カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
借金 債務整理

住民税を滞納するとどうなる?対処法と住民税滞納から抜け出す方法について

住民税の滞納には、役所からの督促状の送付後に延滞金(延滞税)が課せられます。ここでは、住民税を滞納した際の具体的な対処法。そして住民税の滞納から抜け出すための方法についてわかりやすく紹介していきます。

住民税延滞

借金や債務整理に関するお悩みを抱えていませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたに適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

住民税を滞納するとどうなる?

住民税を滞納した際には、納付期限から数えて20日ほどで、督促状が自宅などの住所宛に届きます。督促状に記された期日以内に住民税の納付が確認できない場合には、預貯金などの差し押さえ処分が実行されるケースも。

住民税を滞納すると延滞金が発生する

住民税の滞納後は、完済するまで延滞金が発生します。

延滞金の計算式:延滞金=延滞した税額×延滞利率×延滞日数÷365日

住民税を滞納すると給与口座が差し押さえられる?

住民税の滞納が、督促状の発送後10日以上継続された際、給与口座や預貯金の差し押さえになる可能性が出てきます。

住民税を滞納してしまったときの対処法

住民税を滞納してしまった際には、届いた督促状の期限内に納めることが一番の対処策です。やむを得ない事情により、督促状の期限内での納付が困難な場合には、市区町村役場の収納課に連絡を入れて納税の意思を伝えることをおすすめします。

住民税を滞納から抜け出す方法

住民税の滞納から抜け出す方法として、借金を法的に減額可能な「債務整理」があげられます。債務整理は、任意整理と個人再生、そして自己破産の3種類です。あなたにあった最適な方法を選ぶには弁護士に状況をお話してみてください。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費