カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 借金 債務整理

カード代がやばい?カード地獄に陥る理由や支払いができない時の対処法を弁護士が解説

カード払いがやばい時は、後から分割払いやリボ払いを利用したり、ボーナス一括払いを利用したり、カード会社へ直接交渉をする等の様々な対処法があります。しかし、極力避けたいNG行為もあります。この記事では、カード地獄にハマってしまう原因や、カード払いを滞納した場合の流れ、カードの支払いができない場合の対処法、NG行為等について現役弁護士がわかりやすく解説します。

「毎月カード代の支払いが厳しく、分割やリボ払いを多用していたら首が回らなくなってしまった」
「リボ払いの残高が一向に減らず、借金が一向に減らずに困っている」
という方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、下記のようなメリットを得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談するメリット
・返済不能な状況でも、あなたの場合、どのような返済手段が取れるのか教えてくれる。
それぞれの返済手段のデメリットについても詳しく教えてくれる。
家族等に知られずに借金を返済したい場合も、サポートしてくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

カード地獄にハマってしまうのはなぜ?

カード地獄にハマってしまうのは、なぜなのでしょうか?考えられる理由をご紹介します。

カードでの支払いはお金を使っている意識が薄れてしまう

カードで支払いをするということは、現実的にお金を支払うのを後回しにするということです。

カードで支払いをする時点では、財布や預貯金口座に入っているお金は減りません。

そのため、実際にお金を使っているにもかかわらず、お金を使った意識が薄れてしまい、自分で思っているよりも、現実の支払額が多くなってしまいやすくなります。

きちんとカードの使用金額を把握しておかないと、後々カードの請求が来た時点で自分でもびっくりするような金額になっているといった事態になってしまいます。

「リボ払いができるから」という理由で高額商品が気軽に買えてしまう

リボ払いは、限度額の範囲内であれば、どれだけ使っても、毎月一定額の支払いで済むというものです。

これを使うと、毎月の返済額自体は安定するので、高額な商品を買ったとしても、その時点の財布や預貯金口座のお金が減らないだけでなく、短期的に見れば月ごとの支払いもそこまで負担が大きいとは感じづらいといえます。

そのため、収入からすれば高額な商品でも、軽い気持ちで買いやすくなってしまいやすくなります。

しかし、リボ払いは毎月の返済金額を抑えられるという面があっても、返済は長期間となり、その間手数料として比較的高い利率が発生します。

そのため、毎月返済していても、元本の返済に回る金額が少なくなってしまい、借金があまり減らないという事態に陥りやすくなります。

そして、その間にまたリボ払いでの買い物が追加されたり、その他カードの利用やカードローンの請求が重なるなどして、結局は借金がふくれあがってしまいやすくなります。

リボ払い地獄から脱出する方法に関しては、下記の記事にて詳しく解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】リボ地獄から脱出するには?リボ地獄の脱出方法9選を弁護士が詳しく解説

ご祝儀等の出費が重なり、私生活で使える現金がなくなってしまった

社会人になると、親族・友人・知人の冠婚葬祭にともなうご祝儀などの出費が必要になる場面が出てきます。また、このタイミングは自分で決められるものではないので、たまたま同じ月に重なってしまうなどして、予期せぬ大きな出費となってしまうことがあります。

このときに、ご祝儀などの出費により手持ちの現金や預貯金口座のお金がなくなってしまうと、生活費を支払うために、予期せずカードローンを使いやすい状況になってしまいます。そもそも、ご祝儀などを用意するためにカードローンで借りるという人もいるかもしれません。

毎月の収入に見合うくらいの金額なら問題になりませんが、借金をすれば利息も返済しなければならず、もともと収入と支出が同じくらいの家計状況だと、毎月の家計を圧迫することになります。

