カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
債務整理 自己破産

自己破産してもETCカードは持てるの?

自己破産するとETCカードはどうなるのでしょうか?今まで持っていたETCカードはそのまま使えるのかや、新規に発行できるのかなどについて解説していきます。

借金問題でお悩みではありませんか?そんな方は、一度弁護士にご相談ください。
早期に弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
あなたの状況に適した借金の返済方法、債務整理の方法を提案してもらえる
複雑な手続きをすべて一任できる
・弁護士に依頼した時点で借金の取り立てがストップする
家族や勤務先に知られずに解決できる場合がある

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

自己破産するとETCカードはどうなる?

自己破産後は、ETCカードを持つこともできなくなります

基本的にETCカードはクレジットカードの審査に通過することを条件として発行されるためです。

自己破産は「異動」と呼ばれる事故情報として、信用情報機関に5年~10年間記録されます。

クレジットカードの審査では、必ず信用情報機関への照会が実行されるため、事故情報が記録されている間は新規でのクレジットカードやETCカードの発行が認められません。

仮に任意整理にて、ETCカード付きのクレジットカードを対象外とした際には、一時的にはETCカードを利用することが可能です。

ただし、カードの更新のタイミングで、カード会社は信用情報機関への照会を行います。

その際、任意整理を含む「異動」が見つかれば、ETCカードが利用停止となる確率は高いでしょう。

それからカード会社は、「途上与信」という形で信用情報機関への照会を行うため、その時点でETCカードが利用停止になることも考えられます。

自己破産後にETCカードを利用したい場合は

自己破産後でもETCカードを利用したい方には、下記のようなカード会社の審査が不要なETCカードが選択肢となり得ます。

  • 家族カード用のETCカード
  • ETCパーソナルカード
  • ETC法人カード・ETCコーポレートカード

次項からそれぞれのカードの特徴について詳しく説明していきます。

家族カード用のETCカード

自己破産後もETCカードを利用する方法として、家族カード用のETCカードを使うことがあげられます。

家族カードは、クレジットカード本会員の家族(生計を同じとする配偶者や親子)であれば、審査不要で持つことが可能です。

家族カードは本会員のカードと同じ機能が与えられるため、クレジットカードの種類によっては、複数枚のETCカードが発行できるケースもあります。

年会費や発行手数料無料のETCカードであれば、維持費もかかりません。

ただし家族カードの発行は、「本会員が申し込む」ことが条件となります。もちろんETCカードも同様です。

家族とはいえ自由にETCカードを作ることは認められていません。

ETCカードを含むクレジットカードの月々の利用料金も、本会員宛への請求です。

家族カードは本会員の利用限度額が適用されます。

そのため、家族カードを作る際には、月間でどのくらい利用するのかなど、家族間で話し合い、ルール化しておくと良いでしょう。

ETCパーソナルカード

自己破産後のETCカードとして、ETCパーソナルカードも忘れてはなりません。

ETCパーソナルカードは、首都高速道路公団などの高速道路会社によって提供されているETCカードです。

信用情報機関への照会も行われないため、自己破産などの債務整理後の方も持つことができます。

ETCパーソナルカードは、高速道路利用料金の月間平均額の4倍の金額を保証金(デポジット)として預けることで利用できるシステムです。

仮に月間平均利用金額が10,000円の場合、40,000円の保証金が必要となります。

※最低保証金は20,000円

ETCパーソナルカードの年会費は1,257円(税込)です。

高速道路の利用料金は、登録した金融機関の口座引き落としの形で支払います。

月間の利用金額が保証金の70%を超えた時点で、保証金の追加が必要です。

月間利用金額が保証金の80%超となった際には、ETCパーソナルカードの利用が停止となるのでご注意ください。

ETC法人カード・ETCコーポレートカード

自己破産後でも発行可能なETCカードには、ETC法人カード・ETCコーポレートカードも候補となるでしょう。

どちらも株式会社などの法人や個人事業主向けのETCカードです。

ETC法人カード・ETCコーポレートカードは、高速情報協同組合の提供のため、信用情報機関の照会は不要となります。

ETC法人カードは、最初に出資金として10,000円を納め、カード発行手数料550円/1枚(税込)、取扱手数料550円/1枚(税込)で作ることが可能です。

ETC車載器が搭載済みの登録車両1台ごとに4枚のETC法人カードを持つことができます。

レンタカーでも使えるのが嬉しいところでしょう。

ただし、毎月のETC利用料金の8%が手数料として徴収されます。

ETCコーポレートカードは、出資金10,000円とカード発行手数料629円(税込)/1枚、取扱手数料629円/1枚(税込)にて作成できるETCカードです。

月間利用金額に応じた最大20%の割引が適用されます。

自己破産に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】自己破産するとクレジットカードは使えなくなる?新規でつくれるようになるまでの期間についても解説

>>【関連記事】自己破産するとローンは組めなくなる?自己破産後、ローンを組むためのポイントを解説

>>【関連記事】カード破産とは?手続き方法やメリット・デメリットについて解説

天野弁護士からのメッセージ

クレジットカードに紐づけられたETCカードを利用すると、クレジットカード会社によって高速道路利用料が立替え払いされます。これはクレジットカード会社に「借金をした」のと同じです。破産手続きが終了する前にそのような行為を行うと、免責不許可事由にあたる可能性があります。

弁護士が債権者に受任通知を提出した後、破産手続きが終了する前の間は、ETCカードを利用を一切しないのが無難です。

まとめ

ここまで、自己破産後であっても発行可能なETCカードとして、「家族カード用のETCカード」と「ETCパーソナルカード」、そして「ETC法人カード・ETCコーポレートカード」について紹介してきました。

ETCカードは基本的にクレジットカードと連動しているため、自己破産が成立した時点で利用停止となります。任意整理などの債務整理後も、ETCカードが使えなくなる確率が高いでしょう。

自己破産の後でもETCカードを利用したい方は、信用情報機関の照会が不要な「家族カード用のETCカード」や「ETCパーソナルカード」、そして「ETC法人カード・ETCコーポレートカード」の作成を視野に入れることをおすすめします。

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費