カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

逮捕されたら会社に連絡がいく?会社にバレない方法は?解雇される可能性は?

逮捕された場合、警察から会社に連絡はいくのでしょうか?今回カケコムでは、逮捕されると警察から会社に連絡がいってしまうのかや、警察から連絡がいかなくても会社にバレる可能性があるのかなどをご紹介します。「逮捕されてしまったけれど会社には絶対バレたくない」「知人や家族が逮捕されてしまったため、できるだけ周囲にバレずに問題を解決させたい」という人は必見です。

「逮捕されてしまったけれど会社には絶対バレたくない」
「知人や家族が逮捕されてしまったため、できるだけ周囲にバレずに問題を解決させたい」

そんな方お悩みを抱えている方は、刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼することで得られる可能性のあるメリット
・弁護士が検察官に交渉してくれ、勾留請求や起訴を免れられる。勾留請求を免れた結果、逮捕されたことを会社にバレずに済む
・弁護士に代理で示談交渉を行ってもらうことで、被害者との示談交渉が成立しやすくなる。その結果、不起訴等を勝ち取りやすくなる
・起訴され、有罪となった場合でも、減刑や執行猶予付きの判決を得られることがある。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索を、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

勾留は、逮捕後72時間以内に行われます。そのため、早め早めのご相談をおすすめします。

逮捕されたら警察から会社に連絡はいく?

警察に逮捕された場合、会社に逮捕されたことを連絡されてしまうのか不安に思う方も多いと思います。

実は、逮捕されても警察から会社に連絡がいかないケースと、反対に連絡がいってしまう可能性があるケースがあります

どんなケースだと会社に逮捕された連絡がいかないのか、下記にてご紹介します。

逮捕されても警察から会社に連絡がいかない場合

明確な決まりがあるわけではありませんが、基本的には、逮捕されただけでは警察から会社に連絡がいくことはないでしょう。

では、どんなケースだと会社に連絡がいく可能性があるのでしょうか?

逮捕されて警察から会社に連絡がいく場合

逮捕されて警察から会社に連絡がいく可能性がある場合は、あなたが逮捕された要因としてあなたの会社が関係している場合です。

例えばあなたが会社のお金を横領した罪に問われ、逮捕されたとします。

その場合、捜査の一環としてあなたの会社を捜査したり、あなたの会社の人に事情聴取をしたりする可能性があるため、その際にあなたの逮捕が伝えられる可能性があるのです。

警察から連絡がいかなくても会社にバレる可能性はある?

それでは、警察から連絡がいかなければ、あなたが逮捕されたことが会社にバレることはないのでしょうか?

実は、下記のようなケースの場合は、警察から連絡がいかなかったとしても、あなたの会社に逮捕がバレる可能性があります。

会社関係の人に逮捕を目撃された・何らかの形で知られた場合

会社関係の人にあなたが逮捕された瞬間を目撃されたり、人づてに聞いて知っていた場合などは、当然会社にあなたの逮捕を知られる可能性があるでしょう。

ニュースやネット、新聞で報道された場合

また、ニュースやネットで実名報道された場合も、会社に逮捕されたことを会社に知られる可能性があります。

この場合、会社だけでなく、あなたの知人や家族などにも知られてしまうことがあるでしょう。

ニュースやネット、新聞で実名報道されやすいのはどんなケースか?

ニュースやネット、新聞で実名報道されやすいのは、下記のようなケースです。

  • 逮捕者が著名人であった場合
  • 逮捕者が著名な会社の社員であった場合
  • 最近社会問題となっている(注目されている)事件の容疑者であった場合
  • 殺人などの重大事件であった場合など

勾留されている場合

さらに、勾留されている場合も会社に逮捕されたことがバレる可能性があります。勾留とは、下記の行為を指します。

被疑者(または被告人)の身柄を刑事施設に拘束することを言います。刑罰ではないため、勾留されただけで前科はつきません。

出典:カケコム「勾留とは?拘留との違いや定義、勾留される期間、対処法を解説

勾留は検察官が、被疑者の身柄を引き渡されてから24時間以内に請求するかしないかを決め、必要があれば請求を行いますが、勾留は最長で20日間にも及ぶ可能性があります

勾留をされた場合は、今まで通りに会社に通勤するなどの日常生活を送ることができません。

そのため、警察から会社へあなたの逮捕の連絡がいっていなくても、会社へ勾留されたためしばらく欠勤する旨を伝えないと、会社を長期間無断欠勤することになる可能性があるのです。

無断欠勤を避けたい場合は会社に連絡を入れるしかないため、このタイミングであなたが逮捕されたことが会社に知られることも十分に考えられます

勾留について詳しく知りたい方は、こちらの記事「勾留とは?拘留との違いや定義、勾留される期間、対処法を解説」をご覧ください。

会社に逮捕されたことがバレたら解雇される?

会社に逮捕されたことや勾留されたことがバレた場合、懲戒解雇される可能性があります

その理由は、あなたが逮捕や勾留をされたことで会社の信用を毀損したことや、就業規則上のルールに違反したこと等が考えられます。

このように、あなたが逮捕されたことが会社にバレた場合、職を失う大きなリスクもあります。

仮に逮捕や勾留の後に起訴され、有罪となった場合は前科がついてしまうため、再就職すら大変になる可能性もあるのです。

それでは、逮捕されたことを会社にバレないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

逮捕されたことを会社にバレないようにするには?

あなたが逮捕されたことを会社にバレないようにするには、専門家である弁護士に相談してみることが大変有効です。

というのも、弁護士に依頼すれば、被害者に示談交渉してくれたり、弁護士が検察官に交渉してくれ、勾留請求や起訴を免れられる可能性があるからです。

勾留請求を免れた結果、逮捕されたことを会社にバレずに済むことも有り得ます。

前述したように勾留が決定すれば会社に連絡を入れないことは一般的に難しいでしょうし、仮に起訴された場合、無罪を勝ち取ることはかなり困難です。

起訴後の有罪率は99.9%とも言われています。

そのため、早め早めに弁護士に依頼し、被害者と示談交渉を行ったり、勾留を回避したりすることが重要なのです。

また、仮に起訴されたとしても、弁護士に依頼しておくことで、減刑や執行猶予付きの判決が得られる可能性があります。

会社に逮捕されたことがバレる可能性を考えても、あなたの今後の生活を考えても、逮捕された場合はいち早く弁護士に依頼することが重要といえるでしょう。

また、逮捕された当人ではなく、家族や知人や逮捕されたという場合もぜひ一度ご相談ください。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費