カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理

債務超過とは?債務超過を解消するための対処法について解説

債務超過とは、会社が抱えている負債が資産よりも多い状態のことをいいます。債務超過になると融資が受けづらくなり、取引先との信頼問題にもつながります。今回はそんな債務超過に陥った場合の解消方法について説明していきます。

会社が債務超過に陥ってしまったら、早めに弁護士にご相談ください。
早期にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・今後どうすべきか適切なアドバイスをもらえる
債権者との交渉まで任せられる
煩雑な手続きのサポートも受けられる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

債務超過とは

債務超過とは、企業の負債総額が資産総額よりも多くなっている状態のことをいいます。また、負債が資産より少なくとも、純資産から負債金額を支払っている場合は債務超過といえます。

債務超過を解消するにはどうすればいい?

債務超過の解消するにはどんな方法があるのでしょうか?ひとつずつ見ていきましょう。

増資する

まず考えられるのは、増資をして純資産を増やす方法です。

具体的には、

  • 経営者個人の資金で増資する
  • 新株の発行をする
  • 投資ファンドや投資家から増資してもらう

といった方法があります。

DES(デット・エクイティ・スワップ)を検討する

DESとは金融機関の救済制度で、債務を株式に交換し、株式を金融機関に譲渡することをいいます。これにより純資産を得られるため、債務超過が軽減されます。

債務免除を受ける

債務免除とは、取引先に対する買掛金や金融機関に対する借入金を免除してもらうことです。

しかしこの方法は、取引先との間によほどの信頼関係がないと難しいでしょう。

民事再生法・会社更生法を適用する

会社を新しく再生させる方法を会社再生法と言います。

民事再生法と会社更生法の2種類にわかれており、下記のような違いがあります。

民事再生法:経営陣はそのままで再建を勧める
会社更生法:経営陣を退けて、裁判者が選んだ管財人を中心とし再建をすすめる

M&Aを行う

M&Aとは主に

  • 会社売却
  • 事業譲渡
  • 合併

のことです。

ただしM&Aを行う際は、M&A会社に依頼することをおすすめします。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費