結局、一時的に借りただけのつもりでも、返済するために再度借りるといった事態にもなりかねません。

コロナで減給や失業があり、現金でのやりくりが難しくなってしまった

コロナ禍で思うように働くことができなくなってしまい収入が減ってしまった方は多いかと思います。

また、コロナに関わらず、転職やリストラなどで収入が減ってしまうこともあります。

そのときに、これまで収入と支出が同じくらいで生活をしていた場合に、従前の生活水準を維持しようとすると、収入が減った分、家計はマイナスになってしまいます。

もちろん再就職やコロナ禍の改善により一時的な問題で済む場合もあるとは思いますが、その先どうなるかははっきり分かりません。

生活水準を見直すことができなかったり、そもそも最低限の生活水準でこれ以上見直しようがない場合には、その段階でカードローンなどに頼ってしまうと、カード地獄への引き金になってしまう可能性があります。

教育費や医療費で多額の出費が必要になってしまった

お子さんがいる家庭だと、お子さんの進学のタイミングなどで大きなお金が必要になることがあります。

また、お子さんがいるいないに限らず、自分や家族、親族の予期せぬケガや病気で、医療費の負担が大きくなってしまうこともあります。

このような出費をして生活費が足りなくなってカードローンを利用したり、このような出費のためにカードローンを利用する必要が出てくることもあると思います。

これも、家計のバランス次第では、支払いが難しいという問題を先延ばしにしているだけになってしまうおそれがあります。

医療費については、高額療養費制度がありますので、所得に応じて決まる毎月の自己負担額を超えた分について還付を受けられることがあります(保険外診療や差額ベッド代などは対象となりません。)ので、高額な医療費がかかった場合には還付が受けられるか調べましょう。

住宅ローンの返済が厳しくなってしまった

これまで住宅ローンを支払えていたのに、もらえる予定だったボーナスがなかったり、減額されてしまったり、その他の出費が増えて支払えなくなってしまうこともあります。

そんなときに、一時的にカードローンなどを利用して住宅ローンの支払いをしようと考えることもあると思います。

しかし、これでは借金を返済するために借金をするという、いわば自転車操業状態となってしまいます。

一時的な問題であればいいですが、1か月2か月先も住宅ローンの支払いが厳しい状況であるとか、住宅ローンは支払えてもカードローンの返済が難しとか、そのような事態になってしまうと、今度はカードローンを返すために他のカードローンを借りるといったサイクルにはまってしまいやすくなります。

こうなっては、カード地獄にはまったも同然の状態です。

引っ越し費用に思ったよりも多くの出費が必要になってしまった

就職や転勤、転職、家族構成の変化などにより、引越しが必要となることがあります。

引っ越し費用を手持ちのお金で支払うことができず、費用を工面するためにカードローンを利用するケースもあります。

就職や転勤、転職であれば、このカードローンを返せるかどうかは、今後の収入次第です。

収入を考えれば返せるだろうと思っても、引っ越してからすぐの頃は、引っ越し費用だけでなく、家具や家電などが必要になったりして、思っているよりも出費が多くなりがちです。

そのため、予定していたよりも出費が多くなり、返済に充てるはずだったお金がなくなってしまうということも起こりやすいです。

また、給料日が思っているよりも遅いタイミングだったり、病気やケガなどで仕事ができずに予定よりも少ない収入になったりして、予定どおり支払いができないということもあり得ます。

ここで、返済のためにカードローンを利用し始めるなどして、カード地獄に陥ってしまうケースもあります。

カード代がやばい!クレジットカードの支払いができないとどうなる?

