カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
トラブル

仮想通貨詐欺とは?確認方法や被害時の対処法を弁護士が解説

仮想通貨(法律上の用語では「暗号資産」ですが、ここでは分かりやすいように一般的に知られている当該用語を用います。)詐欺とは、「必ず儲かる」等と虚偽を言って仮想通貨を購入させ、購入後に連絡が付かなくなる等の手口を使った詐欺のことをいいます。様々なパターンがあり、その手口は巧妙です。今回カケコムでは、仮想通貨詐欺の手口例や実際にあった仮想通貨事件、詐欺に遭わないようにする方法等を解説します。

「甘い言葉に騙されて仮想通貨を買ってしまった」
「入金したあとに仮想通貨詐欺であったことに気づいた」
そんなお悩みをお持ちの方は、弁護士に相談することでさまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・被害に遭ったあとでも取れる最善の手段を教えてくれる
犯人を特定し、返金するよう交渉してもらうことができる
今後また被害に遭うことがないようにアドバイスをしてくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

【即日相談・初回無料相談・相談のみOK】些細な疑問もお答えします

\相談受付中!/ あなたに合った弁護士を探す \無料相談受け付け中!/ 一分で弁護士に一括相談

仮想通貨詐欺とは?

仮想通貨詐欺とは、「必ず儲かる」等と虚偽を言って仮想通貨を購入させ、購入後に連絡が付かなくなる等の手口を使った詐欺のことをいいます。

仮想通貨の購入者が増えるにつれ仮想通貨詐欺も多くなり、いろいろなパターンが確認されています。

仮想通貨詐欺の手口の例

仮想通貨詐欺の例としては、下記のようなものが挙げられます。

  • アプリやSNSで知った相手に紹介され仮想通貨を購入したが、サイトと連絡が取れない
  • 上場前の仮想通貨を購入後に業者と連絡が付かなくなった
  • 「これから上場する仮想通貨を購入すれば数倍になる」と聞いて振り込んだが連絡がない

要するに、相手にお金を渡したのに(渡したら)、相手と連絡が付かなくなるということです。

SNS等で知り合ったばかりでまだ信頼関係が完全に築けていない相手からの言葉は慎重に受け取り、少しでも相手の言っていることや行動が怪しいと感じたらきっぱりと断るようにしましょう。

詐欺コインと判断された業者例

詐欺コインとは、未公開の仮想通貨を販売して資金を調達し、最終的に公開せずに調達資金を持ち去るという詐欺の一事例です。

詐欺コインの一つとして、「クローバーコイン」が挙げられます。

クローバーコインは、日本経済新聞では下記のように記されています。

消費者庁は27日、「デジタル仮想通貨」と称した「クローバーコイン」を販売する「48ホールディングス」(札幌市)に対し特定商取引法違反(不実告知など)に基づいて3か月間の連鎖販売取引停止命令を出した。

出典:日本経済新聞「「仮想通貨」販売で虚偽説明 消費者庁、業者を取引停止

このクローバーコインは、知人に「3ヶ月で128倍の価値になる」等と虚偽の説明を行う等し、仮想通貨詐欺を行っていました。

このように実際にあった事件をもとに、どんな手口で詐欺が行われていたのかを知ることで、自分自身が騙される可能性を低くすることができるでしょう。

仮想通貨詐欺かどうか確認する方法は?詐欺に遭わないようにするには?

