カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理 自己破産

カード破産とは?手続き方法やメリット・デメリットについて解説

カード破産とは、クレジットカードでの支払いが不可能になり、自己破産することをいいます。本記事では、カード破産の方法とメリット・デメリットについて解説します。

借金や債務整理に関するお悩みを抱えていませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたに適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

カード破産とは?

カード破産とは、クレジットカードでの支払いが不可能になり、自己破産することを指します。自己破産は自分が所持している一定の財産(養育費などは除く)をお金に換えて、負債を返済することです。また、裁判所から免責許可が出れば、残りの借金返済は免除されます。

現金を持ち歩く必要がなく、お得なポイントもつくクレジットカードはとても便利なものですが、その分自分がどれくらい出費したのか把握しづらく、自分では返しきれない借金を抱えるリスクも高いです。そのような状況になってしまった場合に選択肢のひとつとして考えられるのが、自己破産です。

ここからは、返しきれないほどの借金を抱えた場合に自己破産するメリットとデメリットについて解説していきます。

自己破産のメリット

借金が免除される

自己破産のメリットは、先にも述べたように、借金の支払い義務を免除できることです。自分が所持している財産をお金に換えても返済ができない時に、免除ができて返金義務がなくなります。

ただ借金の支払いを免除するには、裁判所にて免責を許可される必要があります。

借金の督促や取り立てがなくなる

自己破産し免責が認められると、借金は免除されますから、債権者からの督促や取り立てがなくなります

そのため、精神的な負担がなくなり、前向きに今後の生活ことについても考えやすくなるでしょう。

無職や生活保護受給者でも可能

任意整理や個人再生など、自己破産以外の債務整理方法は、無収入の方は利用することができません。しかし、自己破産は無職の方や生活保護受給者でも利用可能です。

自己破産のデメリット

一定の財産を失う

自己破産をすると、20万円以上の資産や99万円を超える現金を失うことになります。こうした財産は売却されるなどして、借金の返済に充てられるのです。

ブラックリストに載る

自己破産のデメリットは、ブラックリストに登録されることです。要するに事故情報が信用情報に載ります。

そうなると約5〜10年間は、ローンが組めず、クレジットカードが作れない状態になります。

保証人や連帯保証人が借金返済の義務を負う

保証人や連帯保証人が要る場合、自己破産すると、借金の返済義務は保証人や連帯保証人に移ります

自己破産する場合は、事前に保証人や連帯保証人と話し合った上、謝罪しておきましょう。

自己破産の手続きの流れ

自己破産の手続方法は以下の通りです。

  1. 弁護士または司法書士に依頼
  2. 自己破産や免責の申立て
  3. 裁判所で破産審尋(面接)
  4. 破産手続き開始決定
  5. 免責決定

自分自身で手続きする必要はなく、弁護士や司法書士に代行依頼してもらいます。

離婚に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】自己破産の費用相場はどれくらい?自己破産費用が払えない場合の対処法も解説

>>【関連記事】自己破産手続きの種類とかかる費用や期間について解説

>>【関連記事】自己破産するとローンは組めなくなる?自己破産後、ローンを組むためのポイントを解説

まとめ

クレジットカードを利用していれば、誰しもカード破産のリスクがあると言えます。自分は大丈夫と思わず、日ごろから収支の管理はしっかりしておくようにしましょう。

もしクレジットカードが原因で借金を負ってしまいお困りの場合は、まずは弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士なら自己破産を含め、どのような解決方法があり、どの方法が最善なのかや、自己破産で免責してもらえる見込みがあるかなどのアドバイスをしてくれます。まずは一度弁護士に相談し、今後の方針を固めましょう。

最近では初回相談無料の弁護士事務所も多くあります。お悩みの際はぜひお気軽にご相談ください。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費