カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理

給与所得者等再生とは?どんなときに給与所得者等再生をすべきか解説

給与所得者等再生は、会社員や公務員などの給与所得者の借金を減額し、3年から5年の間に完済できるようにするための債務整理手続きです。返済を確実に行うための収入の安定度が問われるのが特徴と言えるでしょう。

借金や債務整理に関するお悩みを抱えていませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたに適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

給与所得者等再生とは

給与所得者等再生とは、5,000万円以下の債務を軽減するための個人再生手続きの一種です。主に会社員などの給与所得者に適用されますが、アルバイトやパートなどの非正規雇用の方も利用できます。

給与所得者等再生の適用条件は次のとおりです。

  • 借金の総額が5,000万円以下であること
  • 年収の変動幅が20%以内の給与所得者であること
  • 2年分の可処分所得相当の債務総額が返済できること

可処分所得は、源泉徴収票と市区町村住民税の課税証明書(ともに2年分)によって算出されます。営業職など、歩合給が給与に占める割合が多い方は、利用できない可能性があります。

どういうときに給与所得者等再生を行うの?

給与所得者等再生が利用されるのは、大口の債権者(債務総額の50%以上)または、債権者の半分以上が債務整理手続きに対して反対を申し立てているケースです。

給与所得者等再生のメリットとしては、減額された借金を3年から5年かけて返済できる点があげられます。ただし、2年分の可処分所得を下回る金額まで減額されることはありません。また、年収の変動幅20%以内の給与所得者という条件から、ある程度ハードルの高い手続き方法と言えるかもしれません。

そのため、会社員などの給与所得者であっても、まずは同じ個人再生手続きである「小規模個人再生」を検討するのが一般的です。

まとめ

個人再生手続きの中でも、得意給与所得者等再生は、かなり複雑な方法になります。もし借金に関するお悩みを抱えていたり、個人再生などの債務整理を検討している場合は、借金問題に強い弁護士へのご相談をおすすめします。弁護士に相談することで、どのような解決策があなたに最適なのかや、具体的な手続きに関するアドバイスやサポートを受けるができます。

最近では初回相談無料の法律事務所も多くありますので、まずはお気軽にご相談ください。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費