カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

正当防衛はどこから?定義とは?成立する4つの要件と過剰防衛にならない方法を解説

正当防衛はどこからなのでしょうか?そもそも正当防衛とは、「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為」のことを言います(刑法三十六条一項)。今回カケコムでは、正当防衛となるケースは具体的にどのようなケースなのかや、反対に正当防衛と認められないケース、逮捕された場合はどうすべきかについて解説していきます。「自分や知人、家族が逮捕されてしまったけれど、正当防衛だと思う」「正当防衛として無罪を勝ち取りたい」という人は必見です。

「自分や知人、家族が逮捕されてしまったけれど、正当防衛だと思う」「正当防衛として無罪を勝ち取りたい」

そんな方お悩みを抱えている方は、刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
あなたのケースの場合、正当防衛が成立するかどうかアドバイスをくれる。
無罪を獲得できるよう、あなたの行為が正当防衛であることを主張してくれる。
・逮捕後に勾留されないよう(早期釈放されるよう)、検察官に代理で交渉してくれる。
・裁判で有罪となった際でも、減刑されるようあなたにとって有利になる主張をしてくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索を、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

そもそも正当防衛とは?どこから?

そもそも正当防衛とは、「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為」のことを言います(刑法三十六条一項)。

刑法36条1項
(正当防衛)
第三十六条 急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を防衛するため、やむを得ずにした行為は、罰しない。
出典:刑法第三十六条

しかし、「急迫不正の侵害」がどのような意味なのか、「自己又は他人の権利」とはどの範囲のことを指すのか、「やむを得ずにした行為」とはどの程度を指すのかわかりますか?

次の項目で、正当防衛が認められる要件をより詳細に説明していきます。

正当防衛が認められる4つの要件とは?

それでは、正当防衛が認められる可能性のある要件をご紹介します。

正当防衛が認められる要件(1) 「急迫」の状態にあること

正当防衛が認められる要件のひとつ目は、「急迫」の状態にあることです。

「急迫」とは?

正当防衛でいう「急迫」とは、今現在攻撃を受けている状態・攻撃を受けそうになっている状態のことを指します。

例えば、今にもナイフで刺されそうな状態にあること等です。

もし相手から一方的に攻撃をされていたとしても、攻撃が終わった段階でこちらが反撃をしたら、それは正当防衛とは認められません。

「今現在攻撃を受けているのか」が重要なのです。

防衛の意思があることも重要

もし「急迫」の状態にあったとしても、そこに防衛の意思がない場合は、正当防衛とは認められない可能性があります。

正当防衛が認められる要件(2) 「不正の侵害」にあたること

正当防衛が認められる要件のふたつ目は、相手の攻撃が「不正の侵害」にあたることです。

「不正の侵害」とは?

正当防衛でいう「不正の侵害」とは、相手が今現在に正当な理由なく攻撃をしている・しようとしていることをいいます。

反対に「不正の侵害」に当たらない例としては、こちらが攻撃をしている・攻撃をしようとしている状態で相手が正当防衛として攻撃をしてきた際に、その正当防衛に対してさらに攻撃を加えること等です。

このように、正当防衛に対する攻撃は正当防衛に当たらない可能性があります。

正当防衛が認められる要件(3) 「自己又は他人の利益を防衛するため」に行った行為であること

正当防衛が認められる要件のみっつ目は、その正当防衛を「自己又は他人の利益を防衛するため」に行った事実があることです。

「自己又は他人の利益」とは?

ここでいう「自己又は他人の利益」とは、生命や身体、財産等の法的に守るべき権利や財産のことを指します。

自分や他人の生命や身体等を守るために行った行為は、正当防衛となり得るのです。

正当防衛が認められる要件(4) 「やむを得ずにした行為」であること

正当防衛が認められる要件のよっつ目は、その行為が「やむを得ずにした行為」であった場合です。

「やむを得ずにした行為」とは?

ここでいう「やむを得ずにした行為」とは、今現在襲われている状態であり、自分の生命や身体を守るためにやむを得ずに行った妥当な行為という意味です。

例えば、小柄な女性が大柄の男性にビンタをしたことに対し、大柄の男性がバットでその女性に反撃をした場合、それは過剰な攻撃となり、正当防衛とはならない可能性が高いです。

正当防衛と認められるには、相手との体格や力、武器の差等が妥当であり、最小限の力で行っている攻撃である必要があります。

過剰防衛になってしまったらどうすれば良い?