上記のようにカード地獄に陥ってしまい、カードの支払いを滞納してしまう場合には、どのような流れを辿っていくのでしょうか?順を追って解説します。

カード滞納後の流れの図解

1.利用停止になる

支払日までに支払いができていなければ、クレジットカードが利用停止となり、一時的にカードを利用することができなくなります。

なお、実際に支払日から何日で利用停止になるかは、クレジットカード会社によって異なります。気になるようであれば、ご利用のクレジットカードの利用規約などを確認してみてください。

2.遅延損害金が発生する

約束の支払日までに支払いができなければ、遅延損害金という利息とは違うお金の支払義務が生じます。

一般的に、遅延損害金は利息よりも高額に設定されているので、支払いが遅れる場合には注意が必要です。

3.督促の連絡が来る

支払日までに支払いができなければ、クレジットカード会社から督促の手紙が送られることが多いです。

それでも支払わないと、督促の電話がかかってくるという流れになることが多いです。

4.強制解約になる

督促に従わずに支払いをしなければ、クレジットカード会社からの一方的な通知によりクレジットカードが強制解約となり、もう利用することができなくなります。

5.信用情報(ブラックリスト)に登録される

支払日までに支払いができず、督促にも従わずに2〜3か月以上支払いが遅れると、信用情報に延滞に関する情報が登録され、いわゆるブラックリストに載った状態となります。

こうなると、5年程は新しくクレジットカードを作れなかったり、新たに借入れをすることが難しくなります。

6.一括請求される

強制解約やブラックリストに登録されるくらいまでの段階、場合によっては督促の段階から、分割払いでクレジットカードを使用していたとしても、一括払いの請求を受けることになります。

7.裁判になり差押えが行われる

未払いの金額にもよりますし、クレジットカード会社によって対応は異なりますが、支払いをしなければ訴えを提起され、判決が出るなどすれば、財産等に対して差押えがなされる可能性があります。

カード代がやばい!クレジットカードの支払いができない時の対処法

クレジットカードの支払いができない時でも、指定された期限内等に設定の変更をすること等で一時的に一部支払い時期を延滞せずに延ばすことができたり、自主的に行動することで支払い日までに支払い予定金額を稼ぐことができる可能性があります。

下記にてその方法をご紹介しますので、ぜひカードの支払いに焦っている人は参考にしてみてください。

分割払いをする

カード会社によって対応できるかどうか変わると思いますが、クレジットカードを利用した後でも分割払いに変更したり、分割回数を変更することができる可能性があります。

インターネット上で手続きができる会社もあります。

もし分からなければ、支払いが厳しいと感じてからできるだけ早くカード会社へ問い合わせてみてください。

リボ払いをする

これもカード会社によって異なるかもしれませんが、クレジットカードの利用後でもリボ払いに変更できる可能性があります。

リボ払いにすると、分割払いと異なり、利用額が増えても毎月の返済額は一定額となるという特徴があります。

そのため、一時的に支払いができないだけの場合であれば、このリボ払いに変更することで解決できる可能性は高いです。

ただし、手数料として比較的高めの利息が長期間発生するので、一時的な問題ではない長期的な問題の場合には、借金がどんどん膨れ上がってしまう原因ともなりますので注意が必要です。

一括ボーナス払いをする

分割払いやリボ払いと異なり、カードの利用後にボーナス払いに変更することはできません。

利用時点で、すぐの支払いが厳しいと予想できるものの、1月や8月など、カード会社が設定しているボーナス払いの支払月には支払いができると考えられる場合には、最初から一括ボーナス払いを利用することを検討しましょう。

既に支払いができない状態であれば、これからカードを利用する際に一括ボーナス払いとすることを考えてみてもよいかもしれませんが、結局は先延ばしにしているに過ぎないということは十分に認識した上で、支払月まで管理していく必要があります。

一括ボーナス払いであれば、利息は発生しないので、分割払いやリボ払いに比べてトータルで考えれば支払額は少なくて済みます。

ただし、きちんと利用金額を把握しておかないと、結局は支払月にも支払いが厳しくなることになりかねませんので注意が必要です。

カード会社に連絡をし、支払い日の交渉を行う

一時的に支払いができないに過ぎない場合であれば、カード会社に連絡して相談することで、支払日を延ばしてもらうことができたり、分割金額を調整してもらうことができる可能性があります。

