カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理

自己破産後でもデビットカードは使える?デビットカード利用の際の注意点も解説

自己破産後でもデビットカードは利用可能です。自己破産後のキャッシュレス決済にはぜひデビットカードを検討しましょう。本記事では、自己破産後のデビットカードの利用について解説します。

借金や債務整理に関するお悩みを抱えていませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・あなたに適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

自己破産後でもデビットカードは使える?

自己破産後でもデビットカードは使うことができます。クレジットカードとは違い、デビットカードには審査がありません。返済能力を考慮する必要がない、というのがその理由です。

ちなみに自己破産をした、という情報は5年から10年は信用情報機関に残ってしまうのでクレジットカードの審査には通らなくなります。

今持っているクレジットカードを使うこともできなくなるため、期間中はデビットカードを使用してやりくりするのがよいでしょう。

そもそもデビットカードとは

デビットカードは、支払いの際に自分の口座から利用額が引き落とされるカードです(即時払いといいます)。一時的に借金をするクレジットカードとの大きな違いがこの仕組みにあります。

自分の口座のお金を引き出さずにそのまま使える、というようにイメージしてもらえるとわかりやすいでしょう。

電子マネーのように現金をチャージする必要もなく、非常に便利です。

デビットカードとクレジットカードの違いは?

デビットカードは購入時点で口座に代金分の残高が必要です。支払いから引き落としまでにタイムラグが発生するクレジットカードと違い、お金の管理を簡単に行うことができます。

また、預金残高以上の支払いができないため、使い過ぎの心配がありません。利用限度額を設定することもできるため、キャッシュレス決済の手段として非常に優秀と言えます。

また、機能の違いとしてキャッシング(借り入れ)ができるか否か、という点が挙げられます。クレジットカードはATMで現金を借りることができますが、デビットカードではできません。

デビットカードを発行する際の注意点

大変便利なデビットカードですが、発行や利用の際にはいくつか気をつけなければならない注意点がありますので、ご紹介します。

デビットカードを発行できない場合もある

基本的には銀行口座を持っている15歳以上の方はだれでも発行できます。原則、審査なしがデビットカードの大きな特徴です。

ただし、デビットカードによっては審査が行われるものもあります。口座にお金が足りなかった場合に支払い料金を立て替えるサービスがあるものです。

これについては継続的な支払い能力があるかを審査されますので、よく確認しましょう。

他に、そもそもなんらかの理由で銀行口座を開設することができない場合も、デビットカードを発行することができません

カード利用の際は銀行口座に残高を入れておく必要がある

当然ですが口座にお金がなければデビットカードは使用することが出来ません。口座の残高は常に確認し、気が付いたら口座にお金が無くなっていた、ということのないようにしたいところです。

カード使用時にメール通知をもらうこともできますので、こまめに残高を確認しましょう。

分割払いやリボ払いができない

クレジットカードの機能として、回数を設定しての分割払いや、リボ払いなどがあります。当然デビットカードでは商品購入時に代金を全額支払う必要があるので、これらを利用することはできません

デビットカードは「一括払い」のみ、と考えてもらえればよいと思います。

ただこれはデメリットでもある一方で、自分の支払い能力を越えたカード運用をすることがないというメリットでもあります。

利用できない店がある

コンビニ、スーパー、百貨店などの商業施設はデビットカードの加盟店であることがほとんどです。近年普及してきたネットショッピングでも基本的に使用できます。

しかし店舗によっては使えない可能性もある他、公共料金などの毎月の自動引き落としに対応していないケースもあります。

車によく乗る人であれば、ガソリンスタンド、高速道路では使えないことが多く、ETCカードにも対応できないことを注意しておきましょう。

自己破産に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】【元弁護士執筆】500万円の借金ができてしまった場合の段階別対処方法を解説

>>【関連記事】クレジットカードを債務整理後も利用するには?債務整理中でも利用できるカードを紹介

>>【関連記事】自己破産するとクレジットカードは使えなくなる?新規でつくれるようになるまでの期間についても解説

弁護士から一言メッセージ

債務整理手続き中にクレジットカードを使い続けると、破産が認められない理由(免責不許可事由といいます)に当たる可能性が高いです。

債務整理を検討している方は、クレジットカードの代わりに、デビットカードの使用を検討してみるとよいと思います。

借金や自己破産で悩んだら弁護士に相談を

借金の滞納を続けるとクレジットカードは使えなくなりますが、自己破産によって借金を整理し、デビットカードを使うことは可能です。

ただし、借金や自己破産についてお悩みの場合は必ず弁護士に相談し、解決を図ってください。自己破産にはメリットもありますが、デメリットもあります。自己破産以外にも債務整理の手段はあり、なにが最適かは個人のケースごとに異なるでしょう。

自己判断はせず、まずは専門家の意見を聞いてみることをおすすめします。

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費