仮想通貨詐欺かを確認するには、以下の条件に該当するか、チェックしてみてください。

該当する項目があれば、仮想通貨詐欺の可能性が高いと考えられます。

金融庁の公式HPで業者名を確認する

仮想通貨を売買する場合、金融庁に業者登録をする必要があります。

つまり、金融庁に登録されていないのに仮想通貨を売買する業者は詐欺である可能性が高いです。

そのため、仮想通貨を買う前に、まずは金融庁の公式HPでその業者が登録されているのかしっかりと確認しておきましょう。

金融庁のサイトに、下記のようなPDFがありますので、そちらで確認してみてください。

「価格保証」や「買取保証」という言葉が書かれていないか

仮想通貨詐欺の一つの手口として、価格保証や買取保証という言葉が使われることがあります。

このような甘い言葉を用いて仮想通貨を売買する業者は怪しいといえるので、注意しましょう。

「保証する」「必ず儲かる」「確実に値上がりする」などの文句は詐欺の常套句です。

相手がSNS等で知り合ったばかりの人やセミナー関係者等でないか

前述したように、SNS等で知り合ったばかりでまだ信頼関係が築けていないのに、仮想通貨の売買について売り込みをされることもあります。

例え相手に好意を持っていたり、「信頼できそう」という直感が働いたとしても、「本当に信頼していいのか」を今一度自分に問いかけてみてください。

SNS等で知り合った相手なら、素性が分からないことも多いため、何かあっても問い詰めることもできず行方をくらます可能性も考えられます

慎重に検討し、判断してください。

また、「絶対に稼げる」といったような甘い言葉で行っているセミナーにも注意しましょう。

「取引所」や「交換所」で購入できるかどうか

一般的に、仮想通貨は取引所や交換所といった業者から購入していきます。

そのため、取引しようとしている仮想通貨の業者が取引所や交換所からも購入できる業者なのか確認しておきましょう。

取引所や交換所から購入できる業者ならば、信頼できるといえるでしょう。

弁護士に相談する

自分がやろうとしている取引が仮想通貨詐欺に引っかかっていないか少しでも疑念を抱いたら、ためらわず弁護士に相談しましょう。

弁護士は専門家として詐欺の典型事例についての知識を有していますから、詐欺かどうかを適切に判断することができます

詐欺被害は事後的に弁償を受けるのが大変難しいので、事前相談で被害を防ぐことが重要です。

【即日相談・初回無料相談・相談のみOK】些細な疑問もお答えします

\相談受付中!/ あなたに合った弁護士を探す \無料相談受け付け中!/ 一分で弁護士に一括相談

仮想通貨詐欺の被害に遭ってしまったらどうすればいい?

注意していても、仮想通貨詐欺の被害に遭ってしまうことはあると思います。

被害に遭ってしまった場合に適切な対処を取ることが非常に重要なので、下記のような手段を取ることを検討してみてください。

行政の窓口に相談する

「金融サービス相談室」や「消費者ホットライン」では、仮想通貨詐欺についての相談を受けています。

不審な勧誘を受けたら相談してみましょう。

  • 金融サービス利用者相談室:電話番号0570-016811(受付時間は平日10時~17時)
  • 消費者ホットライン:電話番号(局番なし)188

警察に相談する

「警察総合相談窓口」でも、仮想通貨詐欺についての相談が可能です。

振り込んだお金が使えない・業者と連絡が付かないなど、被害にあったらすぐに警察に相談しましょう。

  • 警察総合相談窓口:#9110

弁護士に相談する

仮想通貨詐欺の被害に遭ったら弁護士への相談もおすすめです。

詐欺被害に強い弁護士に相談することにより、仮想通貨詐欺に対して適切な対策を取ることができる可能性があります。

難しいケースが多いですが、場合によっては詐欺に遭った被害の全額や一部を返金してもらうよう犯人と交渉してもらうことも可能です。

泣き寝入りせず、まずは相談してみましょう。

カケコムには初回相談を無料で受け付けていたり、弁護士費用の分割払いや後払い、カード払いを受け付けている弁護士も登録していますので、金銭的に不安がある方も安心してご相談いただけます。

少しでもお困りのことがあれば、下記ボタンよりご連絡ください。

【即日相談・初回無料相談・相談のみOK】些細な疑問もお答えします

\相談受付中!/ あなたに合った弁護士を探す \無料相談受け付け中!/ 一分で弁護士に一括相談

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費