カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
借金 債務整理

リボ地獄から脱出するには?リボ地獄の脱出方法9選を弁護士が詳しく解説

リボ払いを利用し過ぎてリボ地獄に陥ってしまったら、どのように脱出すれば良いのでしょうか?リボ地獄の脱出方法としては、月々の返済が利息だけになっていないかを確認したり、月々の返済額を引き上げたり、弁護士に相談してみる等の方法が考えられます。今回の記事では、リボ地獄の脱出方法を9つご紹介します。

「利息を考えず、リボ払いを使いすぎてしまった」
「リボ払いの残高が一向に減らず、借金が一向に減らずに困っている」
という方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、下記のようなメリットを得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談するメリット
・返済不能な状況でも、あなたの場合、どのような返済手段が取れるのか教えてくれる。
それぞれの返済手段のデメリットについても詳しく教えてくれる。
家族等に知られずに借金を返済したい場合も、サポートしてくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

リボ払いの地獄から脱出するには?対処法9選

「高額な買い物をすべてリボ払いにしてしまった」「リボ払いをいつの間にか使いすぎてしまい、元本の返済が全く進まない」というお悩みを抱えている方に、リボ払い地獄から脱出する方法を9つご紹介します。

リボ地獄に陥ってしまっている方は、必見です。

そもそも現在の月々の返済額で元本が減っているのか確認する

毎月続くリボ払い地獄から脱出しようとするのなら、そもそも現在の返済額で元本が減っているのか、つまり、利息のみの返済になってしまっていないかを確認してみましょう。

リボ払いは返済方式により、月々の元本の減り方が大きく変わってくるものです。

また月々の返済金額が少ないと、利息ばかりの返済になってしまい、なかなか元本を減らすことができません。元本が減らない限り、返済は永遠に続いてしまいます。

毎月の利用明細には、残高・返済額・利息などが掲載されていますので、まずは現在の返済額・利息額などの確認を行うことから始めましょう。

利息のみの返済になっているなら月々の返済額を調整する

もし利息のみの返済を毎月続けている状態が確認できたのであれば、少しでも元本の返済を増やせるように、月々の返済額を調整しましょう。

リボ払いの初期設定では、最低返済額がデフォルトとして設定されているクレジットカードやローン会社もあります。

月々返済する金額は低いとしても、そのまま支払い続けると元本が減らず、支払いが長期化してしまいがちです。

そこで、確認した結果をもとに、まずは月々の返済額を調整することを考えてみてください。

月々の返済金額をどの程度上げると、どの程度返済回数が繰り上がるのか、利息が減るのかについては、次の見出しで詳しく解説します。

月々の返済金額を上げて少しでも利息の支払いを減らす

月々の返済額を確認したら、少しでも利息の支払いや返済回数を減らせるように、月々の返済額を上げましょう。

実際に返済金額を調整するときの参考になるように、2つのパターンで利息の減りを紹介します。

下記の条件で、月々の返済額を2,000円上げた場合と、5,000円上げた場合のリボ払いのシミュレーションを行っていきます。

利用金額

10万円

実質年率

15パーセント

月の返済額

3,000円(最低返済額)

総返済額

129,163円

利息

29,163円

支払回数

44回

※利用したシュミレーション:オリコ「ショッピングリボルビング払いご返済シミュレーション

なお、端数は各社多少の誤差がありますので、使用しているカード会社のシミュレーションでの検証もお試しください。

月々の返済金額を2,000円引き上げるとどのくらい利息は減る?

最低返済額である3,000円から、月々の返済額を2,000円引き上げると、利息は以下のように変わります。

利用金額

10万円

実質年率

15パーセント

月の返済額

5,000円

総返済額

115,015円

利息

15,015円

支払回数

23回

※利用したシュミレーション:オリコ「ショッピングリボルビング払いご返済シミュレーション

月々の支払いを2,000円上げるだけで、利息は約半分に減りました。支払回数も、44回から23回までに減少しています。

月々の返済金額を5,000円引き上げるとどのくらい利息は減る?

次は、最低返済額である3,000円から、月々の利息を5,000円引き上げたパターンを紹介します。

利用金額

10万円

実質年率

15パーセント

月の返済額

8,000円

総返済額

108,740円

利息

8,740円

支払回数

14回

※利用したシュミレーション:オリコ「ショッピングリボルビング払いご返済シミュレーション

最低返済額の3,000円のみを返済したときの利息は、29,163円でした。しかし月々の返済額を8,000円にまで引き上げると、利息は8,740円まで下がります。1/3以下です。

少し返済金額を引き上げるだけでこれほど大きく全体の返済金額や返済回数が変わるのです。

ぜひ一度、見直してみてください。

リボ払いしなければ購入できない額の商品を購入を控える

「リボ地獄から脱出したい」と考えているのなら、リボ払いの使い方を見直しましょう。

リボ払いしなければ購入できない商品の購入を検討する際には、一度以下の内容について考えてみてください。

  • すぐに必要な商品なのか?
  • 現金払いや分割払いでは難しいのか?

