カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

求刑とは?刑事裁判での求刑の役割や求刑が判決に与える影響について現役弁護士が解説

求刑とは、刑事裁判の際に、検察官が被告人に対し相当と考える刑罰の適用を裁判所に請求することをいいます。この求刑ですが、実際の判決にはどれ程影響力のあるものなのでしょうか?意外と知らない裁判における求刑の役割について、解説いたします。

刑事事件でお困りの方は、早急に弁護士にご相談することをおすすめします。

「刑事事件でどうにか逮捕・勾留されることを避けたい」「家族が突然逮捕されてしまった」といった場合、早期に弁護士にご相談いただくことで、様々なメリットが得られます。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・家族が逮捕された場合、家族が面会できない期間も弁護士が代わりに面会し、状況を報告してくれる
・無実の罪で逮捕された場合、無実を証明するためのサポートや弁護活動をしてくれる
不起訴処分や執行猶予付判決をとるための弁護活動をしてくれる
・必要に応じて適切な示談交渉をしてくれる
早期身柄開放のための弁護活動をしてくれる

カケコムでは、あなたに合った弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

求刑とは

求刑とは、刑事裁判の際に、検察官が被告人に対し相当と考える刑罰の適用を裁判所に請求することをいいます。
では具体的に求刑は、公判(刑事裁判)の流れの中でどのような段階でされるものなのでしょうか?

公判の流れ

下記は、公判の流れを図にまとめたものです。ここからは、それぞれの工程で具体的にどのようなことが行われるのか、解説していきます。

 

公判の流れ

 

起訴

起訴とは、検察官が特定の刑事事件に対して審理(裁判を通じて事実関係や法律関係を明らかにすること)を求めることをいいます。起訴する権限は検察官のみが持っています。

冒頭手続き

冒頭手続きでは、裁判所に出頭した被告人の本人確認を行う人定質問、起訴内容を明らかにする起訴状朗読、裁判長が被告人に対し権利の説明をする黙秘権告知、裁判長が被告人と弁護人に起訴状に対する言い分を聞く意見陳述の4つが行われます。

証拠調べ手続き

証拠調べ手続きは、裁判官が証拠を調べながら、有罪や無罪、具体的な量刑などを判断するためのもので、冒頭陳述証拠調べ被告人質問の3つが行われることになります。
まず冒頭陳述では、検察官が被告人の身上や経歴、犯行の状況など、事件の全体像を述べます。次の証拠調べでは、検察官側の立証と被告人側の立証に分かれ、公訴事実の存在について証明します。被告人質問では、被告人が証言台の前に立ち、弁護士や検察官、裁判官の質問に答えていきます。

弁論手続き

論告では、検察官が事実関係や法律の適用についての主張を行います。そして、被告人に科すべき具体的な量刑について意見を述べる求刑もここで行われます。
次に、弁護人が意見を述べる最終弁論、最後に、被告人が意見を述べる最終陳述があります。最終陳述では、被告人が被害者に対し謝罪したり、自分が無実であることなどを訴えたりします。

判決宣告

判決宣告では、裁判所が被告人に対し、刑罰の種類や量とその理由を宣告します。

求刑の内容は判決にどれくらい影響する?

公判の流れや求刑とは何なのかは分かりましたね。では実際の裁判では、求刑の内容はどれほど判決に影響するのでしょうか?

求刑の内容がどれほど考慮されるのかは、実は実刑判決と執行猶予付判決で少し変わってきます。それぞれのケースについてみてみましょう。

実刑判決の場合

実刑判決の場合、刑の重さは求刑の8割程度になることが多いです。
しかしこれらはあくまで目安であり、裁判所は求刑を参考にはしますが、実際には求刑を上回る量刑を科すことも可能です。

執行猶予付判決の場合

執行猶予がつくケースでは、刑の重さは求刑通りになることが多いです。具体的には、求刑が懲役もしくは禁錮3年以下の場合、または50万円以下の罰金刑の場合、執行猶予がつく可能性があります。ただし、前科がある場合など、状況によっては求刑が懲役3年以下でも、執行猶予がつかない可能性もありますので、気をつけましょう。

禁錮刑、懲役刑や執行猶予付判決についてもっと知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。
禁固(禁錮)と懲役の違いは?どちらの罪が重い?執行猶予判決を得るには?

刑事事件、刑事裁判で困ったら弁護士に相談を

刑事裁判においてお困りの際には、早急に刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
裁判においてご自身が勝訴する、または少しでも有利な判決を得るためには、弁護士の存在が必要不可欠になります。刑事事件の知識と経験豊富な弁護士なら、あなたの心強い味方となってくれること間違いありません。
カケコムでは、刑事事件の経験豊富な弁護士が多数在籍しています。お悩みの際にはぜひお気軽にご相談ください。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費