カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理

個人再生のデメリットは?個人再生を検討する際に気を付けるべきことについて解説

個人再生にはどのようなデメリットが存在するのでしょうか?個人再生とは、大幅に減額された借金を3年から5年にかけて返済できるようにする手続きです。ここでは個人再生をする上で考慮すべき持つ2つのデメリットや、得られるメリットについて紹介していきます。

個人再生失敗

個人再生とは

個人再生とは、5,000万円以下の借金を、総額の10%から20%まで減額したものを、3年から5年にて完済するための債務整理の手続きです。

主に個人事業主(商店主や小規模な事業)に適用される「小規模個人再生」と、会社員などで用いられる「給与所得者等再生」の2種類があります。

小規模個人再生にて減額される借金の最小金額は100万円です。ちなみに会社員の方であっても、小規模個人再生を選択するケースがあります。

個人再生のメリット

個人再生を行うことで得られるメリットとしては、借金の総額が10%から20%まで減額される(最小金額100万円/小規模個人再生)ことがあげられます。

その結果、月々の返済に対する負担が軽減され、無理なく完済することが可能になります。

個人再生のデメリット

一方で、個人再生のデメリットとして以下の3つがあげられます。

  • 官報に氏名と住所が掲載される
  • JICCやCIC等の信用情報機関に「事故情報」の記録が残る
  • (5年から10年は新規のローン契約を結ぶことができない)
  • 借金に保証人がついている場合、保証人に借金返済義務が発生する

特に保証人がついている場合は、事前に個人再生しようと思っていることを伝え、謝罪するなどの対処が必要でしょう。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費