払っていないことで度々業者から「早く払え」と電話があり怖くなった。

(相談受付年月:2013 年 8 月、当事者:80 歳代、女性、秋田県)
 

認知症の高齢者の被害事例

親元に帰省したところ、健康食品(きのこの加工食品)が宅配便にて 3 箱送付されているのを発見した。うち、2 箱については先月、先々月と継続して代金引換の宅配便にて送付されていた。親は認知症だが、合計 5 万円を支払った形跡がある。残りの 1 箱については、他の 2 つと異なる業者であり、同封の現金書留封筒によって代金合計 21 万円が請求されているが未払いである。どのように対応すべきか。
 
(相談受付年月:2013 年 8 月、当事者:女性、千葉県)
 

健康食品送りつけ商法の対処法

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
 
事例で見てきたように、健康食品の送りつけ商法で困っている人は多くいます。しかし、送りつけ商法は対処法を知ることで防ぐことができます。
 
ここでは送りつけ商法の被害を防ぐための対処法を見て行きましょう!

商品を受け取っても支払わない

送りつけ商法において最も有効な対処法は代金を支払わないということです。代金引換は受け取らない、商品を受け取ってしまった場合も絶対に利用しない・代金を支払わないということを心がけましょう。

電話勧誘の場合はクーリングオフを適用しよう

電話勧誘での販売の場合、8日間はクーリングオフで無条件解除ができます。仮に受け取ってしまった場合でも、まずはクーリングオフ適用を試みてみましょう。

14日間経てば自由に処分できる

特定商取引法によって、商品の送付があった日から14日間経てば自由に処分することができことになっています。

14日間経った後は、業者も商品の変換を請求する権利がなくなり、受け取った側は消費したり、捨ててしまっても大丈夫です。

健康食品詐欺の手口・事例・対処法!送りつけ商法って何?のまとめ

d435f43a1d74408252debc603d4ad82a_s
 
健康商品詐欺の送りつけ商法は、無視することが一番の対処法です。商品が送られてきても、受け取らない。
 
万が一受け取ってしまっても絶対にお金を支払わずにクーリングオフもしくは14日間放置して処分しましょう。
よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費