ただし、これはカード会社の事実上のサービスという面があり、法律上も契約上も、カード会社には応じる義務はありません。

そのため、カード会社にお願いをするということになりますので、真摯に事情を説明し、理解してもらえるようにしましょう。

即日払いのバイト等を始めて支払いに間に合わせる

毎日長時間勤務している人は難しいかもしれませんが、空いている時間があれば、その日や翌日にすぐに給料を支払ってもらえるアルバイトをして緊急で間に合わせるということも考えられます。

こういうときは簡単で高額な給料をもらえるアルバイトに魅力を感じてしまうと思いますが、探し方によっては、違法な仕事や犯罪へとつながる可能性もあるため、注意しましょう。

無利子や低利子の融資を受ける

個別に要件などがありますが、生活福祉資金貸付制度や緊急小口資金の融資、母子父子寡婦福祉資金貸付などの公的な融資制度を利用して、無利子や低利子の融資を受けることも考えられます。

一般的に、クレジットカード会社や消費者金融よりも低い利率ですし、場合によっては無利子で借りることができます。

これら公的な融資を受けることができ、それで解決するのであれば、積極的に検討してみるべきだと思います。

身内や友人から無利子でお金を借りる

親族や友人・知人から無利子でお金を借りることができれば、それも選択肢の一つです。

ただし、返済ができないと、その人との関係が壊れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

督促が厳しくないことをいいことに、関係性に甘えて、ついつい返済しない方向に考えが行ってしまいやすいかもしれません。

リボ払いの返済ができない場合はリボ払いの借り換えを行う

リボ払いは、毎月の返済額を低額でしかも一定額にできるメリットがありますが、比較的高い手数料としての利息を長期間払う必要があります。

そのため、その利率よりも低い利率の他のローンを使えば、返済額を減らせる可能性があります。

カードローン、フリーローン、おまとめローンなど利用できるローンを調べたり、具体的にシュミレーションしてみて、負担が軽くなるのを確認してから借り換えをするようにしましょう。

リボ払いの借り換えのメリットや借り換えをした方が良いケースについては、下記の記事でより詳しく解説しておりますので、気になる方はぜひご参照ください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】リボ払いの借り換えをするメリットは?借り換えをした方が良いケース等を弁護士が解説

フリマアプリなどで物を売る

自分の物が多い人は、フリマアプリなどで売ってみると支払いに役立つかもしれません。

一つだけでは小さい金額でも、数が多くなればそれなりの金額になるかもしれません。

どうしてもカードの支払いができない場合には債務整理を検討する

以上の方法を考慮しても支払いが難しい場合や、一時的には解決しても、1か月後2か月後にはまた同じ問題が起きるだけという状態であれば、債務整理を検討しましょう。

債務整理には、大きく分けて、下記の3つの方法があります。

  1. 任意整理:将来の利息をカットして元金を分割で返済していく
  2. 個人再生:裁判所の関与のもと負債を圧縮して圧縮した負債を分割で返済していく
  3. 自己破産:裁判所の関与のもと負債を免責してもらい返済しなくてもいい状態にする

自分の家計の状況や負債の金額、資産などによって、どの方法がよいか検討が必要になりますので、弁護士などの専門家に相談し、方針を考えていきましょう。

また、下記では、上記3つの債務整理の手段に加えて、「特定調停」という債務整理の種類についても触れています。詳しくそれぞれの種類について知りたい方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】債務整理の種類4つとそれぞれのメリット・デメリットを弁護士が解説

カード代がやばくてもやってはいけないこと

「今月のカード代がやばい!」と思っても、できるだけ避けた方が良いことがあります。下記にていくつかご紹介しますので、支払いが苦しい状態でも下記の方法は避けるようにしましょう。