今すぐに必要がない商品なら、購入資金が貯まるまで購入を見送りましょう。

どうしても必要な商品であれば、決まった回数で返済が終わる分割払いでなんとか支払えないか、検討してみてください。

副業等をして返済できる金額を上げる

現在の収入だけではリボ払いの返済が難しいなら、副業で返済できる金額を上げる方法もあります。副業は、下記のような方法で探すことができます。

  • 転職サイトで日払いや短期のアルバイトを探す
  • クラウドソーシングサイトで副業を始める
  • フリマアプリやネットオークションを使う

短期間で確実に現金が手に入る方法を選ぶなら、日払い・短期のアルバイトがおすすめです。

お金を手元に置くと使ってしまうと感じるなら、入金があったらずぐにATMを利用した繰り上げ返済をして、利用残高を減らしていきましょう。

低金利のカードローンに借り換える

カードローンでリボ地獄に陥っているのなら、低金利のカードローンに借り換える方法もあります。金利が変わると負担が軽くなり、完済を目指しやすくなるでしょう。

ただし、借り換えをするなら、忘れずに古いカードは解約してください。

「困ったときのために」「また使うかもしれない」と手元に残すのはおすすめできません。新たな借り入れが増えるだけになる可能性があるからです。

リボ地獄から脱出するためにも、借り換えをしたら古いカードは解約しましょう。

家族等にお金を借りる

リボ地獄で苦しんでいるのなら、家族などにお金を借りての返済も考えてみましょう。

そして、リボ払い分を全額返済したうえで、借りた相手に返済してください。

金銭の貸し借りは、たとえ家族であったとしても大きなトラブルにつながりやすいものです。あなたの信用問題にも大きく関わります。

そのため、できれば友人・知人・同僚などからの借金は避けることをおすすめします。

また、お金を借りる際には、相手が誰だとしても借用書を作成して、月々きちんと遅れずに返済していきましょう。

法的に有効な借用書のテンプレートは、下記の記事で無料ダウンロードが可能ですので、参考にしてみてください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】法的に有効な借用書の書き方とは?テンプレートを用いて弁護士が解説

債務整理を行う

「お金を借りられる相手がいない・副業が禁止されている・多重債務に陥っている」など自力での解決が難しいなら、債務整理も考えてみましょう。

債務整理とは、返済困難な借金を法的に解決する手段です。

クレジットカードやカードローンのリボ払いに悩んでいるのなら、債務整理で解決できる可能性があります。

債務整理には、任意整理・自己破産・民事再生などの種類があり、人によって適した方法は違うものです。しかし、その点については、弁護士に聞くことでそれぞれの方法のメリット・デメリットを知り、あなたの借金状況に合った返済方法を知ることができます。

借金問題を誰にも話せないまま、長く苦しみ続けている人も多いでしょう。そのまま苦しみ続けるより、解決の方法を考えてみる必要があります。

終わらないリボ地獄から抜け出す手段の1つとして、ぜひ債務整理を検討してみてください。

返済の目処が立たないなら一度弁護士に相談してみる

リボ払いで返済の目処が立たないなら、勇気を出して一度弁護士に相談してみましょう。

弁護士は、債務整理を含め、借金の返済(減額等)に関する相談に応じてくれます。現状を正確に判断したうえで、どう対処すべきかアドバイスをしてくれるのが弁護士です。

知人や家族には話しづらい借金の悩みですが、弁護士なら冷静かつ客観的に状況を判断してベストな方法を提案してくれます。

「返済の目処が立たない・今後どうしたら良いか分からない」と感じるなら、ぜひ一度弁護士に相談してみてください。

カケコムなら、借金の相談であれば何度でも無料で受け付けている弁護士が登録していますし、弁護士に依頼した場合には弁護士費用がかかりますが、弁護士費用よりも、弁護士に依頼したことで減額できる借金の方が多くなることが多いため、「経済的に弁護士へ相談することは考えられない」という方も、一度相談してみることをおすすめします。

少しでも早く借金を完済できるよう、お気軽にご相談ください。

三輪弁護士からのメッセージ

リボ払いは、月々の返済額が少なくとも高額商品を購入できる支払方法ではありますが、そのための支払総額は一括払いよりもかなり多額になります。この利息に費やすお金が結局借金の原因になったりします。リボ払いの使い方には十分注意しましょう。

Point

カケコムが10,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。

オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費