カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理 自己破産

自己破産でブラックリストに載るとどうなる?

自己破産をしてブラックリストに載ってしまうと、日常生活にどのような影響が出るのでしょう?本記事では、ブラックリストに載るとはどういうことなのか、またどのような影響があるのかについて解説していきます。

借金問題でお悩みではありませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
あなたの状況に適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取り立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

【即日相談・初回無料相談・相談のみOK】些細な疑問もお答えします

\相談受付中!/ あなたに合った弁護士を探す \無料相談受け付け中!/ 一分で弁護士に一括相談

自己破産するとブラックリストに載る

借金の返済が滞ってしまった場合や自己破産をした場合、「ブラックリスト」に載ってしまいます。

このブラックリストと呼ばれるものの正体は、「借金の返済が滞っている」「自己破産している」といった事故情報です。

一般に、事故情報が信用情報機関に登録された状態を「ブラックリストに載る」と表現しているわけです。 

信用情報機関とは、借り入れの申し込みや契約などに関する情報(これらを信用情報といいます)を管理している機関のことで、日本にある信用情報機関は以下の3つです。

 JICC(日本信用情報機構)

主に消費者金融が加盟する機関で、カードローンの情報を保有している。

CIC(シー・アイ・シー)

主にクレジットカード会社が加盟する機関で、クレジットカードやショッピングローンの情報を保有している。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行や信用金庫などが加盟する機関で、ローンやクレジットカードの情報を保有している。

自己破産してブラックリストに載るとどうなる?

ブラックリストに載ると、どのような影響が出るのでしょうか?

次項から解説いたします。

クレジットカードが利用できなくなる

自己破産によってブラックリストに載った場合、生活に様々な影響が出てきます。

影響のひとつとして挙げられるのが、クレジットカードが利用できなくなるということです。

ブラックリストに載るとクレジットカード会社から返済能力がないとみなされるため、新たにクレジットカードを作ることが難しくなるのです。

ただし、永遠にクレジットカードを持つことができなくなるわけではなく、一定期間が過ぎた後は可能になります。

一定期間とは、自己破産などの記録がブラックリストから消えるまでの期間を指しますが、事故情報の内容やそれぞれの機関によって期間が異なるため、これについては後述します。

新たな借入ができなくなる

ブラックリストに載ると、新たな借り入れも難しくなります。前述のクレジットカードの件と同様、返済能力がないとみなされるためです。

ローンなどを組むことができなくなりますので、手元にあるお金で生活することが求められます

ここで誤解しないでいただいたいのは、「自己破産=すべての財産を失う」ではないということです。

家具・家電など、最低限度の生活を送るためのものは手元に残せますし、現金についても99万円以下は残すことができます。

携帯電話やスマホの分割払いができなくなる

自己破産をしてブラックリストに載ると、携帯電話やスマホの分割払いも難しくなります。

携帯電話やスマホの端末代金は、毎月の利用料と合わせて分割で支払うのが一般的ですが、ブラックリストに載った場合、分割で支払う契約ができません

現代においてスマホは生活必需品ですから、持たないというわけにはいかないでしょう。

ですから、機種変更をする際には一括払いできる機種を選ぶなど、工夫が必要となります。

賃貸住宅を契約できない場合がある

物件にもよりますが、アパートやマンションなどの賃貸契約をできないこともあります。

通常、アパートなどを借りる際には保証人が必要ですが、物件によっては保証人の代わりに家賃保証会社との契約を義務付けている場合があります。

この家賃保証会社との契約時、信用情報を照会される可能性が高く、事故情報があると審査が通りません

アパートなどを借りる場合には、家賃保証会社との契約義務などについて、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

保証人になれなくなる

ブラックリストに載っている状態では、他人の借金の保証人になることができません

保証人が必要な借り入れでは、借入者に加えて保証人についても信用情報の照会を行うためです。

保証人は、借入者が返済できなくなったとき二次的に義務を負う、あるいは借入者と同様の義務を負う(連帯保証人の場合)立場ですから、返済能力がない状態ではなることができません。

例えばお子さんがいる方は、お子さんが奨学金を受給する場合、ブラックリストに載っていると保証人になれませんので注意してください。

自己破産の記録が信用情報機関に登録される期間は?

自己破産をしたことが信用情報機関に登録されている期間は以下のようになります。

・JICC:5年

・CIC:5年

・KSC:10年

ちなみに、自己破産の記録がブラックリストに載るタイミングとしては、免責許可確定日からとなります。

免責とは、破産の申し立てが認められることで、破産者が債務を返済する責任を免れることをいいます。

事故情報が消えたか確認する方法

自己破産などの事故情報が消えたとしても、その旨が通知されるわけではありません。

したがって、事故情報が消えたかどうかの確認は自らする必要があります。

各信用情報機関の確認方法は以下の通りです。

・JICC:インターネット、郵送、窓口にて可能

・CIC:インターネット、郵送、窓口にて可能

・KSC:郵送での確認のみ

ご自身の情報がブラックリストに載っているかの確認も同じ方法で行えます。

 なお、いずれの確認方法も500円~1000円の手数料がかかりますのでご注意ください。

自己破産に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】自己破産するとクレジットカードは使えなくなる?新規でつくれるようになるまでの期間についても解説

>>【関連記事】自己破産するとローンは組めなくなる?自己破産後、ローンを組むためのポイントを解説

>>【関連記事】カード破産とは?手続き方法やメリット・デメリットについて解説

借金や自己破産に関するお悩みは弁護士に相談を

ブラックリストに載ると、クレジットカードが作れない、ローンが組めないなど、様々な影響が出てきます。

しかし、お伝えしてきたように、自己破産などの事故情報の記録は一定期間が経過することで消されます。

また、自己破産によって1円残らずすべての財産を失うということでもありません

 「借金の返済が苦しいけど、自己破産はしたくない」という方もいれば、「自己破産をして新たな暮らしをスタートしたい」と考える方もいるでしょう。

大切なのは、ご自身の借金の状態に合った方法を選択するということです。

弁護士であれば、あなたに最も合った方法を提案するとともに、今後の生活についても相談に乗ることができます。

借金や自己破産でお悩みでしたら、ぜひ一度、弁護士にご相談ください。

【即日相談・初回無料相談・相談のみOK】些細な疑問もお答えします

\相談受付中!/ あなたに合った弁護士を探す \無料相談受け付け中!/ 一分で弁護士に一括相談

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

天野弁護士からのメッセージ

たびたび相談者の方から、「ブラックリストに掲載されたくないので、破産は避けたい」との要望をお聞きします。

しかし、既に月々の返済を遅滞しているようであれば、どちらにせよブラックリストに掲載され、むしろ返済が終わらない限り、永久にブラックリストに掲載されたままとなってしまいます。

金額的に返済が不可能なのであれば、自己破産するなどして、早急に債務を整理した方が良いと思います。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費