カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
トラブル

フィッシング詐欺とは?手口や対処法を解説

フィッシング詐欺をご存知ですか?本記事では、フィッシング詐欺のよくある手口や対策などを解説しています。

詐欺被害に遭ってお困りの方は、弁護士にご相談ください。
弁護士に相談することで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
被害金を回収できそうかどうか判断してくれる
交渉や裁判での手続き等を一任できる
警察への申請も行ってくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

フィッシング詐欺とは

フィッシング詐欺とは、詐称された送信者からの電子メールや偽物の企業のWebサイト等から、アカウント情報やクレジットカードの番号を入力させて窃取する犯罪行為を指します。

フィッシング詐欺の手口

典型的なフィッシング詐欺の手口としては、有名な企業や金融機関を装い、不特定多数に電子メールを送る方法があげられます。「アカウント更新」など必要性がある文面を使い、クリックを促します。そしてリンク先の偽サイトにて、個人情報や口座番号を記入させることで、情報を盗み取るのです。

信用できる企業名を使い、本物と酷似したWebサイトを作っているため、偽サイトだと気付くのは容易ではありません。

その他にも、掲示板やSNSにURLを載せ、アクセスさせる手口もあります。

フィッシング詐欺に合わないようにするには?

フィッシング詐欺の対策は、リンク先のURLをしっかり確認することです。偽サイトのURLをよく確認すると、正規のサイトとは違ことが分かります。

偽サイトのURLと間違えないためには、正規のサイトのURLをブックマークしておき、毎回そこからアクセスするようにしたり、契約時に通知されているURLを直接入力するようにしましょう。

また個人情報の記入を求められたら、注意しましょう。クレジットカード会社や金融機関は通常、メールで個人情報の記入を求めることはありません。

「怪しいな」「本物か詐欺か判断がつかない…」といった場合は、メールを送ってきた企業のサポート窓口などに電話し、確認するのもひとつの方法です。

フィッシング詐欺に引っかかってしまった時の対処法

フィッシング詐欺に引っかかり、個人情報等を入力した場合は相談や連絡をしましょう。

相談窓口は以下の通りです。

  • 企業のサポート窓口
  • 都道府県警察サイバー犯罪相談窓口
  • 国民センター
  • 消費生活センター

個人口座の場合は補償制度があるため、詐欺にあった後はすぐに連絡すべきです。

またアカウント情報が盗まれたなら、ログイン情報を変更してアクセスできないようにしましょう。

詐欺に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】情報商材詐欺を見抜く方法3選や事例、返金方法を現役弁護士が解説

>>【関連記事】詐欺の時効はどれくらい?詐欺罪の時効の種類や期間について解説

>>【関連記事】LINE詐欺の原因・手口・事例・防止策・対処法【要注意!】

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費