カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

賭博罪とは?賭博罪の種類と罰則、該当する行為について

賭博罪とは、「偶然の勝負に関し、財物を賭ける罪」のことですが、近年検事長が賭け麻雀で訓告処分を受け辞職したり注目されています。どのような行為が該当して、どのような罰則があるのでしょうか?本記事では、賭博罪と賭博罪の種類や罰則についてみていきましょう。

賭け麻雀

「賭博罪で逮捕された」「警察に賭博罪の嫌疑をかけられている」

そんな方お悩みを抱えている方は、刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
状況にあったアドバイスをもらえる。
代理で交渉をしてくれる。
煩雑な手続きを代行してもらえる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索を、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

賭博罪とは

賭博罪とは、偶然の勝負に関し、財物を賭ける罪です。

広義には、刑法に規定された犯罪類型の一つ「賭博及び富くじに関する罪(とばくおよびとみくじにかんするつみ)」の通称であり、狭義には、俗に謂う単純賭博罪(刑法第185条本文)を意味します。

賭博罪の種類と罰則

ギャンブル

賭博罪の種類と罰則はどのようなものがあるのでしょうか?

単純賭博罪:50万円以下の罰金または科料

賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

引用元:刑法第185条

常習賭博罪:3年以下の懲役

常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する

引用元:刑法第186条

賭博開帳図利罪:3年以上5年以下の懲役

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

引用元:刑法第186条2項

賭博罪になるケース・ならないケース

法律で認められていない賭博が賭博罪にあたり、法律で認められている行為は賭博罪に該当しません。

法律で認められる行為の例は、公営の宝くじ・競馬・競輪・競艇・オートレースなどです。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費