カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
遺産相続

代襲相続とは?どのようなとき、誰に起こるのか分かりやすく解説

相続が開始した際、相続人の誰かがすでに亡くなっている場合があります。この時に考えるべき論点が代襲相続です。代襲相続によって相続人の直系卑属が相続人になるとして、どのようなケースで誰が該当するのか知っておく必要があります。

この記事では代襲相続の基礎を伊奈さやか弁護士に解説いただきます。

代襲相続とは?

代襲相続とは、亡くなった人(被相続人といいます。)の子どもが、被相続人よりも先になくなっている場合に、その子ども(被相続人からすると孫)が相続人になる場合をいいます。

 代襲相続の原因は、相続人が死亡したときのほか、相続人に欠格事由があるときや、廃除されて相続権を失ったときも該当します。

第887条(子及びその代襲者等の相続権) 被相続人の子は、相続人となる。

2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

どこまで続く?代襲相続が起こるケースを解説

子の代襲相続が起こるケース

被相続人の子どもが被相続人より先に死亡している場合、その子どもの子どもが相続人になります。

例えば、祖母が死亡した場合、祖母の子どもである母が祖母よりも先に死亡した場合、母の子(孫)が相続人になります。

兄弟姉妹の代襲相続が起こるケース

相続人には、被相続人の兄妹もなることがあります。

その場合、その兄妹が被相続人よりも先に死亡している場合、その兄妹の子どもが相続人になります。

例えば、叔父が死亡した場合に、叔父の兄妹が叔父よりも先に死亡した場合、甥や姪が相続人になります。

相続人の死亡以外で代襲相続が起こる場合

相続廃除

 遺留分を有する相続人が、被相続人に対して、虐待や重大な侮辱、その他の著しく失礼な行為をしたときは、被相続人はその相続人を廃除させることを家庭裁判所に申立て、相続権を失わせることができます。

 相続廃除は遺言書に記載する方法も可能です。

参照条文

第892条(推定相続人の廃除)

 遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。

相続欠格

相続欠格とは、相続人や被相続人に対して非道な行為をしたものに対し、相続人として認めない制度です。

条文上は

①故意に非相続人や他の相続人を死亡させたものや、死亡させようとして刑に処せられた者

②被相続人が殺害されたことを知って、これを告発告訴しなかった者

③被相続人に真意でない遺言書を作成させたものや遺言書を偽造したりした者

があげられています。

(相続人の欠格事由)

第891条 次に掲げる者は、相続人となることができない。

一 故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者

二 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない。

三 詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者

四 詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者

五 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

相続放棄の場合は代襲相続されない

相続放棄の場合は、元から相続人でなかったものという効果が生じます。

よって、相続人の子どもが孫が相続人となる代襲相続は発生しません。

第939条(相続の放棄の効力)

 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

代襲相続があった場合の相続税はどうなる?

代襲相続があった場合に、相続人となる人数が増える場合は、相続税が変化することがあります。

相続税においては、基礎控除というのが認められています。

この基礎控除は、3,000万円+(法定相続人の数×600万円)で計算されます。

ですので、被相続人に子どもが2名おり、子ども2名が相続人になる場合、

基礎控除は、4200万円となります。

(3000万円+2×600万円=4200万円)

一方、被相続人に子どもが2名いるが、そのうち1人が被相続人よりも先に死亡しており、その子(被相続人からすると孫)3人が、代襲相続により相続人になる場合、法定相続人は、子1人+孫3人の4人になります。

その場合、基礎控除は、5400万円となります。

(3000万円+4×600万円=5400万円)

ですので、代襲相続の場合には、基礎控除が多くなり、そのため相続税が安くなります。

伊奈先生からのメッセージ

相続については、代襲相続もそうですが、相続関係が複雑だったり、

遺産の範囲についても検討が必要な場合があります。

また、遺産についての紛争の解決方法は、調停でできることとできないこと等、法の定める手続きが複雑になることもあります。

ご不安な場合は一度弁護士に相談することをお勧めします。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ セックスレス トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産 不動産・建築 交通事故 企業法務 企業法務 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費