カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
犯罪・刑事事件

示談とは?慰謝料との違いは何?示談交渉をするメリットや流れ、作成内容を解説

示談とは、「個人間で発生したトラブルを、民事裁判を介さず当事者間の合意をもって解決すること」をいいます。今回カケコムでは、示談や示談交渉の意味について、示談と慰謝料の意味の違い、示談をするメリット、示談成立までの流れと作成内容について、有利に示談交渉を進める方法を解説します。あなた自身やあなたの家族、知人がなにか刑事事件を起こした場合や、逮捕されてしまった場合は、ぜひ一度本記事をチェックしてみてください。

「自分自身や家族、知人が事件を起こしてしまったため、すぐにでも有利な示談交渉がしたい」
「逮捕されてしまったため、早期釈放を目指したい。有罪となった場合でも減刑されるよう行動したい」

そんな方お悩みを抱えている方は、刑事事件に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼することで得られる可能性のあるメリット
・被害者と連絡が取れなくても、あなたに代わって被害者と連絡を取ったり、交渉してくれる。
・被害者があなたの提示した金額より高い示談金を提示した場合、あなたの要望を通せるようアドバイス・サポートしてくれる。
・示談金交渉以外でも精神的なサポートをしてくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索を、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

逮捕・起訴され、有罪判決となった場合は前科が残ります。その可能性を少しでも早めに回避するために、早め早めのご相談をおすすめします。

示談とは?

示談とは、「個人間で発生したトラブルを、民事裁判を介さず当事者間の合意をもって解決すること」をいいます。

民法上では「示談」という用語はなく、「和解」といいます。

(和解)
第六百九十五条 和解は、当事者が互いに譲歩をしてその間に存する争いをやめることを約することによって、その効力を生ずる。
出典:民法第六百九十五条

それでは、よく聞く示談交渉とはどのような意味なのでしょうか?

示談交渉とは?

示談交渉とは、加害者と被害者の間で、示談の金額や条件を交渉することです。

示談と慰謝料の違いは?

示談と似たイメージを持つ言葉として、慰謝料があります。

示談金は慰謝料の一部として存在するため、示談と慰謝料は違う意味を言葉を持つというよりも、同じような意味を持つ言葉と言えるでしょう。

刑事事件における示談成立のメリットは?

それでは、刑事事件等が起きた際に、なぜまず示談交渉をした方が良いのでしょうか?

それは、示談交渉を行うことで下記のようなメリットが考えられるからなのです。

前科をつけずに問題を解決できる可能性がある

刑事事件における示談成立のメリット一つ目は、前科をつけずに問題を解決できる可能性がある点です。

通常、なにか事件を起こし、逮捕された場合、下記のような流れで取り調べを受けたり、場合によっては最長で20日間身柄を拘束(勾留)されたり、起訴され、有罪判決を受ける可能性があります

逮捕された際にたどる流れ

起訴され、有罪判決を受けた場合は、前科がつきます

前科がつくと、下記のようなデメリットを被る可能性があります。

  • 就職の際のエントリーシート等に賞罰の欄がある場合、前科を記載する義務が発生するため、就職に不利になる場合がある。
  • 実名報道等があった場合、進学や就職に不利になる場合がある。周囲にも知られる可能性がある。
  • 会社から懲戒解雇を受ける可能性がある。
  • 公務員で禁固刑以上の判決を受けた場合、欠格となり(地方公務員法第十六条一項)、失職する。
  • 資格を停止されたり、新たな資格が取れなくなる可能性がある。
  • 渡航に制限がかかる場合がある(旅券法第十三条三項)。

出典:カケコム「前科・前歴・逮捕歴の違いは?今後の生活にどんな影響がある?前科を避けるには?

起訴後の有罪率は99.9%とも言われているため、有罪判決を受けた後の上記のようなデメリットを避けるためにも、早め早めの示談を行い、示談成立に向けて行動することが重要なのです。

前科についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事「前科・前歴・逮捕歴の違いは?今後の生活にどんな影響がある?前科を避けるには?」をご覧ください。

逮捕されても早期釈放を望める可能性がある

刑事事件における示談成立のメリット二つ目は、逮捕されても早期釈放を望める可能性がある点です。

前述したように、逮捕された場合は取り調べを受けた上で、検察官の判断によって勾留されたり、起訴されたりします。

しかし、勾留請求や起訴をされる前に被害者との示談が成立していれば、すでに和解が成立していると捉えられ、勾留や起訴の必要性がないと判断される可能性があるのです。

そのため、示談交渉をはやめに成立させることで、早期釈放を望める可能性があります。

起訴されても減刑が望める可能性がある

刑事事件における示談成立のメリット三つ目は、起訴されても減刑が望める可能性がある点です。

これは、上記の「逮捕されても早期釈放を望める可能性がある」の項目と同様の理由で、すでに被害者との間に和解が成立しているため、情状酌量の余地があると判断されることがあるためです。

このように示談交渉を成立させることで大きなメリットがあるため、弁護士等の専門家に相談をしつつ、あなたに有利になるよう示談交渉を進めていきましょう。

刑事事件における示談はどう進める?流れは?示談書の作成内容は?

刑事事件における示談は、下記のような流れで進んでいきます。

示談金交渉の流れ

  1. 被害者に連絡を取る。
  2. 被害者と示談金について協議する。
  3. 示談書を作成する。示談書には、加害者、被害者両名が署名、押印をする。

しかし、第一ステップである被害者と連絡を取るというだけでも、加害者自身のみで行うと難航する可能性が高いです。

そもそも被害者から連絡先を教えてもらうことができないことが多いのです。

それでは、どのようにすれば示談交渉をうまく、且つ有利に進めていくことができるのでしょうか?

示談交渉を損せず有利に進めるには?被害者に応じてもらうにはどうすればいい?

示談交渉をうまく、且つ有利に進めていくには、刑事事件に注力している弁護士等の専門家へ相談することが非常におすすめです。

というのも、弁護士に相談することで下記のようなメリットを得られる可能性があるからです。

  • 被害者と示談交渉の連絡が取れなかった場合でも、弁護士であれば、被害者に示談金交渉に応じる気がある場合、連絡先を知らせてもらえる可能性がある
  • 被害者が示談に後ろ向きであっても、示談に取り合ってもらえるよう弁護士が交渉してくれる可能性がある。
  • 刑事事件に関する実績を多く持っている弁護士なら、金銭面以外でも条件をつけることで示談金の支払い額を抑えることができる可能性がある。(例えば痴漢事件であれば、同じ通勤電車を使用しないことを条件として追加する代わりに、示談金の減額交渉をする等)

より確実に示談を成立させたい場合は、下記ボタンより一度弁護士へご相談ください。

まだ確実に示談交渉をするとは決めていないけれど、わからないことや聞きたいことがあるという方も、ぜひお気軽にご連絡ください。

弁護士があなたの力強い味方となり、最善を尽くしてくれます。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費