カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
借金 債務整理

親の借金を子供が返済する義務ある?返済義務しなければならない場合と対処法

親の借金は子供が返さないといけないものなのでしょうか?どのような場合に返済義務があるのか、回避する方法はないのかについてご紹介します。

親の借金

親の借金を取り立てられている
親が借金を残して亡くなってしまった

そんなお悩みを抱えている方は、借金・債務整理に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られます。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
状況にあったアドバイスをもらえる
代理で交渉をしてくれる
煩雑な手続きを代行してもらえる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

親の借金を子供が返済する義務はある?

親が健在で親の借金の保証人になったりしていない場合、子供に親の借金の返済義務はありません。

しかし、子供が親の借金を返済する義務がある場合もあるため、どのような場合に返済義務があるのか見ていきましょう。

親の借金を返済する義務がある場合

親の借金を返済があるケースは、親が借金を残して亡くなった場合・親の借金の保証人になっていた場合・親が子供の名義で借金をしている場合があります。

以下でそれぞれのケースを見ていきましょう。

親が借金を残して亡くなった場合

連帯保証人は、主債務者に返済力があるにも関わらず保証人に請求が来てしまった場合でも主債務者に代わって返済をしなければなりません。

債権者が前条の規定に従い主たる債務者に催告をした後であっても、保証人が主たる債務者に弁済をする資力があり、かつ、執行が容易であることを証明したときは、債権者は、まず主たる債務者の財産について執行をしなければならない。

引用元:民放第453条

子供が親の保証人になっている場合

「連帯保証人」は、保証人が複数いても全額の返還義務を負います。一方で「保証人」は、保証人が複数いる場合、分別の利益を受けることができるので全額の返還義務を負うことはありません。

親が子供の名義で借金をしている場合

親が子供の名義で借金をしている場合には、子供が名義を貸すことに合意している場合と親が勝手に子供の名義でお金を借りる「名義冒用(めいぎぼうよう)」の場合があります。

名義冒用の場合でも返済義務が生じてしまう可能性があるため、そのような場合はすぐ弁護士に相談しましょう。

親の借金返済を回避する方法

親の借金返済義務を負わないためには、親が健在のうちに親の借金の有無を確認し、借金がある場合は適切な対処をすることが重要です。

以下では借金がある場合の対処法をみていきましょう。

相続放棄する

相続放棄とは、相続人が遺産の相続を放棄することです。

限定承認する

限定承認とは、遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続することです。

自己破産する

親の借金返済義務を負ってしまい返せない状況になってしまった場合は、自己破産が必要になる場合もあるでしょう。そうなる前に弁護士に相談しましょう。

親の借金について興味のある方はこちらの記事も参照ください

債務整理と自己破産はどっちがいい?かかる時間と費用を比較!

個人再生とは?個人再生のメリット・デメリットと種類や手続きについて

自己破産ができる条件は?できない時の対処法についても解説

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費