カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
借金 債務整理

FXで借金してしまう原因とは?損失を避ける方法や借金の対処法を弁護士が解説

FXって借金しやすいの?FXで借金してしまうのには、実はいくつかの原因があります。本記事ではFXで借金する原因や借金しないための対策、借金してしまった場合の対処法について解説します。FXで借金するリスクを知りたい方や実際に借金でお困りの方は、参考にしてみてください。

「FXで多額の借金を負ってしまった…」

そんなお悩みを抱えている方は、一度弁護士にご相談ください。
早い段階で弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたに適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略です。

外国為替取引、外国為替証拠金取引を指しますが、外国為替証拠金取引を指す方がより一般的かもしれません。

その仕組みは、簡潔に言うと、2国間の通貨を売買し、為替レートの変動に着目して稼ぐ投資方法のことです。

たとえば1米ドル=110円で買い、1米ドル=120円のときに売ったとすれば、10円の利益が出ることになります。

FXは借金するリスクが高い?

FXでは、レバレッジという、証拠金の何倍もの金額を取引できるという方法を使うことで、自分が実際に持っているお金の何倍ものお金を取引することが可能です。

しかし、高いレバレッジで取引するほど、少しの相場変動でも、実際に入金したお金の何倍もの利益または損失が出てしまう可能性があります。

しかし、FX会社には借金を防ぐためのしくみもある

ここまでの説明を見ると、FXはとてもリスクが高く、借金しやすい投資方法に思えます。

しかしFX会社には、投資家が借金するのを防ぐしくみも用意されています。それがマージンコール強制ロスカットです。

マージンコールとは?

マージンコールは、損失が発生し証拠金維持率が一定の値を下回った場合、証拠金の追加やポジション(通貨を保有した決済前の状況を指します。)の決済を求められるしくみのことをいいます。

マージンコールを受けると、期日までに不足分の証拠金を入金するか、期日に不足状態であった場合はポジションが強制決済されます。強制決済されるということは、利益を出せる状況の時に売る、ということが出来ないということです。

強制ロスカットとは?

強制ロスカットは、一定水準以上の損失が発生した場合にポジションを強制的に決済し、さらなる損失が発生することを防ぐしくみです。

しかし、強制ロスカットに完全に頼って運用することはおすすめしません。

それは、強制ロスカットを何度も繰り返すことで証拠金がどんどん減っていってしまうためです。マイナスにはならないけれど、資金が底をつくことはあります。

そのため、強制ロスカットは最終手段であると認識し、できるだけ自身で損切りを行うようにしましょう。l

このようにFXには、投資家ができるだけ借金をしないようにするためのシステムが用意されているため、証拠金以上の損失は発生しにくく、借金もしにくいようになっています。

FXで借金する原因

FXには借金しにくくするためのしくみがあるとはいえ、それでも借金してしまうことはあります。

FXではどのような状況になると、借金してしまう可能性があるのでしょうか?FXで借金してしまうよくある原因についてご紹介していきます。

相場が急変する

まず短時間で相場が急変した場合、強制ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が出てしまうことがあります。そうすると追加証拠金(追証)が発生し、借金の原因になってしまいます。

災害やテロ、大統領選挙などがニュースになると、相場変動が大きくなる可能性が高くなりますので、そのような場合は要注意です。

市場の休場中に相場が大きく変動する

土日は市場が休みのため、取引は行われません。しかし相場は土日でも絶えず動いていますから、土日のうちに相場が大きく変動すると、大きな損害が出てしまう可能性があります。

生活資金を証拠金にあてる

FXに生活費を投資して取引を行うと、損失に対するプレッシャーが大きくなってしまいます。

そのため損失が出てしまった際も、 なんとか損失分を取り戻そうと取引を行い、損失がどんどん膨らんでしまう可能性があるのです。

FXの資金を借金でつくる

投資家が借金をしないためのシステムである強制ロスカットですが、中にはこれを避けるために追加で証拠金を入金する方もいらっしゃいます。

このとき金融機関から借金して資金を用意すると、そこからさらに損失が出てしまい、結果、大きな借金をつくることになってしまう可能性があります。

損切りをしない

自身で損切りをせず、FX会社による強制ロスカットを繰り返せば、損失はどんどん膨らみ、投資資金はなくなってしまいます。

そこからさらに損失を取り返そうと、取引のための軍資金を借金で用意し、大きな借金を背負ってしまう可能性もあります。

FXで借金しないための注意点

ここまでFXで借金しやすい原因をご紹介してきました。

そこで次に、FXでできるだけ借金をしないようにするためにできることについて解説していきます。

FXの基礎知識を身につける

まず前提条件として、FXを始める前にFXに関する基礎知識を身につけておく必要があります。FXの基礎について知っていないと、訳も分からないうちに取引でミスを犯し、損失が出てしまう可能性があります。

FXを始める際は、最低限「証拠金」とは何かや「追証」「pips」「ロット」「レバレッジ」「スプレッド」などのキーワードが何なのかは押さえておきましょう。

FXに使う資金を決めておく

FXをする際には、FXにどれだけの資金を使うのか、あらかじめ決めておきましょう。このとき、FXに使用するお金は余剰資金から出すようにすることも大切です。

FX初心者は特に、最初は少額の取引から始めることをおすすめします。

低いレバレッジで取引する

レバレッジは少ない資金で大きな金額がトレードできるため、ハイリスクハイリターンなしくみと言えます。

利益を求め過ぎず低いレバレッジで取引をすることで、為替変動による損失が抑えられ、借金を負うのを防ぐことができます。また、強制ロスカットになることも防げます。

土日をまたいでポジションを持たない

前述にもある通り、土日に大きな為替変動があると、週明けに大損していたなんてことも考えられます。

ですから週末にはポジションを全て決済し、土日は基本的に取引はしないことをおすすめします。

重要な経済指標発表を把握する

重要度の高い経済指標は、発表の時間を把握しておきましょう。

経済指標とは、物価や金利、景気、貿易など、経済状況を構成する要素を数値化したもので、各国の公的機関等が発表しています。この内容次第では、為替相場が大きく影響を受けることもあります。

