浮気 男女問題

妻の浮気で慰謝料は取れる?慰謝料請求する際の各ポイントと親権についての注意点とは?

妻に浮気をされた!慰謝料を請求したいが、どうしたらよいのか?妻の浮気によって受けた精神的ダメージを慰謝料を請求することで少しでも取り戻したい…でも、どれくらいの金額をどのようにして請求すればよいのか?この記事ではあなたのそんな疑問を解決します。

妻の浮気が発覚したら 

一生添い遂げることを誓った仲でも、妻もひとりの女性です。
魅力的な異性がいれば、心が動くこともあるでしょう。

でも、もしの心の変化に、行動が伴ったとしたら…。

あなたの知らない間に、他の異性と関係を持っていることがわかったら…。

あなたはどうしますか?

妻に浮気されたら慰謝料請求できます!|慰謝料請求できる条件とは

 
もしも妻が浮気をしていたとしたら、以下のような条件のもと、慰謝料を請求することができます。

妻の浮気で慰謝料請求できる条件(1) 不貞行為があったこと

不貞行為とは法律用語で、「配偶者以外の異性と体の関係を持つこと」を指します。
夫婦には互いに貞操の義務、つまり配偶者以外の異性とは肉体関係を持たないという義務がありますが、これを破った場合は、慰謝料を請求することが可能です。

妻の浮気で慰謝料請求できる条件(2) 夫婦関係が破綻していないこと

夫婦関係がどうなったら「破綻」しているととらえられるのかについては、明確な指標はありません。

でもこれまでのケースから見ると、長年別居状態にあるとわかりやすく「破綻」とされるようです。

夫婦関係が破綻していた場合は慰謝料を請求することはできません。

妻の浮気で慰謝料請求できる条件(3) 夫にも責任がないこと

もしも浮気の原因・責任があなたにあった場合、不貞行為も「妥当」と判断されかねません。
夫には責任がないのに、つまり金銭的にも精神的にも夫としての役目を果たしていたのに浮気された場合、慰謝料を請求できるということです。

妻の浮気で慰謝料請求できる条件(4) 時効が成立していないこと

浮気・不倫に時効があることをご存知ですか?

不倫関係があったこと、もしくは不倫相手をあなたが知ってから3年間で、慰謝料を請求できる権利は消滅します。

もしも3年以上前の不倫について慰謝料を請求しようとしているならば、難しいかもしれません。

時効が成立していなければ、慰謝料は請求できます。

妻が浮気したとき請求する慰謝料の金額

 
もしもあなたが上記の5つの条件を満たしていた場合、どれくらいの慰謝料を妻に請求することができるのでしょうか。

浮気の慰謝料の相場

浮気の慰謝料の相場は、ピンキリです。
最低でも100万円程度、最高で1000万円ほどの慰謝料を請求することができます。

平均では200~300万円程度ですが、実はこの金額を決めるのは以下のようなケースに当てはまっているかどうかが重要となります。

慰謝料が高額になりやすいケース

慰謝料が高額になりやすいのは、婚姻関係が長い場合と、責任の重さ(不倫した妻の責任のこと)の2つの場合です。
責任の重さは抽象的ですが、具体的に言うと、子どもへの影響や、不倫・浮気の期間の長さなどが含まれています。
婚姻関係が長く、責任も重ければ、妻に請求できる慰謝料は高額になりやすいでしょう。

浮気相手にも請求する場合の金額は?

妻だけに慰謝料を請求するだけでは怒りが収まらない、浮気相手にも慰謝料を請求したい!という場合は、妻へ請求可能な金額と同額程度を浮気相手にも請求できます。

ただし、妻からも浮気相手からも慰謝料をとる、という慰謝料の二重取りはできませんのでご注意ください。

妻の浮気で慰謝料を請求する方法

 
では、妻に上記のような金額の慰謝料を請求する場合、実際どのようにしたら請求できるのでしょうか?