闇金からお金を借りる

お金を借りないと返済ができない状況で、お金を貸してくれるところがなくなると、審査もなくすぐに借りられる闇金からお金を借りてしまうという事態になってしまうおそれがあります。

しかし、闇金は高額な利息を設定するので、お金を貸してくれる金融機関がなくなった状態にまでなっている人が完済することは困難です。

また、完済できても、度々利用する関係になってしまって、結局は借金が増えてしまう結果になる人もいます。

闇金からの借入れについては、一切返済する必要がない場合もありますが、もともと返済意思がないのに借入れることは違法行為や犯罪行為になる可能性がありますし、遅くとも消費者金融などから借入れができなくなった時点では、債務整理をすべきです。

また、闇金から借金をした場合、違法な取り立てに遭う場合もあります。どんな取り立て行為があるのかやその対処法については下記の記事で紹介していますので、闇金を利用するリスクをより深く知りたい方はご一読ください。

関連記事はこちら

>>【関連記事】闇金からの怖い取り立て行為例3選と適切な対処法を弁護士が解説

クレジットカードの現金化

カードを利用して買ったもので、返済をしていない物については、クレジットカード会社に所有権が残っているため、クレジットカードを現金化することは違法行為や横領になる可能性があり、また、今後自己破産を検討する必要が出てきたときに、免責不許可事由に該当して免責を得られない可能性が出てくるので、手を出さないようにしましょう。

自分に適した返済方法を知りたい場合等は弁護士への相談がおすすめ

借金を返すことが厳しいと感じ始めたくらいの頃は、まだまだ返済してやっていけると思うこともあるでしょうし、一方で、この先どうなってしまうかなといった不安な気持ちになることもあると思います。

一人で悩んでいると、インターネット上の都合のいい情報に影響されやすくなってしまい、最初の段階で適切に対応しておけば大きな問題にならなかったものの、良からぬ方向へ行ってしまうことがあります。

気がついたら手に負えないほどの借金の額になっていたり、違法行為、犯罪行為に関わってしまっていたという事態になりかねない問題です。

できるだけ早いタイミングで弁護士に相談することで、自分の状況や今後進むべき方向が見えてくるので、借金の返済が厳しいと感じたら早めに弁護士に相談してください。

最近では、債務整理に関する相談は無料で対応している事務所も多いので、気軽に相談していただけると思います。

村木弁護士からのメッセージ

借金問題は、何となく恥ずかしいし、誰にも知られたくない悩みの1つだと思います。

当然、友人や家族にも相談しづらい問題だと思います。

弁護士は、守秘義務がある他人です(中には友人や家族の場合もあるかもしれませんが。)。

借金問題について相談するときに、こんなに都合のいい人はいません。

そして、実際に弁護士に依頼して債務整理をすることにしたら、誠実に資料を準備するなどして協力してください。

せっかく弁護士に相談・依頼するところまでいったのに、特に自己破産など裁判所が関与する手続きの場合には準備する資料も多くなるので、弁護士から指示された書類などの準備をしなければ手続きが進まず、結局は弁護士が辞任してしまって終了するというケースがあります。

債務整理をすることに決めたら、借金の問題で何年も何十年も悩み続けるよりも、債務整理の手続きに協力する方が精神的な負担は軽いです。

必要な準備は、任意整理か個人再生か自己破産かで変わってくるので、弁護士に相談するときに、自分の場合には今後どのような作業が必要になるのか聞いてみてよいと思います。任意整理の場合には、必要な作業は少ないので気にしなくてもよいと思いますが、個人再生や自己破産であれば、事案の内容によっては必要書類が多くなります。

もちろん、相談の段階では、弁護士としても必要になる書類や作業の全てが分かるものではありませんが、何となくイメージができる程度にはお伝えすることはできると思います。

ぜひ、借金の返済が厳しいと感じたら、お早めに弁護士に相談してみてください。

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ セックスレス トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産 不動産・建築 交通事故 企業法務 企業法務 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費