FX会社の経済指標カレンダーは前もってチェックしておき、重要度の高い経済指標発表前には、事前にポジションを決済しておくなどの対策をしておきましょう。

損切りの逆指値注文を入れる

FXの取引の際には、逆指値注文を入れるようにしましょう。

逆指値注文とは、為替が現在のレートよりも不利な状況になったら約定するように指定する注文方法です。

たとえば現在のレートが1米ドル=110円の場合、105円の逆指値注文を出しておきます。すると、実際のレートが指定した105円に到達すると、自動で米ドル/円を買う注文がなされます。

このように、あらかじめ逆指値注文をしておくことで、損切りのポイントを決めておくことができます。

海外のFX業者が扱っているゼロカットシステムを利用する

ゼロカットシステムとは、口座残高がゼロを切ってしまった場合でも、FX業者が損失分を補填し、口座残高をマイナスからゼロに戻してくれるシステムのことです。

このシステムは海外のFX業者のみが取り扱っており、国内のFX業者では利用することができません。そのため、国内のFX業者を利用している場合、口座残高がゼロを切ってしまったら、その損失額を支払わなければならなくなってしまいます。

損失額を支払うリスクを回避したい方は、海外のFX業者で取引をするようにし、ゼロカットシステムを利用すると良いでしょう。

今までの運用結果を見直し、分析する

もしFXを運用するのが初めてではなく、過去の実績があるのなら、「どのように運用した結果、どのようになったのか」を改めて見直し、今後の策を立てることも重要です。

実績を分析し、今後の策を立てることで、「どうすれば損をせずに済む可能性が高いのか?」が徐々に分かってくることと思います。

運用の度に結果を見直して、より良い運用へ改善していきましょう。

FXで借金したときの対処法

万が一FXで借金してしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

ここからは借金してしまった場合の対処法について、解説していきます。

任意整理

任意整理とは、借入先の金融機関などと交渉し、借金の利息や月々の返済額を減らすことで、借金を無理なく返済できるようにするための手続きのことをいいます。具体的には、将来利息のカットや返済期間の延長、月々の返済額の見直しを行います。借金を正しい金利で計算し直し、過払い金が発生していた場合はその分減額することも可能です。

任意整理のデメリットとしては、ブラックリストに載り、クレジットカードやローンの利用ができなくなるがあげられます。任意整理をすると、約5年間、信用情報機関に事故情報が登録されることになります。

任意整理についてより詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】任意整理とは?どんなメリット・デメリットがある?

個人再生

個人再生は、裁判所を通じて借金を総額のうち10%~20%程度まで減額し、原則3年、最長5年で返済していく方法です。

この方法では家財を手放す必要がないため、持ち家などの財産があり、借金の金額が比較的大きい方が利用する傾向にあります。

個人再生のデメリットとしては、任意整理と同様、信用情報機関に事故情報が登録されるため、クレジットカードやローンは利用できなくなることがあげられます。

また、個人再生を利用すると、官報(国の機関紙)に名前と住所が載ることになります。ただし、一般の人が官報を見る機会はほとんどないため、個人再生したことを会社などに知られる可能性は低いでしょう。

個人再生をすべきか悩んでいる方は、下記の記事をご参照ください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】個人再生の条件は?どんなときに個人再生するべきか解説

自己破産

自己破産は、裁判所に申立てを行い、借金を全額免除してもらう方法です。

自己破産すれば、借金がいくらあったとしても、すべての返済が免除されます。

ただし自己破産するには、裁判所に免責を認められなければなりません(破産法252条1項4号)。そしてFXは、「浪費又は賭博その他の射幸行為をした」として免責不許可事由にあたるため、申請をしても借金を免除してもらえない可能性があります。

さらに自己破産のデメリットとしては、家や車など、一定以上の価値のある財産はすべて没収され、借入先への返済に充てられることがあげられます。

そして個人再生と同様、信用情報機関に事故情報が登録され、官報にも名前と住所が載ります。

また、自己破産の手続き中は、就ける職種も制限されます。弁護士や司法書士、旅行業者、建設業者などの職種には就くことができません。

自己破産についてより具体的に知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】自己破産手続きの種類とかかる費用や期間について解説

>>【関連記事】自己破産するとローンは組めなくなる?自己破産後、ローンを組むためのポイントを解説

>>【関連記事】官報から自己破産したことはばれるのか解説

困ったら弁護士に相談を

借金を負ってしまった場合で個人再生や自己破産をする場合、その手続きは複雑で時間もかかります。

もしそのような状況になってしまったなら、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

また「借金を負ってしまい、どうすればいいかわからない…」という方も、その時点でご相談いただければどのような選択肢がとれるのか提示することができます。借金でお悩みの方はお気軽に弁護士にご相談ください。

カケコムなら、地域や得意分野など、ご自身の状況に合った弁護士を検索してお悩み相談が可能です。借金問題解決実績のある弁護士も多数在籍していますので、ぜひ一度ご相談ください!

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

弁護士から一言メッセージ

そもそもFXは、上記のとおり、ハイリスクハイリターンな性質の取引であり、為替相場を読むというのはその道の専門家でも難しいものです。

「人に勧められて」などと安易に手を出さないのが賢明と思われます。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費