妻に浮気されて慰謝料請求する方法(1) 協議(話し合い)で請求する

もしも夫婦関係がまだ「話し合い(協議)」できる程度の関係が保たれているのならば、まずは協議で請求できるでしょう。 

妻に浮気されて慰謝料請求する方法(2) 折り合いがつかなければ調停を申し立てる

でも、妻に浮気されているような夫婦関係の場合、ほとんどの夫婦がまともに話し合いのできる精神状態ではありません。

そのような場合は、裁判所に調停を申し立てましょう。

調停とは、あなたと妻の間に裁判所が入り、話し合いをすることです。 

妻に浮気されて慰謝料請求する方法(3) それでも決まらなければ|離婚裁判で請求

もしも調停をしても話がまとまらない場合、最後の手段「離婚裁判」をする必要があります。
離婚裁判では、関係の修復は絶望的なものとなり、「離婚→慰謝料請求」というように離婚が条件としてついてきます。

あなたにその覚悟があるのであれば、この方法が最も確実でしょう。

妻の浮気で慰謝料を請求する際の注意点(1) 親権と浮気は別問題

 
妻の浮気によって離婚する場合、親権など、注意しなければ後で大変な目に遭うことがたくさんあります。 

浮気したからといって親権者になれないわけではない

浮気したのだから親としての資格がない!だから親権者にはなれない!
というわけではありません。
特に子どもがまだ乳幼児の場合、母親(妻)に親権がわたることは珍しくありません。

妻としては失格でも、母親としても失格とは限らない
ということです。

夫婦関係を終わらせた責任と、子どもへの責任は別の問題なのです。 

慰謝料が取れても養育費の支払いは免れない

妻の浮気によって慰謝料をとれたとしても、親権が母親(妻)にある以上は子どもの養育費の支払い義務はあなたにあります。

つまり親権が妻にわたれば、あなたは慰謝料以上の養育費を継続的に妻に支払うことになる可能性があるのです。 

父親が親権者になるためのポイント

あなたが親権をとろうと思ったら、まずは妻を遥に上回る収入が必要です。

また、日頃から子どもの保育所・幼稚園の送迎をしていたなどの記録も有効です。

あなたが金銭面と、精神面で妻よりも子どもを養育・保護できることを証明できればよいのです。

妻の浮気で慰謝料を請求する際の注意点(2) 不貞行為の証拠が必要

 

妻に浮気の慰謝料を請求するためには、不貞行為があったことを客観的に証明できることが条件となります。

不貞行為を客観的に証明する証拠が必要

あなたが「薄々感づいていた」とか、「絶対浮気していた」と主観的な主張を言葉のみで展開したとしても、「客観的な証拠」にはなりません。

では、客観的とはどういうことでしょうか?

それは、「誰が見ても明らか」な物的証拠のことです。

あなたが浮気の確信を持って見ても、あなた以外の第三者が何の先入観をもたずに見ても、

「妻は配偶者以外の異性と体の関係を持っていた」ことを示すものが必要です。

認められる証拠と認められない証拠の例

 具体的な例として、客観的な証拠として認められやすいのは、

・ラブホテルを出入りする写真・動画

・妻もしくは浮気相手が不貞行為を認める発言をしたものの音声記録

などがあります。

一方で客観的な証拠として認められにくいものとして、

・LINEやメールなど、2人が連絡をしている(好き、愛しているという内容含む)ことを示す媒体のスクリーンショット等

・2人で行ったと思われる旅館・ホテルの領収書

これらはとても曖昧な証拠です。

好きだからといって肉体関係がない場合もありますし、「旅行には行ったけど、肉体関係がなかった」と言われればそれまでです。

妻の浮気の証拠収集は探偵に依頼しましょう

何が客観的で、何が客観的とは言えないのか、その境界も曖昧である場合、探偵に相談することがとても有効で効率的です。

自分だけで証拠を集めるには限界があるからです。

妻の浮気の慰謝料ついて興味がある方はこちらもご覧ください!

妻の浮気で慰謝料は取れる?慰謝料請求する際の各ポイントと注意点とは?のまとめ

 

妻の浮気によって、慰謝料を妻に請求することは可能です。

ただしそこには今回ご紹介したような条件と注意点があります。

最も厄介なのは、裁判離婚からの慰謝料請求に向けて必要になる「浮気の証拠収集」ではないでしょうか。

探偵は、調査のプロです。浮気の証拠に困ったら、ぜひ探偵に相談するしましょう。

そして、慰謝料請求にはさまざまな法的・公的手続きが求められます。

自分だけの手におえないと分かった時点で、離婚・男女問題に強い弁護士に相談することをおすすめします。
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ その他 トラブル プロフィール モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