カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

被害届を取り下げてもらう方法とは?示談について

被害届を取り下げてもらうにはどうすれば良いのでしょうか?この記事では、被害届を出されてしまった場合に取り下げてもらう方法と示談についてご紹介します。

被害届取り下げ

「被害届を取り下げてもらえない」「示談交渉をしたいが方法がわからない」

そんな方お悩みを抱えている方は、刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
妥当な金額で示談できるようアドバイスをもらえる。
被害届を取り下げてもらえるよう示談交渉をしてくれる。
示談書を作成してもらえる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索を、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

被害届の取り下げとは?

被害届とは?

被害届とは、被害を捜査機関に知らせるための書類です。

被害届と告訴状の違いは?

被害届と告訴は同じではありません。告訴状とは、被害を捜査機関に告知し、処罰を求めることが記載された書類です。告訴状は、「処罰を求める」という被害者の意思が含まれている点で異なります。

被害届の取り下げ期間・手続きについて

被害届の取り下げに期間はありません。しかし、被害届を取り下げてもらうことで、不起訴処分・釈放の可能性が高まるため、取り下げは早ければ早いに越したことはありません。

被害届を取り下げてもらうための示談という方法

示談書

被害届を取り下げてもらうには示談しかない?

被害届を取り下げてもらうには示談が必要になります。

示談とは?

示談とは、「民事上の紛争を裁判によらず、当事者間の合意で解決すること。民法上の和解契約のこと」(『広辞苑 第六版』)をいいます。

示談金の相場

示談金の相場は、事件の種類によって異なるため、具体的な金額は弁護士に聞いてみることをおすすめします。

被害届を取り下げられない場合のリスク

被害届を取り下げられない場合、逮捕や起訴されてしまい、前科がついたり刑事処分を受けるリスクが高まります。

示談して被害届を取り下げてもらうには

弁護士に相談しながら示談交渉を行い示談を成立させましょう。弁護士なしで示談すること自体は可能ですが、弁護士なしの示談は法的リスクが高くなったり、そもそも被害者に連絡できないケースもあります。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費