過剰防衛になってしまった場合でも、ケースによっては減刑や刑の免除を受けることができる可能性があります。

(正当防衛)
第三十六条
2 防衛の程度を超えた行為は、情状により、その刑を減軽し、又は免除することができる。

出典:刑法第三十六条

もし「自分の行った正当防衛が過剰防衛だったかも…」と思う方は、一度お気軽に弁護士へご相談ください。

過剰防衛であったとしても、減刑や刑の免除につながるように弁護や代理交渉を行ってくれる可能性があります。

正当防衛が認められない可能性があるケースとは?

先程は正当防衛が認められる可能性のあるケースをご紹介しましたが、一方で正当防衛が認められない可能性があるケースとはどのようなものがあるのでしょうか?

正当防衛が認められない可能性のあるケース(1) 正当防衛が認められる4つの要件に該当していない

前述したように、正当防衛が認められる可能性があるのは下記の4つの要件に該当しているケースです。

  1. 「急迫」の状態にあること
  2. 相手の攻撃が「不正の侵害」にあたること
  3. その正当防衛を「自己又は他人の利益を防衛するため」に行った事実があること
  4. その行為が「やむを得ずにした行為」であった場合

そのため、上記に該当しないケースでは、正当防衛が認められない可能性があります。

正当防衛が認められない可能性のあるケース(2) 相手が攻撃できない場合に攻撃をするケース

正当防衛が認められない可能性のあるケースとして、相手が先に攻撃をしてきたが、今現在は相手が攻撃できない状況にあるのに対し、攻撃を行うことも考えられます。

例えば、今現在あなたに攻撃をしている・しようとしている相手をあなたが押さえ込んだ後に、相手が攻撃しようとしていないのにそこに攻撃を加える等の場合です。

正当防衛をしたのに逮捕されたら?無罪になるには?釈放されるには?

もしあなたが正当防衛のつもりで行った行為をしたことで逮捕された場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?

また、無罪を勝ち取るにはどうすれば良いのでしょうか?

弁護士に相談するのがベター

正当防衛をしたのにあなたやあなたの知人や家族が逮捕された場合、弁護士に相談することがおすすめです。

というのも、前述したように「あなたが行った行為が正当防衛と認められるかどうか」はいくつかの要件と照らし合わせて検討する必要があり、刑事事件を専門としている弁護士に相談することで正当防衛として認められる可能性があるのか等を把握することができるからです。

また、弁護士によっては下記のようなサポートまで行ってくれる可能性があります。

  • 無罪を獲得できるよう、あなたの行為が正当防衛であることを主張してくれる。
  • 取り調べ時に何を話すべきかアドバイスしてくれる。
  • 逮捕後に勾留されないよう(早期釈放されるよう)、検察官に代理で交渉してくれる。
  • 裁判で有罪となった際でも、減刑されるようあなたにとって有利になる主張をしてくれる。
  • 精神的なサポートだけでなく、些細な疑問にもアドバイスしてくれる。

カケコムでは、刑事事件を得意とする弁護士が複数人登録しています。

ぜひ一度お気軽にご相談ください。

一人で戦うとこんなリスクにあたる可能性も

もちろん弁護士を雇わず、自分一人で戦うことも可能です。

しかし、誰にもアドバイスを受けずに一人で戦うことを選ぶと、下記のような様々なリスクを背負うことになる可能性が考えられます。

  • 自分の行動が正当防衛に当たるのか自信が持てず、正当防衛であると強く主張できなかった結果、有罪となってしまう
  • 検察官への交渉がうまくできず、最長で20日ほど勾留されてしまい、会社を解雇となってしまう
  • 精神的なサポートを受けられず、疲れてしまう。

もしあなたの行為が正当防衛であったのに正当防衛と認められず、有罪となった場合、前科がつきます

前科がつくと様々なリスクを抱えて生きていくことになりかねないので、そうなる前に、一度お気軽に弁護士へご相談ください。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費