カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

書類送検とは?逮捕とどう違う?前科をつけないようにするには?

書類送検とは、被疑者の身柄を拘束せず、警察が取り調べをし、その取調べ内容をまとめた書類等を検察側へ送る手続きのことです。今回カケコムでは、書類送検とは何かや逮捕との違い、有罪や前科との関連性、書類送検後に起訴されないようにする方法をご紹介します。「書類送検されたがどうすれば良いか分からない」「前科をつけたくない」という人は必見です。

書類送検とは

書類送検とは、被疑者の身柄を拘束せず、警察が取り調べをし、その取調べ内容をまとめた書類等を検察側へ送る手続きのことです。

書類送検後は、警察から検察へ権限や責任が移ります。

書類送検は手続きそのものを表した語のため、書類送検自体で有罪が確定する等の刑事処分ではありません。

また、正式な法律用語ではありません。

書類送検される場合とは?

書類送検されるのは、身柄を拘束せずとも被疑者が逃亡する恐れがない場合や、証拠を隠滅する恐れがない場合などです。

反対に、住居不定等で逃亡する恐れがある場合や、証拠隠滅の恐れがある場合は逮捕、勾留される可能性があります。

常習性がある場合や余罪がありそうな場合も、勾留の検討要素になり得ます。

書類送検と逮捕の違いは?

書類送検と逮捕の違いは、下記2点です。

  • 身柄を拘束されるかどうか
  • 検察に送られるのが被疑者の身柄なのか、取り調べ内容をまとめた書類なのか

被疑者が逮捕された場合、身柄を拘束されたまま警察から取り調べを受け、その後検察側へ身柄を送られます。

書類送検は身柄を拘束せず、検察側へ送るのは取り調べ内容をまとめた書類です。

この点で、書類送検と逮捕は異なります。

書類送検されたら逮捕されないのか

書類送検をされた後でも、捜査機関から逮捕する必要があると判断された場合は、逮捕される場合があります。

その際、捜査機関は原則逮捕状を用いて逮捕を行います。

書類送検されたらどうなる?前科はつく?

書類送検後は、検察官が被疑者を起訴するか不起訴とするかを判断します。

起訴され、裁判で有罪判決となった場合は、被疑者に前科がつきます。

前科がつかない場合は、下記の場合等です。

  • 被害者との示談成立や証拠不十分等で不起訴となった場合

また、書類送検は身柄を拘束されないため、一般的に軽い刑になるイメージがあると思いますが、軽い刑になるか、実刑等の重い刑になるかは、書類送検されるかどうかに関係はありません。

書類送検後に示談交渉を成立させるには

前述したように、書類送検後に起訴され、有罪となった場合は前科がつきます。起訴された場合、99.9%の確立で有罪になるといいます。

そのため、前科がつくことを回避するためには、起訴されないことが重要です。

あなたが起訴される可能性を減らす方法のひとつとして有効なのは、早め早めの示談交渉です。

示談交渉を進めたい、成立させたいという場合は、弁護士への相談がおすすめです。

弁護士へ相談することで、下記のようなことを実現できる可能性があります。

  • あなたに代わって被害者と連絡を取ったり、交渉してくれる。
  • 被害者があなたの提示した金額より高い示談金を提示した場合、あなたの要望を通せるようアドバイス・サポートしてくれる。
  • 示談金交渉以外でも精神的なサポートをしてくれる。

カケコムには、被害者との示談交渉に成功した実績を持つ弁護士も登録しています。

お悩みのことがあれば、些細なことでも、経験豊富な弁護士へ相談してみましょう。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費