カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

暴行罪の示談の進め方について解説!示談金の相場や示談する際の注意点とは?

暴行罪の示談の進め方とは?暴行事件を起こしてしまった場合、日常生活に与える影響を最小限にとどめるために大切なのが示談です。本記事では、示談のメリットや進め方、示談金額の相場について解説します。

「暴行の容疑がかけられている」
「暴行事件の示談交渉をしたい」

という方は、早急に弁護士にご相談ください。
早い段階で弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
適切な示談金の金額がわかる
・豊富な知識や経験から、説得力のある示談交渉が可能
示談金が軽減される可能性がある
不起訴処分や減刑となる可能性が上がる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

示談書の書き方

暴行罪の示談書では一般的には、下記の項目を盛り込みむことが多いです。

  • 事件が起きた日時、場所、当事者などの事件の内容
  • 示談金の金額とその支払い方法
  • 被害者が加害者を許す旨の宥恕条項
  • 被疑者と被害者の間に債権債務関係がこれ以上ない旨の清算条項
  • 両当事者の署名

示談書の雛形は、インターネットで検索すれば見つかりますので、そういったものを活用することも考えられます。

暴行罪に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】暴行罪の時効はどれくらい?暴行罪の時効の種類と期間について解説
>>【関連記事】被害届を取り下げてもらう方法とは?示談について
>>【関連記事】暴行罪で逮捕されないケースとは?暴行事件を起こしてしまった際にすべきことを解説

暴行事件を起こしてしまったら、弁護士にご相談を

暴行罪を疑われている場合や暴行事件を起こしてしまった場合、早急に刑事事件の経験豊富な弁護士にご相談ください弁護士にご相談いただくことで、早期釈放や不起訴処分獲得など、のちの社会生活に与える影響を最小限にできる可能性が高くなります。

逮捕され、勾留期間が長引けば、会社に行けない期間が長くなってしまい、会社をクビになってしまったり、前科がつけば、次の仕事探しにも影響が出てしまう可能性もあります。

弁護士にご相談いただけば、取り調べに対するアドバイスをしたり、身柄が拘束されご自身で示談交渉できない場合、代理で示談交渉を進めることなどができます。

また、ご自身で示談交渉できる状況であっても、ご自身の判断だけで交渉を進めてしまうと、必要以上の高額な示談金を請求されたり、被害者との交渉で揉めてしまい、なかなか示談成立できないといった状況に陥ってしまうことも珍しくありません。そのため示談する際には、まずは一度弁護士にご相談いただくことをおすすめします。

【即日相談・初回無料相談・相談のみOK】些細な疑問もお答えします

\相談受付中!/ あなたに合った弁護士を探す \無料相談受け付け中!/ 一分で弁護士に一括相談

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

吉田弁護士からのメッセージ

早期に相談いただくことが非常に重要です。最寄りの弁護士にご相談ください。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費